【岐阜】日本三名泉の「下呂温泉」1泊2日旅!下呂の味覚 朴葉味噌とうなぎ丼を味わう

更新日:2020年11月13日

過ごしやすい秋の季節、温泉地に出かける方も多いのではないでしょうか。今回は「日本三大名泉」のひとつ、岐阜県の下呂(げろ)温泉を1泊2日で楽しむための旅行プランをご紹介します。秋風と紅葉広がる大自然を感じながら郷土料理を堪能し、温泉に浸かることで、心身ともにリラックスしましょう。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日で温泉旅行に出かけたい
・散歩も兼ねて徒歩で有名観光地を巡りたい
・グルメを堪能したい

旅のしおり

【Day1】

ゆったりお昼スタート、観光に費やす時間はたっぷり余裕をもって回れるスケジュールです。

〈12:00〉下呂駅前バス発着場到着
のんびり下呂駅にお昼到着で下呂観光スタート!

〈12:30〉「民宿・割烹 松園」でランチ
下呂温泉に着いたらまずはランチタイム。
見た目も心もほっこりできる朴葉味噌定食をご堪能いただきます。

〈14:00〉 さるぼぼ神社観光
たくさんのさるぼぼがお出迎えしてくれる神社で思わずにっこり。
思い出の写真もパシャリ!

〈15:00〉白鷺の湯で温泉入浴
下呂の街並みや飛騨川が見渡しながらひのき風呂を楽しめます。

〈17:00〉宿へチェックイン
下呂温泉街の宿にチェックイン。

【Day2】

2日目スタート!

〈10:30〉下呂発温泉博物館へ
全国でも珍しい温泉がテーマの博物館。
下呂以外の温泉地についても知ることができます。

〈12:00〉かばやでランチ
香ばしいうなぎ丼をご堪能いただきます。

〈13:30〉ビーナスの湯で足湯
足湯で血行を促進し、足元からあたたまりましょう。

〈14:30〉下呂温泉街でお土産散策
温泉街の風情を楽しみながらお土産散策。
下呂プリン、千寿堂などでお土産探し。

〈16:30〉下呂駅を出発
下呂駅を出発、帰路に着きます。

下呂温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】下呂駅前バス発着場到着!

〈12:00〉
下呂駅前に到着。

<参考>
・【バス】JR名古屋駅から高速バス利用で約2時間30分(下呂温泉直行バス)
・【特急】JR名古屋駅から「ワイドビューひだ」を利用で約1時間40分

自然に囲まれた場所なので、まずは外で深呼吸してみてはいかがでしょうか。気持ちのいい空気が体いっぱいに染みわたってきますよ。

それでは、下呂温泉1泊2日旅行スタートです。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市幸田字下小瀬
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約10分

【Day1】「民宿・割烹 松園」で朴葉味噌定食を堪能

〈12:30〉

「民宿・割烹 松園(しょうえん)」は、岐阜の郷土料理を定食でいただけるお食事処です。

おすすめは、飛騨の郷土料理「朴葉(ほうば)味噌定食」(税込1,100円)です。朴の葉の上で味噌を焼くことで生まれる香りや味は、食欲をそそります。

懐かしく、落ち着いた空間でいただくご飯はいつも以上に美味しさを感じます。

女将さんたちもアットホームな感じで話しやすいです。こういった会話もまた旅を楽しませてくれるひとつのポイントです。

<店舗詳細>
・住所:岐阜県下呂市幸田1182-1
・電話番号:0576-25-2110
・営業時間:昼食11:00~14:00(ラストオーダー13:30)夕食18:00~20:00(ラストオーダー19:30) 定休日は要問い合わせ
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約15分

【Day1】さるぼぼ七福神社を参拝

〈14:00〉

「さるぼぼ七福神社」は、岐阜県飛騨地方で昔から作られる「さるぼぼ」を祀った珍しい神社です。さるぼぼの原型は、奈良時代に中国から伝わった、貴族のお産のお守りです。江戸時代ごろから民衆に広まり、安産や結婚後の幸せ、子供の健康を願って作られるようになりました。

こぢんまりした境内には、七福神を表した等身大のさるぼぼが7体が来客を出迎えるようにたたずんでいます。

入口付近には足湯もあり、黄金の宝船にのったさるぼぼ七福神を眺めながらほっこり温まることもできます。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市湯之島780
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約5分