「左沢温泉」何と読む?難読温泉地名クイズ

更新日:2022年5月2日

これが解けたらあなたも漢字博士!
正解率はたったの3%。
あなたは読める?さあ、読めそうで読めない難読温泉地名に挑戦だ。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

出典:PIXTA

「左沢温泉」は、山形県西村山郡大江町にある温泉地です。

地名の由来には諸説ありますが、その一つに、寒河江荘(さがえのしょう)の領主・大江氏が、長岡山に登って西の平野(ひらの)山を眺めた際に、左手に見える山谷を「あちらの沢」と読んだことからという説があります。

さて、「左沢温泉」はなんと読むでしょうか?

「左沢温泉」の答えはこちら。読めましたか?

正解は、「あてらざわおんせん」でした。

左沢温泉とは、どんな温泉地か詳しくみていきましょう!

左沢温泉はどんな温泉?

左沢温泉は、山形県の最上川の畔にある一軒宿の温泉地。

一軒宿の「あてらざわ温泉湯元旅館」には、最上川での釣りや近隣での狩猟目的で訪れる客も多いそう。

出典:PIXTA

また、湯治のために長期滞在する方にも人気があります。

あてらざわ温泉湯元旅館での楽しみは、なんと言っても多様な効能を持つ温泉。

出典:PIXTA

乳白色のにごり湯で温泉気分を最高のものにしてくれます。

疲労回復、アトピー性皮膚炎などの効能があるため、なかなか疲れが取れない、肌に悩みを抱えている方におすすめです。

出典:PIXTA

山形の地元食材や川魚、山菜を使った料理に加え、ジビエ(狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉)などの料理も絶品。

優しい女将さんのおもてなしと美味しい料理で、心とお腹が十分に満たされますよ。

<温泉地詳細>
・住所:山形県西村山郡大江町大字左沢10-2
・アクセス方法:「東京駅」から山形新幹線に約2時間30分乗り「山形駅」で下車。その後、フルーツライン左沢線に45分ほど乗車して「左沢駅」で下車。

左沢温泉へ行ってみよう!

出典:PIXTA

1人でもペット同伴でも泊まれる左沢温泉の一軒宿「あてらざわ温泉湯元旅館」。

最上川や野鳥が生息する豊かな自然に癒される旅にでかけませんか。