提供:あらや滔々庵

温泉経営者がおすすめする一度は泊まりたい温泉宿#第20回 山代温泉-あらや滔々庵-

更新日:2022年5月10日

この記事を書いた人

かっきー

江戸の玄関口と言われた宿場町に生まれ育った生粋の江戸っ子。還暦を迎えた今なお、旅とサーフィンをこよなく愛するアクティブシニア。某夕刊紙に勤務していた経歴を持つ。
マイナーな温泉から秘湯まで、気の向くままに温泉へ出かけることが大好きです。温泉の良さはもちろん、分かりやすく温泉や旅館などの良さをお伝えしてまいります。

旅の中で長い時間を過ごす「温泉宿」。
泉質はもちろん、環境や食事などにもこだわりたいものです。温泉経営者がおすすめする温泉宿はきっと素晴らしいはず。
本企画では、温泉経営者が「一度は泊まりたい温泉宿」をリレー形式でご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

第20回は石川県加賀市の山代温泉にある「あらや滔々庵」

提供:あらや滔々庵(北大路魯山人が描いた衝立が置かれたエントランス)

第20回となる今回は、有馬温泉の「有馬山叢 御所別墅」の金井さんがおすすめする「あらや滔々庵(とうとうあん)」の経営者にインタビューしました。

あらや滔々庵(とうとうあん)は、石川県加賀市の山代温泉にあります。

江戸時代には、政権の中枢を担った加賀・前田家御用達の湯宿でありました。

また、美食家としても名を馳せた芸術家・北大路魯山人(きたおうじろさんじん)ゆかりの伝統と格式ある温泉宿です。

伝統と新しい風を両立させる「あらや滔々庵・永井隆幸さん」

あらや滔々庵・代表取締役社長 永井 隆幸さん

◇らくらく湯旅編集部(以降 編集部):特別企画の第20回は、山代温泉「あらや滔々庵」の当代館主である、永井さんにお話を伺います。

◆永井さん:よろしくお願いいたします。

山代温泉は開湯1300年の歴史ある温泉地

出典:PIXTA(山代温泉の中心地にある公衆浴場「古総湯(こそうゆ)」)

◇編集部:まず最初に、「あらや滔々庵」のある山代温泉はどんな温泉地ですか?

◆永井さん:山代温泉は、加賀温泉郷のひとつで、約1300年前の神亀2年(725年)の開湯と言われています。

◆永井さん:温泉街は、「総湯」と呼ばれる共同浴場を中心とし、街並みが広がります。

ちなみに、当館は総湯の横に位置しています。

◇編集部:放射状に街並みが広がっているので、散策しやすいですね。