【和歌山】「南紀白浜温泉」2泊3日旅!太平洋に沈む夕日&くえ料理を堪能

更新日:2021年1月29日

和歌山県の「南紀白浜(なんきしらはま)温泉」は、有馬温泉、道後温泉と並ぶ「日本三古泉」の一つに数えられる温泉地です。飛鳥・奈良時代から、都の貴族がこの地の温泉を求めて訪れました。海やビーチなど、夏の南国リゾートのイメージも強い南紀白浜ですが、温泉も格別です。今回はそんな南紀白浜の、2泊3日観光プランをご紹介します。定番の観光スポットや海の幸を堪能しに、南紀白浜に出かけてみませんか。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・2泊3日で温泉旅行に出かけたい
・有名観光地はもちろん、壮大な景色を楽しみたい
・地元名物の新鮮な魚を味わいたい

旅のしおり

【Day1】

〈12:00〉白浜バスセンターに到着
2泊3日観光のスタートです。

〈12:30〉円座でランチ
「円座御膳」をいただきます。

〈15:00〉ホテルシーモアで入浴
立ち湯ができる温泉を楽しみます。

〈16:30〉壮大な景観の千畳敷
絶景スポット「千畳敷」を散策します。

〈18:00〉ホテルにチェックイン
温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

〈10:30〉崎の湯で入浴
太平洋を目の前にした露天風呂に浸かります。

〈12:30〉海ごはん山ごはん マルキヨでランチ
幻の高級魚くえを心ゆくまで堪能します。

〈14:30〉白浜エネルギーランドで五感を刺激
トリックアートや都市のミニチュアを楽しみます。

〈16:30〉白良浜で壮大な景色を楽しむ
白良浜沿いをのんびり散策します。

〈17:30〉ホテルにチェックイン
温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day3】

〈10:30〉源泉掛け流しの長生の湯
掛け流しの温泉に浸かります。

〈12:30〉喜楽でランチ
アットホームな雰囲気の中、熊野路丼をいただきます。

〈14:00〉南紀白浜の町を散策しお土産購入
白浜町内をのんびり散歩&お土産を購入します。

〈16:30〉南紀白浜温泉を出発
帰路に着きます。


南紀白浜温泉2泊3日旅のスタート

【Day1】白浜バスセンターに到着

〈12:00〉
白浜バスセンターに到着。南紀白浜温泉2泊3日観光はここからスタートです!

<参考>
【鉄道】大阪市内より特急くろしおを利用して約2時間30分
【自動車】大阪市内より阪和自動車道経由で約2時間30分

白浜町内を周遊するバスもここから出ているので、目的地に向けてバスに乗り込みます。

<施設詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町890-48
・電話番号:0739-42-3378
・観光マップ:Day1 A地点


↓バス約10分

【Day1】円座でランチ

〈12:30〉
まずはいけすを囲んだ和食レストラン「円座(わろうだ)」でランチをいただきます。

店内の奥には、海を望みながらお食事が楽しめる「すし八咫(やた)」も併設されています。

どちらも白浜沖でとれる四季折々の海の幸を使った料理を提供しているので、地元の新鮮な魚介を味わうにはピッタリのお店です。

2017年にグランドオープンした店内は、洗練された雰囲気。

提供:円座

こちらで「円座(わろうだ)御膳」(1,650円)をいただきます。円座御膳はランチ限定で、お造り三種に揚物、蒸物、あら汁などが付いています。

透き通るように綺麗なお刺身には、程よく脂がのって絶品です。冬の時期は出汁のきいたあら汁が身に染みます。

提供:円座

旅の始まりから地のものを堪能し、旅のエネルギーをしっかり蓄えましょう。

<店舗詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町白浜1821
・電話番号:0739-33-9090
・営業時間:月〜日・祝日 昼食11:30〜14:30 (ラストオーダー14:00)
夕食17:30〜21:30(ラストオーダー21:00)
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約5分

【Day1】ホテルシーモアで入浴

〈15:00〉
食後は円座の隣にある「ホテルシーモア」に立ち寄り、温泉を満喫しましょう。(入浴料1,000円)

ホテルシーモアは大きな窓が至る所あり、木目のインテリアで温もりのあるナチュラルテイストな雰囲気の宿泊施設です。

注目はなんといっても深さ120㎝の立って入る人気露天風呂。身体への負担が少なくリラックスできると評判です。

もちろん座って入れる内湯もあるので、色々な楽しみ方ができます。

提供:ホテルシーモア

内湯の大浴場ではあつ湯にぬる湯、季節のお風呂など、多彩な湯船に浸かることができます。

提供:ホテルシーモア

テラスには全長30mにもおよぶ「インフィニティ足湯」があり、こちらは無料で利用できます。

海と繋がっているような圧巻の景色の中で足湯につかると、体も心も癒されること間違いなしです。

<施設詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町 1821
・電話番号:0739-43-1000
・営業時間:7:00~23:00(大浴場:13:00〜20:00)
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約15~20分

