提供:鳴子観光ホテル

【宮城】「鳴子温泉」1泊2日旅!温泉三昧&名物づくしの2日間

更新日:2020年2月19日

日常の喧騒から離れ、癒しを求めて温泉へ出かけたいと思われる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、日本にある12の泉質のうち、9つの泉質が揃う名泉、宮城県の「鳴子(なるこ)温泉」1泊2日の旅プランをご紹介します。
ぜひこのプランを参考に鳴子温泉へと足を運び、豊かな泉質を満喫しながら心穏やかな時間を過ごしてみてください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

  • 1泊2日で温泉旅行に出かけたい
  • さまざまな泉質の温泉を楽しみたい
  • グルメを堪能したい

旅のしおり

【Day1】

〈10:30〉鳴子温泉駅に到着
〈11:00〉こけし製造見学&絵付け体験
〈12:00〉ゑがほ食堂でランチ
〈14:00〉鳴子観光ホテルで立ち寄り湯
〈16:00〉鳴子温泉街を散策
〈17:30〉ホテルにチェックイン

【Day2】

〈11:00〉たかはし亭でランチ
〈13:00〉滝の湯で立ち寄り湯
〈15:00〉餅処 深瀬でおやつタイム
〈16:00〉鳴子温泉街でお土産購入
〈18:00〉鳴子温泉駅を出発

鳴子温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】鳴子温泉駅に到着

〈10:30〉
鳴子温泉駅に着いたら、鳴子温泉1泊2日観光のスタートです。

<参考>
【東京駅より】→(東北新幹線・約120分)仙台→(東北新幹線・約15分)古川→(奥羽東線快速・約40分)鳴子温泉

温泉駅の前から鳴子温泉街が始まります。駅舎の前にはベンチスペースや足湯もあります。

ゆっくり旅程を確認してから最初の目的地へ向かうのもよいでしょう。

駅前に立つと、どこからともなく硫黄のにおいが漂い、温泉地らしい雰囲気が味わえます。

まずは鳴子名物「こけし」の見学へ向かいます。

<施設詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉河原湯
・電話番号:050-2016-1600
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約5分