【愛媛】冬に行く「道後温泉」1泊2日旅!湯築城観光&あぶり鯛めしを堪能

更新日:2020年12月18日

愛媛県にある道後(どうご)温泉は、歴史的な作家 夏目漱石との関係が深い温泉地です。温泉地らしいレトロな雰囲気を味わうことができ、歴史的なスポットや瀬戸内の海の幸を楽しむこともできます。今回は、道後温泉の魅力が詰まった1泊2日のおすすめ旅プランをご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日で温泉旅行に出かけたい
・散歩も兼ねてゆっくり有名観光地を巡りたい
・地元のグルメを堪能したい

旅のしおり

【Day1】

〈12:00〉道後温泉駅に到着

〈12:30 〉味倉でランチ
新鮮なお刺身を味わえる定食をいただきます。

〈14:30〉道後温泉本館で入浴
国の重要文化財に指定の道後温泉本館で入浴します。

〈16:30〉道後温泉街を散策
夏目漱石ゆかりの地でもある道後温泉街を散策します。

〈17:30〉ホテルにチェックイン
道後温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

〈10:30〉湯築城跡を散策
日本100名城のひとつ「湯築城」を散策します。

〈12:30〉おいでん家で「宇和島風鯛めし」を堪能
毎日市場から直送される鮮魚が楽しめるお店です。

〈14:00〉道後ぎやまんガラス美術館を観光
江戸時代のぎやまんやびいどろなど美しいガラス作品を見学します。

〈16:00〉道後ハイカラ通りでお土産散策
商店街お土産散策&食べ歩きをします。

〈17:30〉道後温泉駅を出発
帰路に着きます。

道後温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】道後温泉駅に到着

〈12:00〉
道後温泉駅から道後温泉1泊2日観光のスタートです。

<参考>
【新幹線】大阪から道後温泉駅まで約4時間
【高速バス】大阪からJR松山駅→電車に乗り換え道後温泉駅まで約5時間半~6時間

道後温泉駅は、明治時代の駅舎を再現したレトロな駅です。JR松山駅前線・松山市駅線の終点の駅であり、道後温泉の玄関口となっています。

道後温駅の中には、スターバックスコーヒーが入っており、駅舎の2階からは、電車を眺めることができます。

駅前には、夏目漱石とゆかりのある蒸気機関車「坊ちゃん列車」が展示されており、列車好きには、たまらないスポットでもあります。

<施設詳細>
・住所:愛媛県松山市道後町1-10-12
・電話番号:089-948-3323
・観光マップ:Day1 A地点


↓ 徒歩約5分

【Day1】味倉で新鮮なお刺身を味わう

〈12:30〉
到着後は、道後温泉駅口から道後温泉商店街に入って1分ほどのところにある「味倉(あじくら)」で腹ごしらえをしましょう。

瀬戸内で獲れた新鮮な魚介類を使った料理が楽しめるお店で、和テイストの居心地の良い空間となっています。

おすすめの「Aランチ」は、ハマチや鯛、マグロといった新鮮な刺身が堪能できる定食セットです。

ランチセットは900円と比較的リーズナブルな価格帯であり、Aランチの他にもB、Cランチと天丼などが楽しめるセットもあります。

味倉のお刺身は鮮度が良く、歯ごたえもしっかりとしています。ご飯のおかわりも1回でき、味も量も大満足のお食事処です。

<店舗詳細>
・住所:愛媛県松山市道後湯之町12-32
・電話番号:089-934-7075
・営業時間:ランチ11:00~14:00/ディナー17:00~21:00(火曜定休)
・観光マップ:Day1 B地点


↓ 徒歩約5~10分

【Day1】道後温泉本館で立ち寄り湯

〈14:30〉
お腹を満たしたところで、温泉へ立ち寄ってみましょう。

道後温泉本館は、国の重要文化財にも指定されている歴史的スポットであり、道後温泉のシンボル的な外湯でもあります。

館内は迷路のように通路や階段など少々複雑な造りとなっています。

提供:道後温泉本館

外湯の利用料金は、大人(420円)・子供(160円)で、6:00〜23:00まで利用することができます。

2017年には別館・飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)もオープンしました。館内には愛媛県産の工芸品がふんだんに使用されていますため、立ち寄り湯に訪れたらぜひご覧になってみて下さい。

