提供:一般社団法人 岐阜県観光連盟

<2021年版>下呂温泉、見るべき春の絶景スポット5選と花見の宿

更新日:2021年4月28日

1,000年以上の歴史をもつ岐阜県の「下呂(げろ)温泉」。春に訪れるなら、名湯を訪れる以外にぜひとも見ておきたい美しい景色がいくつもあります。そこで今回は、下呂温泉の春を満喫できる絶景スポットとおすすめの宿を紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

下呂温泉周辺、春の絶景スポット5選

1. 【桜】ライトアップされた夜桜が見事な桜並木「飛騨川の河川敷」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

月 虹gekkoh(@tamayura3911)がシェアした投稿

下呂温泉の中心を流れる「飛騨川(ひだがわ)」の河川敷には桜並木が続いています。下呂大橋上流側にある「しらさぎ緑地公園内」の桜並木は、日中はもちろん夜桜も見事。毎年4月上旬から中旬までライトアップ(18:30〜21:30)されるので、温泉街探索と共に夜桜花見が楽しめます。

<スポット詳細>
・住所:岐阜県下呂市幸田

2. 【桜〜新緑】茅葺き屋根にしだれ桜が美しい「下呂温泉合掌村」

提供:下呂温泉合掌村

世界遺産「白川郷(しらかわごう)」から移築した10棟の合掌家屋集落で日本の原風景を再現した「下呂温泉合掌村(がっしょうむら)」。村内は「合掌の里」と「歳時記の森」の2つのゾーンに分かれており、それぞれ飛騨の生活文化を知り、さまざまな植栽などから日本の四季を感じることができます。

「歳時記の森」にある里山では、4月上旬から桜、4月下旬頃には枝垂れ桃(しだれもも)、5月中旬には藤の花が満開になります。初夏にかけては合掌造りの茶色の民家に若葉の緑色と澄み切った青空が映え、絵画のように美しく見えます。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市森2369
・電話番号:0576-25-2239
・営業時間:8:30~17:00
・定休日:なし

3. 【桜・つつじ】車や列車の窓から広がる春の絶景「中山七里」

提供:一般社団法人 岐阜県観光連盟

下呂駅から車で25分。下呂温泉の玄関にあたる渓谷は「中山七里(なかやましちり)」と呼ばれ、飛騨木曽川国定公園に指定されています。4月上旬から中旬にかけては桜の見頃を迎え、28kmに渡る中山七里に点在する桜を車や電車の車窓から望むことができます。初夏になるとゴツゴツとした岩の間に可憐に咲く色とりどりのつつじも見ることができます。

<スポット詳細>
・住所:岐阜県下呂市金山町

4. 【はなもも】愛らしい花に癒される「道の駅 南飛騨小坂はなもも」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

まな(@mana5838)がシェアした投稿

小坂(こさか)の滝めぐりや、飛騨小坂温泉郷の玄関口として立ち寄り休憩に便利な「道の駅 南飛騨小坂はなもも」。毎年4月下旬には、赤・白・ピンクのはなももの花が沿道を彩り、残雪の「御嶽山(みたけさん)」の眺望とともに楽しむことができます。心和む可愛らしいはなももの花は地元の方にも人気で、毎年季節になるとたくさんの人で賑わいます。道の駅には特産物が購入できる売店や地元の食材を使ったメニューが味わえる喫茶があります。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市小坂町赤沼田811-1
・電話番号:0576-62-1010
・営業時間:(売店) 8:00~15:00、8:00~16:00、(喫茶)8:00~14:30、8:00~15:00
・定休日:なし

5. 【新緑】新緑眩しさと滝の爽快感を満喫「巌立峡・小坂滝めぐり」

提供:飛騨小坂観光協会

下呂温泉から車で約30分の小坂町には落差5m以上の滝が200箇所以上もあり、それらの滝々を巡るさまざまなコースが設定されています。どのコースも新緑と滝や川の美しい景色を楽しめますが、中でもおすすめのコースは「がんだて公園」から歩いて15分程でたどり着くことができる「三ツ滝」などを巡るコースです。3段になって流れ落ちる三ツ滝の大きな滝壷は、重厚感があり見事。遊歩道が滝に沿って作ってあるので、色々な角度からじっくりと滝を観察できます。

また、54,000年前の溶岩でできた岸壁が上流17キロに渡って続く「巌立峡(がんだてきょう)」の上を散策できるガイド付きのツアーも人気。猛々しい岸壁と柔らかい新緑のコントラストに心を奪われます。

<スポット詳細>
・住所:岐阜県下呂市小坂町落合

春の絶景を宿でも楽しむ。下呂温泉のおすすめ宿3選

1. 桜を見ながら風呂に浸かる。1,100坪の雅な和風庭園を持つ「望川館」

提供:望川館

「望川館(ぼうせんかん)」は、まるで川とつながっているかのような開放感が味わえる立地が自慢の宿です。1,100坪もの優雅な和風庭園には春の花が咲き乱れ、約20畳もある露天風呂の脇にもお風呂に覆いかぶさるような見事な桜並木があります。この桜並木は、客室の露天風呂からも眺めることができ、館内随所で春を存分に満喫できます。夕食の飛騨牛の味しゃぶは肉が柔らかく美味しいと人気です。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市湯之島190-1
・電話番号:0576-25-2048
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):9,350円〜

2. さつきに囲まれた炭酸泉の花露天風呂。下呂奥座敷の宿「泉岳館」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

なお(@nao.nao.516)がシェアした投稿

「泉岳館(せんがくかん)」は、飲んで良し浸かって良しの天然炭酸泉が楽しめる、自然に囲まれた下呂奥座敷に佇む秘湯の宿です。「鉱泉料理(こうせんりょうり)」と銘打った炭酸泉を使った料理をはじめ、自慢の炭酸泉を使ったカクテルなど他の温泉宿とは一味違った品が堪能できます。毎年4月頃は川沿いの客室露天風呂から桃の花が眺められ、春の風情を感じながら温泉に浸かることができます。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市小坂町湯屋427-1
・電話番号:0576-62-3010
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):16,500円〜

3. 目の前に桜の木が茂る露天風呂。江戸時代から続く歴史「下呂温泉山形屋」

提供:下呂温泉山形屋

「下呂温泉山形屋(やまがたや)」は、江戸時代から約200年続く老舗旅館。下呂温泉の中央を流れる「益田川(ますだがわ)」沿いに立ち、春には河川敷に咲く桜を客室から眺めることができます。山々を一望できる露天風呂や目の前に桜の木が茂る貸切露天風呂、その他、個性あふれるお風呂が付いた客室などから、下呂の春景色を満喫できます。飛騨地方・下呂の旬を味わい尽くせる会席料理では、メインのA5等級の飛騨牛の調理法を朴葉味噌焼きやしゃぶしゃぶなどから選べるサービスが好評です。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市湯之島260-1
・電話番号:0576-25-2601
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):10,670円〜

下呂温泉の春は桜めぐりから。次の旅は下呂温泉へ春の絶景を見に出かけませんか?

提供:一般社団法人 岐阜県観光連盟

今回は下呂温泉の春の絶景とおすすの宿を紹介しました。下呂温泉には河川敷の桜並木から新緑の滝まで春を満喫できるスポットが目白押しです。桜めぐりと温泉で癒される旅を計画してはいかがですか。

下呂温泉総合TOP:下呂温泉の温泉・グルメ・旅プラン完全ガイド(2021年版)