提供:秋保の郷 ばんじ家

【宮城】冬の「秋保温泉」日帰り旅!王道スポット巡り&冷えた体を温める絶品お蕎麦も

更新日:2020年12月04日

寒さが厳しくなってくるこの季節、温泉へ出かけてゆっくりと過ごしたいと思われている方も多いのではないでしょうか。今回は、宮城県の秋保(あきう)温泉を堪能する日帰り旅のプランをご紹介します。温泉はもちろん、体の芯まで温まるお食事まで充実した1日を過ごせるプランとなっています。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・日帰りで温泉旅行に出かけたい
・散歩も兼ねてゆっくり有名観光地を巡りたい
・その土地ならではの味を堪能したい

旅のしおり

〈10:30〉秋保温泉・里センターに到着
秋保温泉のバス停に到着。秋保温泉日帰り観光スタート
まずは温泉に向かいます。

〈11:00〉秋保の郷ばんじ家で立ち寄り湯
名取川のせせらぎと壮大な自然を目の前に温泉を堪能します。

〈13:00〉手打ちそば筑波でランチ
手打ちそば筑波で「天ぷらそば」をいただきます。

〈13:00〉磊々峡で絶景を観賞
神秘的な磊々峡でマイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュします。

〈15:30〉主婦の店さいちでおやつタイム
行列もできる主婦の店さいちでおやつに名物おはぎを購入しましょう。

〈16:00〉秋保温泉街でお土産散策
秋保温泉街でお土産を選びましょう。

〈17:30〉秋保温泉・里センターを出発
帰路に着きます。

秋保温泉日帰り観光スタート

〈10:30〉秋保温泉・里センターに到着

秋保温泉・里センターから秋保温泉日帰り旅はスタートします。

<参考>
【新幹線】東京駅から東北新幹線(やまびこ・はやて)→川崎・西部ライナーに乗り換えで約2時間
【高速バス】東京から高速バスを利用→川崎・西部ライナーに乗り換えで約6時間半

館内には秋保温泉郷観光案内所があり、宿泊情報案内や観光パンフレットをもらうことができます。

秋保温泉郷でサイクリングをしたいという方は、9:00~17:00の間レンタサイクルが無料で利用できます。

秋保温泉街をくまなく楽しみたい方には必須アイテムといえるでしょう。

足湯やCafeHACHI、多目的スペースなど休憩スペースも充実しています。

秋保温泉へ繰り出す前に一休みしても良いかもしれませんね。

<施設情報>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字寺田原40番地の7
・電話番号:022-304-9151
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約10分

〈11:00〉秋保の郷ばんじ家で立ち寄り湯

秋保温泉日帰り旅のスタートは、秋保の郷ばんじ家で立ち寄り湯を楽しみましょう。

秋保の郷ばんじ家では、約1500年前に開湯した日本三大名湯である秋保温泉をたっぷりと味わうことができます。

最古の温泉ながらも浴室は新しく、浴場の窓からは浴場からは自然溢れる緑を堪能できます。積雪の時期には雪化粧した景観も楽しめますよ。

また温泉の効能は神経痛や筋肉痛、関節痛などがあるため、日々の仕事での疲れが癒されます。

提供:秋保の郷 ばんじ家

落ち着いた佇まいを味わいながら、日々の疲れやストレスを洗い落としましょう。

<施設詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師40-2
・電話番号:022-397-3156
・営業時間:10:00~14:00(月曜日は11:30~営業)
・入浴料:お一人様~/大人500円、中学生400円、小学生200円
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5~10分

〈13:00〉手打ちそば筑波で“天ざるそば”をいただく

日帰り旅行のお昼は、秋保の名物を「手打ちそば筑波(つくば)」で堪能しましょう。

秋保にはそば畑が広がっており、そばの産地としても有名です。

地元の方にも愛される手打ちそば筑波は、秋保温泉街の中心で営業しています。

木の看板が味をだしています。

おすすめメニューは「天ぷらそば」(1,200円)です。サクサクの天ぷらと本格的なそばを味わえます。

ツルツルとしてのど越しのよいそばで、噛むごとに口の中いっぱいにそばの風味が広がります。

店内の雰囲気は古民家のような落ち着いた雰囲気です。ゆっくりとそばを味わってください。

<店舗詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師23
・電話番号:022-398-2331
・営業時間:11:30~23:00
・定休日:火曜日
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約10分