<店舗詳細>
・住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6
・電話番号:089-921-5141
・営業時間:6:00〜23:00
・観光マップ:Day1 C地点


↓ 徒歩約5分

【Day1】道後温泉街を散策

〈16:30〉
温泉で疲れを癒したら、道後温泉街を散策しましょう。

道後温泉は、小説家で有名な夏目漱石ゆかりの地でもあり、周辺には夏目漱石の記念碑やカラクリ時計などもあります。

夏目漱石 坊ちゃん之碑

「夏目漱石 坊ちゃん之碑」は、道後温泉本館より徒歩約1分のところにあります。

夏目漱石は、松山中学校の英語教師として教鞭をふるっていたため、愛媛に住んでいたと言われています。

道後温泉は、小説の中にも出てくることが多く、夏目漱石にとってなじみ深い温泉地といえます。この「夏目漱石 坊ちゃん之碑」は、夏目漱石の名作である「坊ちゃん」を発表してから100年を記念して建てられたものです。

休憩スペースに建てられていますので、温泉街の散策中に立ち寄ってみると良いでしょう。

坊っちゃんカラクリ時計

道後温泉本館より徒歩約3分のところにある「坊っちゃんカラクリ時計」は、定時になるとからくり人形が動き出す時計です。

坊ちゃんに登場したマドンナがカラクリ人形として出てきて話し出します。

こちらも道後温泉本館建設100年周年を記念して、1994(平成6) 年に建てられました。道後温泉本館の振鷺閣(しんろかく)をモチーフにした造りとなっており、道後温泉らしい街のシンボルです。

<施設詳細>
夏目漱石 坊ちゃん之碑
・住所:愛媛県松山市道後湯月町4-1656
・観光マップ:Day1 D地点

坊ちゃんカラクリ時計
・住所:愛媛県松山市道後湯之町6-7
・観光マップ:Day1 E地点


↓ 徒歩約5分~15分


【Day1】ホテルにチェックイン

〈17:30〉
道後温泉街にある宿泊施設でチェックインします。ここで1日目が終了となります。

【Day2】

ホテル出発。


↓ 徒歩約5分~15分

【Day2】湯築城跡を散策

〈10:30〉
2日目は、日本100名城にも選ばれている「湯築城」の城跡観光へ出掛けてみましょう。

この湯築城は、城跡全体が県立道後公園となっているので、散歩コースにもぴったりなスポットです。

敷地内には、湯築城資料館が建てられているほか、堀や土塁なども現存しているため、歴史的なスポットとして人気を集めています。

また御朱印ならぬ「御城印」を頂くことができますので、お城巡りをしている方は、ぜひこちらもチェックしてみましょう。

<施設詳細>
・住所:愛媛県松山市道後公園1
・電話番号:089-941-1480
・営業時間:9:00~17:00(月曜定休)
・観光マップ:Day2 A地点


↓ 徒歩約5分~10分

【Day2】おいでん家で「あぶり鯛めし」を堪能

〈12:30〉
湯築城散策の後は、「おいでん屋」で美味しい松山あぶり鯛めしを頂きましょう。

おいでん屋は、毎日市場から直送される鮮度のよい海鮮料理が楽しめるお店です。

お座敷となっていますので、靴を脱いでリラックスしてお食事をすることができます。

人気の「松山あぶり鯛めし(1,980円)」は1日限定15食のため、お早めの来店をおすすめします。

この鯛めしは、白米の上に炙られた鯛が贅沢に敷かれており、その上に醤だれをかけてそのままいただく食べ方と、お茶漬けにする食べ方の2種類があります。

半分までそのままで召し上がり、途中でお茶を足してお茶漬けにすると、両方の食べ方を楽しめますよ。

<店舗詳細>
・住所:愛媛県松山市道後湯之町13-23
・電話番号:050-347-60476
・営業時間:ランチ11:00~14:00/ディナー17:30~23:00
・観光マップ:Day2 B地点


↓ 徒歩約5分

【Day2】道後ぎやまんガラス美術館を観光

〈14:00〉
食後に最後の観光として訪れるなら、江戸時代のぎやまんやびいどろなど美しいガラス作品が展示されている「道後ぎやまんガラス美術館」へ足を運んでみましょう。

