提供:ひょうたん温泉

<2021年版>別府温泉でおすすめのアクティビティー10選!

更新日:2021年6月28日

九州屈指の温泉地、大分県の「別府(べっぷ)温泉」は、物作り体験をはじめ鶴見岳(つるみだけ)ハイキング、別府湾クルージングなどさまざまなアクティビティーが充実しています。今回は、厳選したおすすめを10件ご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

【温泉】浸かって蒸されて飲んで吸って「ひょうたん温泉」

提供:ひょうたん温泉

別府鉄輪(かんなわ)温泉にある、1922年創業の「ひょうたん温泉」。大浴場や露天風呂はもちろん、砂湯や蒸し風呂、家族風呂まで揃った大きな温泉スポットです。

源泉100%かけ流しの温泉は浸かってもよし、飲んでもよし。体の内外からその効能を堪能できます。

提供:ひょうたん温泉

また、気管支炎、喘息の疾患をやわらげる温泉療法が体験できる、珍しい温泉蒸気吸入スペースもあります。天然のスチーム美容器としての働きも期待できるとか。

<施設詳細>
・住所:大分県別府市鉄輪159-2
・電話番号:0977-66-0527
・営業時間:9:00〜AM1:00
・定休日:4月、7月、12月に5日前後の休みあり
・利用料:大人(13歳以上)780円、子供(7歳〜12歳)340円、幼児(4歳〜6歳)220円、3歳以下は無料

【温泉】別府を象徴する温泉は砂場が話題「竹瓦温泉」

提供:竹瓦温泉

唐破風造(からはふづくり)の屋根が特徴の「竹瓦(たけがわら)温泉」は、有形文化財に登録されている別府温泉のシンボル的な存在の市営温泉です。

併設された砂湯では、浴衣を着て砂の上に横たわると、砂かけさんが温泉で暖められた砂をかけてくれます。砂の温度は50度位と熱すぎず、体の芯からしっかり温まりデトックスできます。

<施設詳細>
・住所:大分県別府市元町16-23
・電話番号:0977-23-1585
・営業時間:(普通浴)6:00~22:30、(砂湯)8:00~22:30(最終受付21:25)
・定休日:第3水曜日
・利用料:普通浴(大人300円、小人100円)、砂湯(1,500円) ※6歳以上入浴可能

【温泉】傷治しの湯として知られる「紫石温泉」

提供:(公社)ツーリズムおおいた

鎌倉時代から湯治客が訪れていたという「紫石(しばせき)温泉」。

895年に醍醐(だいご)天皇が病気療養のためご湯治されたことから「傷治しの湯」としても知られています。「あつゆ」と「ぬるゆ」の2種類の湯船があり、外には露天風呂と温泉を利用した蒸し湯があります。

蒸し湯で汗を流した後に、露天風呂に浸かるすっきり感は格別。家族風呂も利用できます。

<施設詳細>
・住所:大分県別府市野田4組
・電話番号:0977-67-4100
・営業時間:(普通浴)7:00~20:00、(家族湯)9:00~20:00 ※14:00~15:00清掃時間のため入浴不可
・定休日:第2水曜日(祝日の場合翌日)
・大人300円、小人100円、家族湯2,000円(1時間4人まで)