【Day1】千畳敷で夕陽鑑賞

〈16:30〉
温泉で温まった後は、自然が作り出した絶景スポット「千畳敷(せんじょうじき)」を散策しましょう。

打ち寄せる波によって侵食された柔らかい砂岩が、複雑な地形を造りだしています。

その広大さから、千畳敷という名がつけられましたが、実際は畳千枚分よりももっと広く、その光景に圧倒されます。

天気のよい日には、太平洋に沈む美しい夕陽を眺めることができます。体が冷えてしまわないように、暖かい格好で行きましょう。

<スポット詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町千畳
・電話番号:0739-43-5511(白浜観光協会)
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約10分~15分


【Day1】ホテルにチェックイン

〈18:00〉
南紀白浜温泉街にある宿泊施設にチェックインします。明日の観光に備えてゆっくり休みましょう。

【Day2】

ホテル出発。


↓徒歩約10分

【Day2】崎の湯で立ち寄り湯

〈10:30〉
崎の湯(さきのゆ)は、目の前に太平洋が広がる絶景の露天風呂が人気の温泉です。(入浴料:500円)

1,000年以上前から、この場所には波によって侵食された岩の窪みがあり、湯船として利用されていたと言われています。

都の貴族が訪れ、からだを洗い潔めていたそうです。

当時を思わせる露天風呂に浸かり、古くより愛される白浜の温泉を堪能してみてください。

売店では、タオル(200円)の販売もあるので、手ぶらで気軽に立ち寄ることができます。

<施設詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668
・電話番号:0739-42-3016
・営業時間:8:00~17:00
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約15分

【Day2】海ごはん山ごはん マルキヨでランチ

〈12:30〉
一見コワモテな店主が出迎えてくれる「海ごはん山ごはん マルキヨ」ですが、昼時になれば地元の方をはじめ多くの観光客で賑わいます。

こちらでは、ほとんど市場に出回ることがない幻の高級魚「天然のくえ」を丼ぶりでいただくことができます。

「天然くえ丼(2,300円)」は、生・炙り・ミックス(半分ずつ)の中から選ぶことができます。

そのままのくえは程よく脂が乗り、くえ本来の食感を楽しむことができます。一方で炙ったくえは、火が通ることにより、さらに旨味が引き出されています。

白浜を訪れた際には、ぜひ幻の高級魚をご賞味ください。

<店舗詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1572
・電話番号:0739-43-0640
・営業時間:12:00~14:00 ※ランチは火曜・水曜休み 17:30~22:00
・定休日:火曜日
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約5分

【Day2】白浜エネルギーランドで五感を刺激

〈14:30〉
食後は、子供から大人まで楽しめる体験型テーマパーク「白浜エネルギーランド」に向かいます。体を使って楽しむコーナーで、童心に戻って楽しみましょう。

人気の「トリックアートハウス」では、目の錯覚を利用したおもしろい写真を撮ることができます。

提供:白浜エネルギーランド

恐竜の世界に飛び込む「ジュラシックツアー」や、音の不思議を体験できる「音の森」で遊び疲れたら、施設内にある源泉掛け流しの足湯で一休み。

温泉たまご(100円)を購入し、食べながら源泉かけ流しの足湯に浸かるのもいいですね。

<スポット詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3083
・電話番号:0739-43-2666
・営業時間:季節により変動あり。最新情報はホームページをご確認ください。
・観光マップ:Day2 C地点


↓徒歩約5分

【Day2】白良浜を散歩 太平洋の壮大な景色を鑑賞

〈16:30〉
白良浜(しららはま)は、石英(せきえい:ガラスのようなつやがある鉱物)の砂からなる白い砂浜と太平洋の美しさが際立つ癒しスポットです。

片道5分ほどの短い海岸線なので、ちょっとしたお散歩に最適です。

天気が良ければ太平洋に沈む夕陽を見ることができます。

心が洗われるような美しさです。

<スポット詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1600
・観光マップ:Day2 D地点


↓徒歩約10分~15分


【Day2】ホテルにチェックイン

〈17:30〉
南紀白浜温泉にある宿泊施設にチェックインします。

しっかりと睡眠をとり、旅の疲れを癒しましょう。

【Day3】

ホテル出発。


↓徒歩約10分~15分

【Day3】源泉掛け流しの長生の湯

〈10:30〉
「長生(ちょうせい)の湯」は、昭和初期の佇まいを残す日帰り入浴施設です。

ここでは源泉掛け流しの湯に浸かることができます。

提供:長生の湯

木々に囲まれ、まるで森の中にあるかのような露天風呂。まろやかな備長炭風呂、とろみのある湯が特徴の内湯があります。

地元の方にも愛される温泉で、安らぎの一時を過ごしてみてください。

提供 :長生の湯

<施設詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町古賀浦2763
・電話番号:0739-42-3010
・営業時間:10:00~22:00(最終受付)
・定休日:水曜日
・観光マップ:Day3 A地点