館内は、赤と黒を基調にしたモダンでおしゃれな造りとなっており、振鷺閣(しんろかく)の赤い板ガラスをはじめとして、江戸時代のぎやまん・びいどろ、 そして明治や大正時代の和ガラスなど約300点もの作品が展示されています。

提供:道後ぎやまんガラス美術館

他ではなかなか観ることができない希少なガラス作品を観ることができるのでおすすめです。

<施設詳細>
・住所:愛媛県松山市道後鷺谷町4-459-1
・電話番号:089-933-3637
・営業時間:9:00~22:00(水曜定休)
・観光マップ:Day2 C地点


↓ 徒歩約5~10分

【Day2】道後ハイカラ通りでお土産散策

〈16:00〉
道後温泉のお土産を探すなら、「道後ハイカラ通り」を訪れてみましょう。

この道後ハイカラ通りは、道後温泉駅へと続くアーケードの商店街であり、お土産が手に入ることはもちろんのこと、グルメの食べ歩きもできるので、食後のデザート感覚で温泉地のスイーツをいただくのもおすすめです。

そんな道後ハイカラ通りでおすすめの道後温泉らしいお土産をご紹介しましょう。

一六本舗 「坂の上の雲」

一六本舗(いちろくほんぽ)の「坂の上の雲」は、人気小説である司馬遼太郎の歴史小説をイメージして作られた、雲の形をした伊予柑(いよかん)の乳菓です。

白餡に愛媛県産の伊予柑果皮とクリームを合わせ焼き上げられており、伊予柑のさわやかな香りが特徴の、松山を代表するお土産菓子です。

またこの坂の上の雲は、小説のタイトルがそのまま使われており、司馬遼太郎記念財団の認定商品でもあります。

つぼや菓子舗「ぼっちゃん団子」

つぼや菓子舗の「ぼっちゃん団子」(5本入り600円)は、3色のお団子が串に刺さったお団子です。

ぼっちゃん団子の由来は、坊ちゃんの作者である夏目漱石が湯上りに好んで食べていたことから由来しており、ふわっと柔らかなお団子と素朴な甘みのバランスが良いと人気です。

また、小説の中にも登場するお団子でもあるので、夏目漱石にちなんだスポットを巡る際にもおすすめです。つぼや菓子舗のぼっちゃん団子は、1つ1つ手作りされており、タイミングによっては売り切れてしまうこともある人気のお団子となっています。

<店舗詳細>
一六本舗
・住所:愛媛県松山市道後湯之町20-17
・電話番号:089-921-2116
・営業時間:8:30~21:00
・観光マップ:Day2 E地点

つぼや菓子舗
・住所:愛媛県松山市道後湯之町14-23
・電話番号:089-921-2227
・営業時間:9:30~18:00/20:00~21:30
・観光マップ:Day2 F地点


↓ 徒歩約5分~10分

【Day2】道後温泉駅を出発

〈17:30〉
道後温泉1泊2日観光もここでおしまいです。
今回は1泊2日でもしっかり回ることができるプランをご提案させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

1日目、2日目ともにランチには、瀬戸内の鮮魚が楽しめるお店を選びましたので、海鮮好きにはたまらないプランだったのではないでしょうか。

また夏目漱石にゆかりのあるスポットも多くあり、夏目漱石の足跡を辿る旅にもぴったりですね。

観光マップ

【Day1】


A:道後温泉駅
B:味倉
C:道後温泉本館
D:夏目漱石 坊っちゃん之碑
E:坊っちゃんカラクリ時計

【Day2】


A:湯築城跡
B:おいでん家
C:道後ぎやまんガラス美術館
D:道後商店街(道後ハイカラ通り)
E:一六本舗
F:つぼや菓子舗
G:道後温泉駅

文学の街・道後温泉へ癒しを求めて旅に出かけよう

道後温泉は、グルメに歴史的スポット、また温泉地らしい雰囲気など、見どころがたっぷり詰まったエリアとなっています。

ぜひ文学の街、道後温泉で学びと癒しの旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

<関連記事>
・夏目漱石も愛した文学の街!道後温泉の歴史を学ぶ
・<2020年版>道後温泉グルメ決定版10選!新鮮な海鮮グルメからご当地スイーツまで