提供:別府市

<2021年版>別府温泉ランチ決定版10選!関サバからとり天まで

更新日:2021年6月7日

古くから温泉地として栄えてきた、温泉湧出量・源泉数ともに日本一を誇る大分県の「別府(べっぷ)温泉」。「温泉天国」と呼ばれる別府温泉は「ご当地グルメ天国」の異名をとり、海の幸や名物グルメが豊富です。

今回は、別府温泉でランチをとるなら外せない人気店10軒をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

鮮度抜群の関サバ・関アジのにぎり「大和田鮨」

 

地元も方にも人気の鮨屋「大和田鮨」。

にぎり8種類と半分量の細巻きがセットになった注目の「地魚にぎりセット」(3,000円)は、希少価値の高い関サバ・関アジのにぎりが楽しめるメニューです。鮮度の高いネタはとても大きく食べ応えあり。

一度訪れると、その忘れられない美味しさにリピーターになる方が多い店です。

<店舗詳細>
・住所:大分県別府市北浜1-1-3 
・電話番号:0977-21-0263
・営業時間:(火〜日・祝日・祝日前)11:30〜13:30、16:00〜21:30
・定休日:月曜日

大分名物「とり天」発祥の店「東洋軒」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひろみ(@hiro_moko73)がシェアした投稿

「東洋軒」は、大正15年創業の大分名物「元祖とり天」のお店。

国産鶏のもも肉に家伝の特製醤油をベースにして、にんにく・ごま油、そして新鮮鶏卵をふんだんに使って仕上げているのが特長です。

自家製醤油と辛子をつけて食べるとり天(900円〜)は、外はカリッと、中はふっくらとジューシーな食感で箸が止まらない美味しさです。

<店舗詳細>
・住所:大分県別府市石垣東7-8-22
・電話番号:0977-23-3333
・営業時間:11:00〜15:30(L.O.15:00)、17:00〜22:00(L.O.21:00)
・定休日:第2火曜日

手製の「だんご汁」はほっとする温かさ「味処 よね田」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARU(@haru_mm20)がシェアした投稿

鉄輪(かんなわ)エリアにある地獄(温泉噴出口)の一つ「鬼山地獄」の隣にある「味処 よね田」。

温泉蒸気を利用した地獄蒸し料理や「だんご汁」(800円)が人気。だんご汁は、地獄釜でとった出汁と合わせ味噌のベースに、食感の良い幅広麺と地元野菜がふんだんに入り具だくさん。

もちもちとした麺と甘みのある野菜の歯ごたえが楽しめる、身も心も温まるメニューです。

<店舗詳細>
・住所:大分県別府市御幸5-2
・電話番号:0977-66-0327
・営業時間:8:30~17:00
・定休日:不定休

「別府冷麺」発祥の専門店「胡月」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

iku.(@ikuney)がシェアした投稿

「胡月(こげつ)」は創業45年になる別府冷麺の発祥のお店。

別府冷麺は、麺は小麦粉・そば粉・でんぷんを基本とし、スープは魚介をベースとした和風にアレンジされたご当地グルメです。

胡月の別府冷麺(750円〜)は注文を受けてから手打ちするコシの強い太麺が特長。具材にはネギ・自家製キャベツキムチ・ゆで卵・チャーシューが入っています。天然水を汲み上げて作った辛めのスープで深みのある味に仕上がっています。

<店舗詳細>
・住所:大分県別府市石垣東8-1-26
・電話番号:0977-25-2735
・営業時間:(月曜日)11:00~16:00、(水~金曜日)11:00~17:30、(土・日曜日)11:00~19:00 ※売り切れ次第閉店
・定休日:火曜日

地産地消の割烹料理「別府たつのや」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

m-ho🍮🍩☕️-🍜(@gon.curry.99)がシェアした投稿

喧騒から一歩離れた場所に佇む、昭和24年創業の寿司・割烹料理屋「別府たつのや」。

吟味して選んだ関アジ・関サバ・ふぐ・かれいなどの新鮮魚介をふんだんに使った地産地消の割烹料理が味わえます。

コース料理(3,000円〜)では、地元の旬を一堂に堪能することができ、魚はもちろんのこと、出汁の効いた炊き合わせのお野菜が美味しいと評判です。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市駅前町2-4
・電話番号:0977-22-2248
・営業時間: 12:00~14:00、18:00~22:00
・定休日: 日曜日(祝日の際は翌月曜日)