↓バス約10分

【Day3】喜楽でランチ「熊野路丼」を堪能

〈12:30〉
三日目のランチは、アットホームな雰囲気で初めての方も入りやすい「喜楽(きらく)」でいただきます。

地元の海と山の幸をとろろご飯でいただく「熊野路(くまのみち)丼」(税抜き1,500円)は、白浜を口一杯に感じられるメニューです。

また、「もちがつお」が入荷されていた際にはぜひ注文してみてください。

お餅のようなもちもちとした食感は一度食べたら忘れられません。

<店舗詳細>
・住所:和歌山県牟婁郡白浜町890-48
・電話番号:0739-42-3916
・営業時間:ランチ:11:00〜14:00(ラストオーダー14:00)
ディナー:16:00〜21:00 21(ラストオーダー8:00)
・観光マップ:Day3 B地点


↓徒歩約10分

【Day3】白浜散策とお土産購入

〈14:00〉
南紀白浜の町を散策しながら、お土産を探しましょう。

南紀白浜は、いわゆる温泉街といったお店が立ち並ぶ場所がなく、お土産店も点在しています。

様々なお土産を見比べながら選びたいという方は、日本最大級の観光市場「とれとれ市場」がおすすめです。

おすすめお土産①:紀州銘菓 福菱の「かげろう」

紀州銘菓 福菱(ふくびし)の「かげろう」(8個入り865円、10個入り1,080円)は、白浜土産の定番です。

ふわふわした不思議な食感の生地に、甘さを抑えた上品な味わいのバタークリームがサンドされています。

口の中に入れた瞬間、生地とクリームがほろほろととろけ、これまでに感じたことのない食感を味わえます。

福菱本店にはカフェスペースが併設されており、お土産の購入と一緒にカフェタイムを過ごすこともできます。

おすすめお土産②:丸新本家の「金山寺味噌」

丸新本家の「金山寺味噌(きんざんじみそ)」(150g 432円)は、特産品として和歌山県推薦の優良土産に指定されています。

米や大麦、大豆、なすなどを原料に自然発酵させたおかず味噌です。あつあつのご飯によく合います。

ぜひお酒のお供やきゅうりにつけるなど、お気に入りの食べ方を見つけてみてください。

ゆずやにんにく、梅など様々な種類の金山寺味噌が販売されているので、お好みのものを選べます。

丸新本家の金山寺味噌は、とれとれ市場内の店舗で購入できます。

<店舗詳細>
福菱本店
・住所:和歌山県牟婁郡白浜町1279-3
・電話番号:0739-42-3129
・営業時間:8:00〜18:00 年中無休(臨時休業あり)
・観光マップ:Day3 C地点

丸新本家 とれとれ市場店
・住所:和歌山県牟婁郡白浜町堅田2521
・電話番号:0739-42-1051
・営業時間:8:30〜18:30 不定休
・観光マップ:Day3 D地点


↓徒歩約15分

【Day3】南紀白浜温泉を出発

〈16:30〉
南紀白浜温泉2泊3日観光もここで終わりです。

思い出に浸りながら帰路に着きます。

観光マップ

【Day1】


A:白浜バスセンター
B:円座
C:ホテルシーモア
D:千畳敷

【Day2】


A:崎の湯
B:海ごはん山ごはんマルキヨ
C:白浜エネルギーランド
D:白良浜

【Day3】


A:長生の湯
B:喜楽
C:紀州銘菓 福菱
D:丸新本家 とれとれ市場店

休日に南紀白浜温泉でゆったりとした時間を過ごしませんか?

今回は南紀白浜温泉の2泊3日プランをご紹介しました。

自然が作り出す絶景の千畳敷や白良浜に、新鮮なお魚の絶品グルメ、地元の方からも愛される温泉施設が目白押しです。

ぜひ、南紀白浜温泉に出かけてみてはいかがでしょうか。

<関連記事>
・【2020年版】南紀白浜温泉グルメ決定版10選!幻の高級魚など海の幸が満載
・万葉集に登場する日本三古泉のひとつ!南紀白浜温泉の歴史とあゆみに迫る