出典:写真AC

<2021年版>渋温泉グルメ決定版10選!蕎麦から馬刺しまで

更新日:2021年8月13日

石畳の道に下駄の音が心地よく響き、至る所に情緒を感じる長野県の「渋(しぶ)温泉」。ここで味わえるのは、各店舗それぞれのこだわりが詰まったグルメの数々。どれも信州の素材が生かされています。今回は、渋温泉に訪れたらぜひ足を運んでもらいたいグルメの名店を10軒ご案内します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

【ランチ】メニューはただ一つ。こだわりの十割蕎麦「北志賀家電そば部」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮本 和典(@m.kazunori)がシェアした投稿

メニューは「元祖志賀高原霧下(きりした)そば」(1,200円)のみという、店主のこだわりの十割蕎麦が味わえる「北志賀家電そば部」。

山ゴボウの一種である「オヤマボクチ」の葉をつなぎに使った風味がありコシの強い麺が、少し甘めのつゆと相性ぴったりです。

信州味噌で絡めたナス田楽と、カツオ出汁の夕顔煮などの小鉢がサービスで付くのも嬉しいポイント。蕎麦猪口(ちょこ)などは、地元の陶芸家の作品を使用しています。

<店舗詳細>
・店舗名:北志賀家電そば部
・住所:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬8156
・電話番号:0269‐33‐6234
・営業時間:11:00~なくなるまで
・定休日:平日休み(四食頼むと開けてくれる)

【ランチ・ディナー】蕎麦はもちろん。信州サーモンと馬刺しも「やり屋」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

P(@pancholina)がシェアした投稿

関東風の蕎麦がウリの蕎麦屋「やり屋」は、居酒屋のようにも利用できる店。歯応えがしっかり感じられる平打ちの蕎麦と併せて試したいのは「信州サーモン」と「馬刺し」(共に1,500円)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

P(@pancholina)がシェアした投稿

長野のブランド魚・養殖のサーモンを用いている「信州サーモン」は、脂が乗っていて、まろやかなサーモンの風味が口に広がります。

「馬刺し」はコクがあり、しっかりとした赤身の旨みを感じることができます。どちらも熱燗のお共にぴったりです。

<店舗詳細>
・店舗名:やり屋
・住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2165-2
・電話番号:0269-33-2619
・営業時間:11:00~16:00、18:00~19:00
・定休日:不定休

【ランチ・ディナー】欧和のエッセンス溢れる料理「渋温泉食堂 gonki」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

雪乃(@foodie_ykn33)がシェアした投稿

「渋温泉食堂 gonki(ごんき)」は、フランスのアルザス地方や軽井沢で修行したシェフが腕を振るう「街を楽しむ温泉食堂」がコンセプトの店。地元の四季折々の食材を惜しみなく使った、欧和のエッセンス溢れる家庭料理が堪能できます。

おすすめは、「イノシシのリエットとピクルス」(1,400円〜)。リエットとは、パテのようなフランスの肉料理の一つです。

肉の美味しさを最大限に引き出すために、味付けはとってもシンプル。季節によって、鴨や豚肉などリエットに使用する肉が変わるのでお楽しみに。

<店舗詳細>
・店舗名:渋温泉食堂 gonki
・住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏2267‐3
・電話番号:0269-38-0246
・営業時間:12:00~14:00
・定休日:不定休