提供:草津温泉プリン

<2021年版>草津温泉ご当地お土産決定版10選!スイーツから工芸品まで

更新日:2021年5月17日

日本三名泉のひとつに数えられ、天下の名湯として多くの人々を癒してきた「草津温泉」。温泉街の中心には毎分4,000リットル以上もの温泉が湧き出す「湯畑(ゆばたけ)」があります。周辺には土産店がたくさん立ち並び、お土産選びの散策も楽しいエリアです。名物の温泉まんじゅうをはじめ、銘菓や工芸品など、草津温泉でぜひ手に入れたいお土産10選をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

【スイーツ】一度は食べたい老舗人気店の温泉まんじゅう“松むら饅頭”

草津温泉には数多くの温泉まんじゅう屋がありますが、なかでも人気が高い店が「松むら饅頭」です。1945年創業の老舗で、現在は2代目と3代目が伝統の味を守っています。

甘さ控えめのつぶあんを柔らかな薄皮で包んだまんじゅうは、ふわふわしっとり食感。北海道産の小豆を使用した自家製あんは、門外不出の秘伝の製法でつくられているといいます。黒砂糖入りの薄皮との相性も抜群です。

店頭では、食べ歩き用のバラ売りと、9個入り900円(税込)などの各種サイズが用意されています。できたてはもちろん、冷めてもおいしいと評判です。

湯畑から延びる「西の河原通り」を約100m進んだ場所にある本店、「日本ロマンチック街道」沿いにある支店で購入できます。人気店ゆえ、早めに品切れすることもあるため、来店前に予約をしておくと安心です。

<店舗詳細>
住所:群馬県吾妻郡草津町草津389 
電話番号:0279-88-2042
営業時間:7:00~18:00(なくなり次第終了)
定休日:火曜
公式サイト:https://matsumura-manjyu.com/

【スイーツ】生クリームたっぷりのとろける口溶け“湯もみプリン”

提供:草津温泉プリン

草津温泉初のプリン専門店「草津温泉プリン」。湯畑の湯けむりを感じられる場所で、職人が一つひとつプリンを手作りしています。

看板商品は、口の中でとろけるようになめらかな「湯もみプリン」です。草津温泉の伝統文化「湯もみ」のように温度調節にこだわってつくっていることから、この名前が付けられました。

県内産の榛名(はるな)牛乳や最高級バニラビーンズなど、厳選素材を使用した「湯もみプリン」は1個400円(税込)で販売されています。

提供:草津温泉プリン

また、カラフルな見た目のプリンもお土産におすすめ。湯畑のエメラルドグリーンをイメージし、メロン味のジュレをのせた「湯畑プリン」は1個400円(税込)。夜の湯畑のように青いハーフブティーのジュレをのせた「夜の湯畑プリン」は1個420円(税込)です。

提供:草津温泉プリン

<店舗詳細>
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津字407
営業時間:9:00~18:00(季節により変動あり)
定休日:不定休
公式サイト:https://www.kusatsuonsen-purin.com/

【スイーツ】昔懐かしい味わい“ちちやバウム”

「本家ちちや」は、2種類の温泉まんじゅうが人気の和菓子店です。つぶあんを黒糖生地で包んだ「茶まんじゅう」と、栗あんとこしあんの二色あんを白生地で包んだ「二色あんまんじゅう(白)」はどちらもおすすめ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミズクラゲ✳︎(@7777723s)がシェアした投稿

そんな温泉まんじゅうと並ぶ名物が、カステラのような見た目の「ちちやバウム」1,030円(税込)です。何層にも重なる生地は風味豊かで、粗目糖(ざらめとう)の食感がアクセントになっています。

「本家ちちや」の店舗は、湯畑から徒歩1分の本店、湯畑の目の前にある湯畑店、「日本ロマンチック街道」沿いにある高原ルート店の3か所にあります。散策がてら、またはドライブの道中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

<店舗詳細>
住所:群馬県吾妻郡草津町草津89 
電話番号:0279-88-2031
営業時間:
【本店・高原ルート店】8:00~18:00
【湯畑店】8:00~21:00(なくなり次第終了)
定休日:無休
公式サイト:https://www.honke-chichiya.com/