ほっかほか白飯にサックサクの天ぷら「天丼 とよ常」

創業90年を越える老舗「お食事処 とよ常本店」。

看板メニューの「特上天丼」(880円)はサクッとした野菜天(茄子・人参・南瓜・ピーマン)の上にプリプリの歯応えの特大海老天が2尾。仕上げに秘伝のタレがかかった創業以来変わらぬいつ食べても大満足の味です。

お土産用にも購入できる「とよ常」オリジナルの甘辛い「特上天丼のたれ」(350円)は、これだけでご飯が進む美味しさです。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市北浜2-12-24
・電話番号:0977-22-3274
・営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00)
・定休日:水曜日

豊後牛のボリュームステーキ「グリルみつば」

提供:グリルみつば

鉄板料理がカジュアルに味わえる老舗洋食レストラン「グリルみつば」。

創業当時から変わらぬ味のとんかつや、大分のブランド牛である豊後牛のステーキ・ハンバーグなどメニューはどれもボリューム満点です。

「豊後牛のステーキ」(4,800円〜)はシェフが鉄板の温度や焼加減を見極め、絶妙のタイミングで提供してくれる逸品。赤身の旨みと脂身のとろける甘さが一気に口の中に広がる至福の味です。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市北浜1-4-31
・電話番号:0977-23-2887
・営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30)、18:00~21:00(L.O.20:00))
・定休日:火曜日

味も値段も規格外!行列のできる寿司屋「亀正 くるくる鮨」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝚛 𝚞 𝚔 𝚒(@____spica)がシェアした投稿

「亀正(かめしょう) くるくる寿司」は、地元でも人気の行列のできる寿司屋です。

厳選された新鮮なネタは分厚くてひと口では食べきれないほどの大きさ(2貫120円〜)。その味は一流寿司店にも引けを取らないと評判です。

大分のブランド魚、関アジ・関サバも共に2貫380円とリーズナブル。舌の上でとろける美味しさです。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市鶴見大字34
・電話番号:0977-66-5225
・営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
・定休日:水曜日 ※火曜日も休みの日あり

たっぷりしらすのりゅうきゅう丼「竹のレストランちくし」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆ う せ い(@yuuuusei98)がシェアした投稿

「竹のレストランちくし」は、別府湾の絶景を眺めながら大分県の郷土料理を味わえる店です。

人気の「りゅうきゅう丼(釜揚げしらすのせ)」(1,410円)は、醤油漬けのブリと釜揚げしらすがたっぷり乗ったご飯に、生わさびをとかしたかぼす醤油をかけたもの。

最後までさっぱりと堪能できます。りゅうきゅう丼とは大分県の郷土料理で、由来は刺身を醤油やみりんゴマなどに漬け込んで、保存期間を伸ばす目的で作られた漁師飯です。店は朝8時からオープンしているので、朝食に利用するのもおすすめです。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市新港町6-46 交通センタービル1F
・電話番号:0977-24-1811
・営業時間:7:00~18:00(L.O.)
・定休日:なし

豪快スペアリブの中華そば「六盛」

 

「六盛(ろくせい)」は、「中華そば」(並750円)が評判の店。

凝縮された旨味と上品な香りの黄金色のスープが極細麺としっかり絡み、奥深い味わい。

特にいち押しの「中華スペアリブ」(1,020円)は、豪快にのった肉厚のスペアリブがとろけるように柔らかく美味。出汁に炙ったスペアリブの肉汁・脂が溶け込み、またひと味違ったコクと風味が味わえます。六盛は別府のご当地グルメ「別府冷麺」でも有名です。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市松原町7-17
・電話番号:0977-22-0445
・営業時間:11:30~14:00、18:00~20:00
・定休日:水曜日

別府温泉のランチで、地元名産品と美食を味わい尽くそう!

提供:別府市

温泉や観光はもちろん、その土地でしか味わえない旬のグルメを堪能するのも旅の醍醐味。古くから愛される究極のグルメや地元の食材を贅沢に使った料理を思う存分味わえば、心も体も満足すること間違いなしです。