「勘解由小路」さんは何と読む?難読名字クイズ

更新日:2022年9月13日

何万も存在する名字の中には、読めそうで読めない名字も多数。
今回は、あの温泉地にまつわる難読名字をクイズに!
さあ、あなたは読める?読めそうで読めない難読名字に挑戦だ。
きっと誰かに話したくなること間違いなし!

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

出典:PIXTA

全国のなかで山口県におよそ10人しかいないとされる、「勘解由小路」さん。

さて、「勘解由小路」はなんと読むでしょうか?

「勘解由小路」の答えはこちら。読めましたか?

正解は、「かでのこうじ」でした。

「勘解由小路」は、元々は京都の小路の名称で、勘解由使庁の所在地のこと。

そこに屋敷を構え、地名を名字としたとされています。

現在は、山口県に少数住んでいるそう。

多くの勘解由小路さんが住む山口県の代表的な温泉といえば、湯田温泉や長門湯本温泉。

それぞれ、どんな温泉地か詳しくみていきましょう!

湯田温泉とはどんな温泉?

出典:PIXTA

「湯田(ゆだ)温泉」は、山口県山口市にある温泉。

豊富な湯量が特徴で、1日に2,000tもの温泉が湧出しています。

白狐が見つけたという言われから、温泉街の足湯など至るところで可愛らしい白狐の像に出会えます。

出典:PIXTA

泉質は肌ざわりの柔らかいアルカリ性単純温泉。

神経痛、関節痛、うちみ、くじき、慢性消化器病などの効能があります。

<温泉地詳細>
・住所:山口県山口市湯田温泉

長門湯本温泉とはどんな温泉?

出典:PIXTA

「長門湯本(ながとゆもと)温泉」は、山口県の山あいにある清流沿いの小さな温泉郷。

山口県では、最も古い約600年の歴史を持ちます。

地域のシンボル「立ち寄り湯 恩湯」を中心とした温泉街は、古き良き伝統を受け継ぎつつ、新たなものを取り入れるまちづくりが評価され、土木学会デザイン賞2021で「最優秀賞」を受賞しました。

おしゃれに生まれ変わった長門湯本温泉の人気は急上昇中です。

出典:PIXTA

泉質はアルカリ性単純温泉。

肌に優しい湯で、化粧水成分に近い美肌の湯として親しまれています。

<温泉地詳細>
・住所: 山口県長門市深川湯本

湯田温泉や長門湯本温泉へ行ってみよう!

出典:PIXTA

湯田温泉や長門湯本温泉は、山口県の温泉の中で1・2位の人気を誇る温泉地です。

歴史ある温泉地に出かけ、ゆったりと温泉で癒されませんか?もしかしたら、勘解由小路さんとの出会いもあるかもしれません。