【兵庫】秋の「有馬温泉」へ大人の日帰り旅!地元の方おすすめの金泉に名物すだち蕎麦!

更新日:2020年10月08日

秋の過ごしやすい季節、旅行へ出かける方も多いのではないでしょうか。「観光地を巡って、ゆったり温泉に浸かりたい」、そんな至福の時間を過ごしたくなりますよね。兵庫県にある有馬温泉は日本三大古湯にして日本三大名泉にもランクインしている歴史ある名湯です。今回はそんな有馬へ、ふらっと気軽に行ける日帰りプランをご紹介します。1日で温泉も観光も、秋ならではの紅葉の絶景だって堪能できますよ!ぜひ参考にしてみてください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1日で温泉も観光スポットも上手にまわりたい
・紅葉のきれいな景色を見たい
・食べることが好き
・甘いものが好き
・散歩も兼ねて徒歩で温泉街を巡りたい

旅のしおり

日帰り旅行スタート!
〈10:00〉有馬バスターミナルに到着

〈10:10〉ねね橋で記念撮影
有馬の有名写真スポット。
ねねの像をバックに、橋と紅葉も入れると素敵な写真を撮ることができますよ。

〈10:45〉瑞宝寺公園へ
兵庫県でも有数の紅葉の名所。
紅葉シーズン限定でオープンする「もみじ茶屋」でぜんざいやだんごをお楽しみいただけます。

〈12:30〉蕎麦 土山人でランチ
公園を散策した後は、温泉街に戻ってランチタイム。
名物の「すだち蕎麦」は爽やかな味わいでクセになります。

〈13:30〉温泉街を散策 有馬本街道(湯本坂)へ
有馬のメイン通り。温泉街の風情ある雰囲気が漂います。
道沿いにはお土産屋や食べ歩きのできるお店が立ち並んでいます。

〈14:30〉有馬温泉「金の湯」へ
有馬の名湯に浸かっていただきます!
有馬温泉と言えば赤湯の金泉。「金の湯」は特に濃い金泉を使った歴史ある入浴施設です。

〈16:00〉太閤通りでお土産散策
有馬温泉駅とバスターミナルの間にある太閤通りには、お土産店が軒を連ねています。

〈17:00〉有馬を出発

準備 旅行は準備からスタート!

出典:写真AC

持ち物チェックリスト

旅行は準備から楽しいものですよね。ただ旅先に行って緊急事態がないとも言い切れないので、忘れ物には十分気をつけておきましょう。
いつもお出かけ時に持っている持ち物のほか、旅行中には下記を忘れずに持っていくと安心です。

・紫外線対策アイテム(帽子・襟元カバー・日傘など)
・お水
・保険証・お薬手帳
・常備薬
・杖
・緊急連絡先メモ

トイレの位置を確認

旅行に出かける前にトイレの位置をチェックしておくことも大切です。

トイレの位置を確認しておけば、いつトイレに行きたくなるか不安に感じることもありませんし、トイレに行くことを考えて水分を控えたすえに熱中症になることも防げます。

トイレの場所、多目的トイレの有無、ひざに持病を抱えている方などであれば洋式のトイレがあるのかも確認しておくと安心ですね。

段差、高低差の確認

地図で見ると平坦な道でも実際に行ってみると急斜面だった、階段があるのはわかっていたけど段差が多すぎた、ということも少なくありません。事前にチェックしておくことをおすすめします。

足腰に不安がある方は、段差が多い観光地は避けて段差のない道を探しておいたり、別の場所を観光したりしても良いでしょう。

病院もチェック

小旅行中は楽しく過ごせるに越したことはありませんが、いつ何が起きるかわかりません。万が一に備えて、観光地近くの救急病院の場所や連絡先もチェックしておくと安心です。

 

有馬温泉日帰り旅スタート