提供:名月荘

温泉経営者がおすすめする一度は泊まりたい温泉宿#22 かみのやま葉山温泉-名月荘-

更新日:2022年6月15日

本企画は、旅館・おもてなしのことを知り尽くす、旅館経営者が「素晴らしい!」と大絶賛するおすすめのお宿をリレー形式でご紹介してまいります。
今回は、美しい自然の中でヨガや森林浴を楽しめたり、山形で育ったお米の食べ比べや伝承野菜を味わえたりなど、贅沢な時間が過ごせる温泉宿のご紹介です。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

第22回は山形県上山市のかみのやま葉山温泉にある「名月荘」

提供:名月荘

第22回となる今回は、宮浜温泉「庭園の宿 石亭」の上野さんがおすすめする、「名月荘」の経営者にインタビューしました。

名月荘は、山形県上山市(かみのやまし)のかみのやま葉山温泉にあります。

かみのやま葉山温泉は上山温泉郷に位置します。

出典:PIXTA

江戸時代には上山藩の城下町として、また羽州街道の宿場町としても繁栄。

今もなお、武士達のために作られた共同浴場や足湯、旧武家屋敷などが残り、歴史と趣を感じることができる温泉地です。

山形新幹線を利用すれば、東京から約2時間30分ほど。

自然や史跡に囲まれ、のんびりと心と体を癒せる絶好のロケーションに恵まれています。

居心地の良いおもてなしにこだわる「名月荘・菊池 友伸さん」

名月荘・代表取締役 菊池 友伸さん

◇らくらく湯旅編集部(以降 編集部):特別企画の第22回は、かみのやま葉山温泉「名月荘」の館主である、菊池さんにお話を伺います。

◆菊池さん:よろしくお願いいたします。

蔵王連峰に昇る月に思いを馳せて命名された「名月荘」

提供:名月荘(蔵王連峰を見晴らすラウンジからの眺望)

◇編集部:まず最初に、かみのやま葉山温泉の「名月荘」は、どのような場所にありますか?

◆菊池さん:かみのやま温泉は、蔵王連峰の裾野に広がる温泉郷で、いくつかの地域に分かれています。

当館のある葉山地区は、周囲を自然に囲まれたリゾート地のようなロケーションとなっており、蔵王連峰を一望する高台にあります。

かみのやま温泉駅付近には、上山城や武家屋敷通りなどがあり、城下町の趣がある温泉地となっています。

◇編集部:周辺を自然に囲まれ、史跡や城下町を散策できて、多様な楽しみ方ができそうですね。

提供:名月荘(宿に隣接する森林浴や散策に適した森)

◆菊池さん:上山市には、自然環境や食材などの地域資源を活かして、日本で初めて、ミュンヘン大学認定を受けた、クアオルトウォーキング用のコースもあります。

クアオルトはドイツ語で「療養地・健康保養地」を指します。

自然の中で森林浴をしながら自分に合った適度な運動をする。

そして、温泉で疲れを取り、滋味(じみ)のお料理で栄養を補い、心身を癒すことです。

◇編集部:素晴らしい自然環境が整っているのですね。

ゆっくりと歩きながら森の香りや新鮮な空気を吸う…すごく気持ちがいいでしょうね。

日常生活から解放され元気が取り戻せそうです。

◆菊池さん:全国からリピートや連泊でご滞在いただき、ゆったりと癒しの時間を満喫していただいています。