文字の大きさ
  • 標準
  • TOP
  • 黒川温泉

黒川温泉

3.5点

「街全体が一つの宿」山間の小さな温泉地

熊本県の阿蘇にあり、大分県との県境に位置する山間に30軒ほどの宿が集まる小さな温泉街。

昭和頃までは秘湯として有名な温泉地であったが、2009年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、温泉地として二つ星が与えられたことから、現在では全国屈指の人気温泉地となっている。

温泉街は「街全体が一つの宿」といったコンセプトをもとに、趣きある景観で落ち着いた雰囲気が広がる。

渓谷に囲まれた温泉郷は四季折々に美しく表情を変える自然のなかで草花を愛でながら湯浴みを楽しめる。

黒川温泉の基本情報

  • スイーツ充実
  • 宿数が多い
  • 高級宿が多い
  • バスでアクセス可能
  • 車でアクセス可能
  • 電車でアクセス可能

温泉・お湯の特徴

温泉・お湯の評価

7つの泉質を持つため、湯めぐりがおすすめ。順番や泉質を選ぶことで肌質トラブルの解消や美肌作り、体質改善などさまざまな効用を期待できる。

宿の浴場は、森林の中にあるような雰囲気の温泉や見晴らし抜群の温泉など個性豊か。

大自然を感じながら浸かれる温泉ばかりが揃う。

  • 黒川温泉
  • 平均値

温泉地の特徴

温泉地の評価

高速道路からも駅からも遠い、小さな温泉街。

街全体が一つの宿をコンセプトにレトロな雰囲気と自然が調和し、落ち着いた雰囲気のなかゆっくりとした時間を過ごすことができる。

自然の恩恵を受けた上質な食材が揃い、素朴な味わいの郷土料理から食材の味を活かした今どきグルメまで、さまざまなグルメを楽しめる。

黒川温泉周辺は静かで自然の中に孤立するような立地にあるため、日常の疲れを癒すには適した温泉地。

  • 黒川温泉
  • 平均値
ページ先頭へ戻る

黒川温泉の泉質・効能

泉質・特徴

泉質の評価

黒川温泉は、6種類の泉質が存在し、それぞれ成分と泉質効用が異なる。

湯めぐりする順番によって、肌をしっとりさせたり、やさしい肌に仕上げたり、体質改善を期待できるのが特長。

また、単純泉の中でも珍しい弱酸性の単純泉を堪能することができる。

特徴
とろとろ,さらさら,ピリピリ
泉質名
硫黄泉
※その他泉源により、単純温泉(弱アルカリ性)、単純温泉(弱酸性)、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、酸性泉がある。
泉質
酸性
(泉源により異なる)
湯の色
乳白色、褐色、無色透明
(泉源により異なる)
湯のにおい
硫黄臭
※硫黄泉として(泉源により異なる)

 

効果効能・禁忌症

効果効能・禁忌症の評価

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症など主に肌の疾患によいとされる。

ただし、皮膚・粘膜が過敏な方や皮膚乾燥症の方の入浴は厳禁。

発熱時や身体衰弱が著しい時、進行中の疾患を患っている方の入浴も禁ずる。

効果効能

【泉質別適応症】アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症

【一般的適応症】筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関 節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進
※硫黄泉として

禁忌症

【泉質別禁忌症】皮膚又は粘膜の過敏な人、高齢者の皮膚乾燥症、

【一般的禁忌症】病気の活動期(特に熱のあるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期
※硫黄泉として

黒川温泉のおすすめ旅プラン

ページ先頭へ戻る

黒川温泉のグルメ

グルメの特徴

グルメの評価

素朴で懐かしさを感じられる郷土料理はもちろん、地元食材を生かしたスイーツまで幅広い世代に好まれるグルメが揃っている。

温泉街の道は「そば街道」とも呼ばれ、きれいな水と上質なそば粉から作られたそばの名店が多い。

名店に出会える確率が高いのは、コンパクトな温泉街ならではと言えるだろう。

  • 黒川温泉
  • 平均値

黒川温泉のおすすめグルメ

ページ先頭へ戻る

黒川温泉の観光

観光の特徴

観光の評価

時間を忘れて自然をゆっくりと感じながら散策できる温泉地。観光スポットといえる場所は少ないが、周辺には滝や草千里、立岩水源など見ているだけで心が洗われるような風景が広がっている。

冬の時期は黒川温泉の風物詩とされる「湯あかり」も見どころの一つ。

情緒漂う街並みに、ろうそくのやさしい光が灯り、幻想的な光景を目にすることができる。

  • 黒川温泉
  • 平均値

黒川温泉のアクティビティー

ページ先頭へ戻る

黒川温泉の宿

宿の特徴

宿の評価

景観を崩さないように、軒を連ねる施設は風情ある和の雰囲気を持ちつつ、個性豊かな温泉を堪能できる。

ハズレがないというほど、工夫を凝らした絶景の温泉と、「おかえり」と温かく出迎えてくれるような温かい雰囲気。

自然に包まれた時間を過ごしたいという方は、中心部よりやや離れた宿への宿泊もおすすめ。

  • 黒川温泉
  • 平均値
ページ先頭へ戻る

黒川温泉へのアクセス

車でのアクセスなら熊本ICから90分程度、大分方面からは玖珠ICを降りて45分程度で、大自然が広がる黒川温泉へ到着する。

最寄り都市からのアクセスにもやや時間はかかるが、賑やかな阿蘇の雄大な大自然に入り込んでいく光景は、日々の疲れや悩みをどんどん忘れさせてくれるだろう。

【車でお越しの方】熊本ICから車で約90分

【バスでお越しの方】熊本駅からバスで約180分

アクセスの特徴

  • 黒川温泉
  • 平均値

付近の地図

ページ先頭
へ戻る

本サイトについて

らくらく湯旅は「温泉旅の楽しみ方をもっと広げる」をテーマに、風情を嗜む大人世代に向けて、温泉にまつわる物語を発信する記事メディアです。地域や宿情報はもちろん、歴史や文化、おすすめの散策ルート、グルメ、お土産など、温泉旅を彩るお役立ち情報がきっと見つかります。

令和3年4月1日に富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社の社名変更に伴い、本サービスの提供会社の名称をFCNT株式会社に変更しました。