提供:一般社団法人 岐阜県観光連盟

<2021年版>下呂温泉、見るべき夏の絶景スポット5選とおすすめ宿

更新日:2021年4月28日

日本三名泉である岐阜県の「下呂(げろ)温泉」には、温泉やグルメ以外にも訪れたい場所がたくさんあります。今回は夏の下呂温泉の絶景スポットとおすすめの宿をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

下呂温泉周辺、夏の絶景スポット5選

1. 【緑】広大な自然を堪能できる無料野外温泉「噴泉池」

出典:PIXTA

下呂温泉街の中心部にかかる「下呂大橋」のたもとには、24時間無料で入浴できる野外温泉があります。360度の開放感にあふれた温泉に浸かりながら、下呂を囲む山々の濃い緑を眺めていると、自然の生命力の力強さを改めて感じます。入浴時には水着の着用(着替え場所はなし)が義務付けられていますので、気軽に利用したい方は足湯で楽しむのがおすすめです。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市幸田

2. 【柳並木】情緒たっぷりの温泉街をまったり散策「せせらぎの小径」

下呂温泉街の中心には、東西に流れる「阿多野谷(あたのだに)」に沿って散策のできる「せせらぎの小径(こみち)」があります。日中は、山の力強い緑に囲まれる温泉街が、夜間になると、街灯に照らされた柳並木が輝く温泉街にさま変わり。ゆらゆら動く金色の柳の葉は涼しげな印象で昼間の暑さを吹き飛ばしてくれるようです。夕食後はせせらぎの小径の散歩を楽しまれてはいかがでしょうか。

<スポット詳細>
・住所: 岐阜県下呂市湯之島

3. 【草木と滝】やわらかな木漏れ日と渓谷美に魅せられる「小坂滝めぐり」

提供:飛騨小坂観光協会

滝の町としても知られる「小坂町(おさか)」は下呂温泉から車で約30分の場所にあります。滝めぐりでは、緑あふれる渓谷とやわらかな木漏れ日が降り注ぐ滝に魅せられ、マイナスイオンで心も体も癒されます。滝の中でおすすめは「三ツ滝」。大きな滝壺に3段になって水が流れ落ちる神秘的な滝へは、小坂滝めぐりの拠点である「がんだて公園」から滝見遊歩道を通り5分で辿り着きます。「あかがねとよ」、「からたに滝」は滝壺まで近づいて撮影ができる人気スポットで、夏の晴れた日の昼すぎ頃は滝に虹が架かることもあります。

<スポット詳細>
・住所:岐阜県下呂市小坂町落合

4. 【紫陽花】茅葺き屋根の合掌家屋と色鮮やかな紫陽花「下呂温泉合掌村合掌村」

提供:下呂温泉合掌村

「下呂温泉合掌村(がっしょうむら)」は国指定重要文化財「旧大戸家(おおどけ)住宅」を中心に、白川郷などから移築した10棟の合掌家屋集落を再現した場所です。日本の里山の原風景を楽しめるエリアでは、初夏になると種々様々な紫陽花がそこかしこに咲き乱れます。合掌家屋集落に青や紫と鮮やかな色味を加える紫陽花は、可憐でもあり、また優美でもあります。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市森2369
・電話番号:0576-25-2239

5. 【花火】温泉街の中心で繰り広げられる大迫力の花火「下呂大橋上流河川敷」

提供:下呂温泉観光協会

8月上旬に開催される下呂温泉夏の最大のイベント「下呂温泉まつり」。5頭の龍が光と炎の中を勇壮に乱舞する「龍神火まつり」をはじめ、「湯の華みこしパレード」や「下呂踊り」が行われます。そして、クライマックスは「下呂温泉花火ミュージカル夏公演」。

13,000発の趣向を凝らした花火が音楽のリズムに合わせて華麗に打ちあがり、温泉街の夜空を彩ります。下呂大橋の東側や阿多野谷周辺が絶景の観覧スポットなので、早めに訪れて場所の確保をおすすめします。

<イベント詳細>
・住所:岐阜県下呂市森1081
・打上時間:20:00〜20:45

夏の絶景を宿でも楽しむ。下呂温泉のおすすめ宿3選

1. 谷の清流と緑豊かな自然に恵まれた宿「今宵天空に遊ぶ しょうげつ」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nanase(@nanax0112)がシェアした投稿

下呂温泉を一望できる高台に位置する宿「今宵天空に遊ぶ しょうげつ」。「天空に遊ぶ」という館名を実感できる宿で、例えば客室は眺望をさえぎらないように一面ガラス張りになっています。客室や大浴場の露天風呂からは、力強い緑の飛騨の山々に囲まれた温泉街の街並みと清らかな「益田川」が見晴らせます。また、夜には温泉街の街灯や旅館の明かりが灯り、ロマンティックな景色に変わります。ひと部屋ごとに趣向を凝らした数寄屋(すきや)造りの食事処「水琴亭(すいきんてい)」では、季節感溢れる会席料理を客ごとに一品ずつ出してくれます。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市萩原町西上田2148‐1
・電話番号:0576‐25‐7611
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):31,900円〜

2. 全ての温泉大浴場からも緑が堪能できる「水明館」

提供:水明館

旅行のプロが厳選した日本旅館100選の常連宿で、皇族も宿泊されたことのある大型温泉宿「水明館(すいめいかん)」。趣きの異なる3ヶ所の温泉大浴場の泉質と全ての大浴場から山々の緑を望める開放感は宿泊客から高く評価されています。毎月メニューが変わる飛騨の会席や種類豊富な客室も魅力的なポイント。室内温泉プールに能舞台や茶室など文化的な施設まで充実している水明館は、ここだけで1日中楽しめる宿です。また、飛騨川のほとりの立地で「噴水池」までは徒歩数分。噴水池に浸かった後にも体が温かいうちに宿へ戻れます。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市幸田1268
・電話番号:0576-25-2801
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):13,750円〜

3. 高台に立つ、アンティークなロビーが素敵なアートな館「紗々羅」

提供:紗々羅

下呂温泉郷の高台に立つアンティークな宿「紗々羅(ささら)」。客室から見える美しい下呂の山々に囲まれた温泉街の景色を昼も夜も堪能できます。「紗々羅」本館・アンティークな雰囲気漂う「森山館」・古民家風の離れがあり、趣が異なる部屋の中から好みを選ぶ楽しみがあります。そして、暑い夏に紗々羅がおすすめするのは、売店にある飛驒の2つのアイスクリーム。高山市の特産物である「宿儺(くすな)かぼちゃアイス」と下呂市の田上農園産の「ブルーベリーアイス」です。どちらも新鮮な飛騨牛乳を使っていて、さっぱりとした味わいです。

<施設詳細>
・住所:岐阜県下呂市森1412-1
・電話番号:0576-24-1777
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):15,400円~

次の旅は飛騨の山々に囲まれた下呂温泉へ、夏の絶景を見に出かけませんか?

提供:一般社団法人 岐阜県観光連盟

今回は、下呂温泉の夏の絶景とおすすめの宿をご紹介しました。「美肌の湯」と評判の下呂の温泉に浸かりながら山々の緑を眺めたり、滝などの絶景スポットへ足を運んだり。今回の記事を参考に、下呂温泉で夏を過ごす計画をされてはいかがでしょうか。