【Day2】下呂温泉街でお土産散策

〈14:30〉

下呂温泉街を歩き温泉地の風情を肌で感じながら、お土産散策をしましょう。

紅く色づく木々を写真に収めておくのもいいですよ。

おすすめのお土産:数種類の個性を楽しめる「下呂プリン」

下呂温泉のご当地プリン「下呂プリン」(1個400円)は、素材にこだわってひとつずつ手作りされています。

店頭では、愛くるしいカエルが来客をお出迎え。下呂温泉の「ゲロ」とカエルの鳴き声「ゲロゲロ」をかけたダジャレから生まれたキャラクターです。

滑らかな舌ざわりの「まろやか」、昔ながらのプリンを再現した少し固めの「レトロ」、メロンソーダジュレとサクランボの乗った「メロンソーダ」、風呂上りのコーヒー牛乳をイメージした「珈琲ゼリー」など個性的なプリンがそろっています。

おすすめのお土産:千寿堂“栃の実煎餅”

「栃の実煎餅」は下呂温泉を代表するお菓子のひとつ。千寿堂以外にも栃の実煎餅は販売されていますが、千寿堂が販売する小判型の煎餅は最も古くからあるお煎餅。

パリッと歯ごたえがよく、お茶と良く合いますよ。

店頭に立ち寄った際には、是非「焼き立て煎餅」を食べてみてください。「賞味期限は30秒」と呼ばれ、お土産では味わえない熱々しっとりな食感を楽しむことができます。
(1袋580円)

<店舗詳細>
・下呂プリン
住所:岐阜県下呂市湯之島545-1
電話番号:0576-74-1771
営業時間:10:00〜17:00
観光マップ:Day2 D地点

・千寿堂
住所:岐阜県下呂市幸田1183−1
電話番号:0576-25-2890
営業時間:8:00~17:00 無休
観光マップ:Day2 E地点


↓徒歩約10分~15分

【Day2】下呂駅を出発

〈16:30〉
紅葉が広がる下呂温泉旅はいかがでしたか?

温泉でつるつる肌を手に入れつつ、郷土料理など美味しい料理をいただき日頃の疲れを癒すことができたのではないでしょうか。

旅の思い出を語りつつ帰路へつきましょう。

観光マップ

【Day1】

A:下呂駅前(バス)
B:民宿・割烹 松園
C:さるぼぼ七福神社
D:白鷺の湯

【Day2】

A:下呂発 温泉博物館
B:かばや
C:ビーナスの足湯
D:下呂プリン
E:千寿堂幸田店

下呂温泉1泊2日の旅へ出かけて心も体もリフレッシュしよう!

「1泊2日で下呂をゆったり満喫する旅」プランをご紹介しました。今年の秋冬は、日本三大名泉の下呂温泉に浸かって身体を癒しつつ、飛騨のおいしいグルメや季節ならではの景色を堪能してみてはいかがでしょうか。

下呂温泉総合TOP:下呂温泉の温泉・グルメ・旅プラン完全ガイド(2021年版)