出典:PIXTA

【東京】蒲田周辺の日帰り温泉おすすめ7選!2022年版

更新日:2022年10月14日

この記事を書いた人

たけちゃん

普段はパソコンと向き合うデスクワーク、休日は疲労回復&リラックスのために温泉を訪れるのが定番の過ごし方。温泉情報には常にアンテナを張って、気になる温泉があるとちょっと遠くてもドライブがてら遠出します。山の中にある温泉や海の近くなど、自然の中にある温泉が好きです。温泉でリフレッシュした後は、近隣のおすすめグルメをチェックするのも恒例です。

東京都大田区の「蒲田(かまた)」周辺には、黒湯温泉の銭湯がたくさんあります。黒湯とは、その名の通り黒っぽい色をした温泉。黒い理由は、かつて海だった時代に堆積した海藻などからできたフミン物質を、たっぷり含むから。泉質は、炭酸水素塩泉で、きりきずや末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症などの効能が期待できます。今回は、蒲田周辺の温泉のおすすめ日帰り入浴施設をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

蒲田の中でも1・2を争う濃さの黒湯「蒲田温泉」

提供:蒲田温泉

蒲田の温泉の中で1・2を争う濃さの黒湯が自慢の銭湯「蒲田温泉」。

黒湯をぬる湯とあつ湯で楽しめる他、さら湯(温泉成分を含まないお湯)の超音波&遠赤外線や、電気風呂付きのガリウム石温浴泉などの湯船が楽しめます。

広々としたロビーや仮眠室(有料)など、施設も充実しています。

2階には、無料休憩所を兼ねた大宴会場があり、温泉釜飯や東京大田汐焼きそばなどの人気メニューが味わえます。

ガリウム石温浴泉とは、ガリウム鉱石を適量入れたお風呂のこと。鉱石に含まれる有効成分の作用がラジウム温泉のように、細胞を活性化させ免疫力を高めると言われています。

<施設詳細>
・施設名:蒲田温泉
・住所:東京都大田区蒲田本町2-23-2
・電話番号:03-3732-1126
・営業時間:10:00~24:30
・定休日:年中無休 ※但し、平日の水曜日は、2階大広間は利用不可
・日帰り温泉の利用料金:大人(12歳以上)500円、中人(小学生)200円、小人(未就学児)100円

8種類の湯船を巡れる温泉ランド「ヌーランドさがみゆ」

提供:ヌーランドさがみゆ

「ヌーランドさがみゆ」は、温泉以外にもマッサージやカラオケ、卓球台、ゲーセン、食事処などが盛りだくさんの、1日中楽しめる温泉ランドです。

提供:ヌーランドさがみゆ

浴場の湯船もバラエティー豊か。黒湯の他、泡の力でマッサージするミクロバイブラバスや電気風呂など、8種類の湯船を巡り放題です。

<施設詳細>
・施設名:ヌーランドさがみゆ
・住所:東京都大田区仲六郷2-7-5
・電話番号:03-3739-1126
・営業時間:10:00~23:00
・定休日:なし ※火曜日は浴場のみ
・日帰り温泉の利用料金:(平日)大人1,250円、小人(4歳~小学6年生)600円、(土・日・祝日)大人1,550円、小人(4歳~小学6年生)600円 ※その他お得プラン各種あり

水槽で泳ぐ鯉や金魚を眺めながら温泉に浸かる「改正湯」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

温泉ジイ(@shige_okw)がシェアした投稿

昭和4年(1929年)創業の老舗銭湯「改正湯」。平成23年(2011年)にリニュアルし、現在のおしゃれでバリアフリーの銭湯に生まれ変わりました。

通常の黒湯に炭酸泉を加えた湯に浸かれるのは改正湯だけ。炭酸が血流促進してくれることで、さらに効能が高まります。

富士山が悠然とそびえるタイル絵も見事。

湯に浸かりながら、水槽で泳ぐ鯉や金魚(季節によってはチョウザメ)を眺めていると、不思議と落ち着きます。

<施設詳細>
・施設名:改正湯
・住所:東京都大田区西蒲田5–10–5 改正ビル1F
・電話番号:03-3731-7078
・営業時間:15:00〜23:30
・定休日:金曜日
・日帰り温泉の利用料:大人500円、中人200円、小人100円