〈14:30〉磊々峡を散策

おそばを食べた後は磊々峡(らいらいきょう)を散策してみましょう。

名取川に浸食された、美しい奇石(きせき)や巨岩を楽しむことができる淵(ふち:河川の流水が緩やかで深みのある場所)です。

秋保石の浸食により形成された磊々峡は全長650m、最大の深さが20mと非常に大きい淵となっています。

覗橋の下には浸食によりハートの形となった窪みがあります。磊々峡のハートはNPO法人の恋人の聖地プロジェクトにより恋人の聖地認定されています。

ハートの形の窪みを含み、磊々峡の様々な顔を楽しんでみてください。

<スポット詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約10分

〈15:30〉おやつタイム!名物おはぎをいただく

磊々峡で歩いた後は「主婦の店さいち」で食後のデザートを食べましょう。

提供:主婦の店 さいち

地元メディアにも登場し、行列もできる「名物おはぎ」が主婦の店さいちのおすすめです。

おはぎは「あんこ」「ごま」「きなこ」「なっとう」(2個入り250円~)の4種類あり、デザートなら「あんこ」「ごま」「きなこ」、変わり種を食べたい方は「なっとう」を食べてみましょう。

提供:主婦の店 さいち

お土産に購入するのもおすすめですよ。

<店舗詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27
・電話番号:022-398-2101
・営業時間:9:00~19:00
・定休日:水曜日
・観光マップ:Day1 E地点


↓徒歩10分~15分

〈16:00〉秋保温泉街でお土産散策

旅の最後は温泉街でお土産散策です。

秋保ならではのお土産を見つけてみてください。

また、温泉街から少し入ると秋保工芸の里の「玩愚庵こけし屋」があります。

体力に余裕がある方、時間に余裕がある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【おすすめお土産】みそかりんとう

みそかりんとうは秋保産の大豆やお米で作られており、郷土の味を存分に堪能できます。

定番のかりんとう6種類のほか、期間限定のかりんとうもあります。それぞれの味噌の味を再現したかんりんとうですので、一度は食べてみることをおすすめします。

道の駅や秋保温泉の宿泊施設の売店など、様々な場所で購入できます。

色々な味があるので、お土産をもらう側も楽しめると思います。

【おすすめお土産】秋保ワイナリーの「シードル」

お酒好きな方が周りにいる方は、秋保ワイナリーの“シードル”をお土産にしてみてはいかがでしょうか。

秋保ワイナリーのシードル(辛口)は、2019年にジャパン・シードル・アワードにて星3つを受賞しており、お土産にも最適です。

もし時間に余裕がある方は、秋保ワイナリーまで出向いてワインを醸造する場所を見学してみるのもおすすめです。

<店舗詳細>
みそかりんとう(宿泊施設の売店)

秋保ワイナリー
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原西6
・電話番号:022-226-7475
・営業時間:9:30~17:00
・定休日:火曜日
・観光マップ:Day1 F地点


↓徒歩約5分~10分

〈17:00〉秋保温泉・里センターを出発

秋保温泉日帰り観光もここで終わりです。

魅力ある秋保を周るのは一日では足りないと感じるかしれません。

秋保温泉街はとても自然豊かで普段の忙しさを忘れることができる場所です。「ゆっくりとした時間を過ごしたい」と思われたら、また訪れてみてはいかがでしょうか。

観光マップ


A:秋保・里センター
B:秋保の郷ばんじ家
C:手打ちそば筑波
D:磊々峡
E:主婦の店 さいち
F:秋保ワイナリー
G:秋保・里センター

大自然と温泉が楽しめる秋保温泉へ癒されの旅へ出かけよう

今回は「冬の秋保温泉を堪能する日帰り旅」プランをご紹介しました。秋保温泉では様々な温泉やグルメを楽しめます。

まだまだ秋保には魅力ある観光地がたくさんあるうえ、訪れる時期によってさまざまな表情の景観を楽しむことができます。

冬はもちろん、ほかのシーズンでもぜひ秋保を訪れてみてください。

<関連記事>
・伊達政宗も度々訪れた奥州三名湯!秋保温泉の歴史と見所
・<2020年版>秋保温泉グルメ決定版10選!郷土料理&珍スイーツも