提供:​​五峰荘

【福島】福島県の日帰り温泉おすすめ14選!2023年版

更新日:2023年6月16日

この記事を書いた人

たけちゃん

普段はパソコンと向き合うデスクワーク、休日は疲労回復&リラックスのために温泉を訪れるのが定番の過ごし方。温泉情報には常にアンテナを張って、気になる温泉があるとちょっと遠くてもドライブがてら遠出します。山の中にある温泉や海の近くなど、自然の中にある温泉が好きです。温泉でリフレッシュした後は、近隣のおすすめグルメをチェックするのも恒例です。

福島県は、「東山温泉」や「磐梯熱海(ばんだいあたみ)温泉」、「飯坂(いいざか)温泉」などの有名温泉地から穴場の温泉地まで、県内に100をゆうに超える温泉地がある温泉王国です。温泉の泉質も多種多様で、個性豊かな温泉が揃います。今回は、福島県の日帰り入浴ができる人気の温泉施設・宿を厳選し、県北・県中・県南・会津・南会津・いわきエリアに分けてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

<県北エリア>

【高湯温泉】広々とした露天風呂で楽しむ白い濁り湯「安達屋」

提供:高湯温泉観光協会

奥州三高湯の一つとされる「高湯(たかゆ)温泉」は、400年の歴史を持ちます。

白い濁り湯の硫黄泉が特徴で、温泉地の辺り一面には硫黄の匂いがたちこめ、温泉気分を満喫できると高い人気を誇ります。

「安達屋」は、高湯温泉の名湯を源泉かけ流しで楽しめる宿。

湯の川と称される広々とした露天風呂は開放感に満ち、打たせ湯や洞窟風呂といった趣向も楽しみながら、やすらぎのひとときが過ごせます。

一方、湯宿の風情あふれる内湯では、高湯温泉の起源である安達屋の歴史に思いを馳せながら入浴が楽しめます。また、追加料金で貸切内湯も利用できます。

<施設詳細>
・施設名:安達屋
・住所:福島県福島市町庭坂字高湯21
・電話番号:024-591-1155
・営業時間:10:30~13:00(最終受付)
・定休日:火・金曜日、その他不定休 ※混雑状況によって利用できない場合あり
・日帰り温泉の利用料:大人1,000円、小学生以下500円、貸切風呂(1組)日帰り利用料+1,100円


【微温湯温泉】東の横綱の称号を持つぬるゆの名湯「旅館二階堂」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ナオピー(@mitchy.love)がシェアした投稿

高湯温泉の宿の中でもひときわ標高の高い場所に佇むのが、「微温湯(ぬるゆ)温泉」の一軒宿「旅館二階堂」です。

日本ぬる湯番付で東の横綱の称号を得た湯は、名称の通り源泉温度が約32度とぬるめ。

殺菌効果が高く白内障やドライアイなど眼の疾患へ特に効能があるといわれ、長く浸かることでその効能をじっくりと堪能できます。

また、湯上がりのさっぱり爽快感もたまりません。

男女別の内湯には、源泉かけ流しのままで楽しめる湯船の他に、源泉を加熱した湯船もあるので、好みの楽しみ方ができます。

<施設詳細>
・施設名:旅館二階堂
・住所:福島県福島市桜本温湯11
・電話番号:024-591-3173
・営業時間:お問い合わせください
・定休日:お問い合わせください ※雪深いところにあるため4月下旬〜11月下旬の営業
・日帰り温泉の利用料:500円


【土湯温泉】珍しい半分洞窟の露天風呂や立ち湯でゆったりと「秘湯 川上温泉」

提供:川上温泉

荒川の上流の川沿いに宿が立ち並ぶ、温泉情緒たっぷりの「土湯(つちゆ)温泉」。

肌に優しい単純温泉や白濁した硫黄泉、美人の湯とも呼ばれる炭酸水素塩泉など多種の泉質が湧出していて、公衆浴場や日帰り入浴を受け付けている宿で湯めぐりを楽しめます。

「秘湯 川上温泉」は、温泉街の中心からさらに荒川を登った所に静かに佇む宿です。

湯の滝が流れ落ちる立ち湯や、岩盤を掘って作られた半分洞窟半分露天の珍しい湯船を楽しめるのが特徴(お風呂は日毎で男女入れ替え)。どちらも大きいのでゆったりと手足を伸ばして過ごせます。

さらに、青森ひば造りの内湯で、木の温もりに包まれながらほっこり入浴することも。追加料金で個室休憩プランも利用可能です。

<施設詳細>
・施設名:秘湯 川上温泉
・住所:福島県福島市土湯温泉町字川上7
・電話番号:024-595-2136
・営業時間:土~木曜日9:00~21:00(最終受付20:00)※金曜日は清掃のため15:00~21:00、個室休憩プラン9:00~21:00(最終受付15:00)※電話で前日までに予約
・定休日:お問い合わせください ※個室休憩プランは金曜日・年末年始休み(土・日・連休はお問い合わせください)
・日帰り温泉の利用料:大人800円(3時間)、小人(3歳~小学生)400円、個室休憩プラン(5時間まで、2名以上、入浴料別)1名6畳3,000円〜 ※個室休憩の利用は要予約


【岳温泉】湯の花浮かぶ温泉風情たっぷりの白濁湯「お宿 花かんざし」

提供:お宿 花かんざし

「岳(だけ)温泉」は、安達太良(あだたら)山の麓の高原にある温泉地で、国民温泉保養地に指定されています。

源泉から温泉街まで8kmもの長さを引き湯することで、自然に湯もみされ肌に優しい湯が楽しめます。

全国でも珍しい酸性泉で高い殺菌力があり、慢性皮膚病、特に水虫、切り傷などに効能があります。

お宿 花かんざし」は、その名湯を源泉100%かけ流しで堪能できる宿。昭和初期に建てられた、木造のぬくもりに包まれる宿です。

提供:お宿 花かんざし

大浴場は男女入れ替え制で、石造りの内風呂とヒバの湯舟の露天風呂があります。

湯の花が浮かぶ白濁湯は温泉風情たっぷり。会席料理付きの夜プランで日帰り温泉が利用できます。

<施設詳細>
・施設名:お宿 花かんざし
・住所:福島県二本松市岳温泉1-104
・電話番号:0243-24-2110(9:00~21:00)
・営業時間:15:00~20:30(5時間半利用)
・定休日:​​休前日
・日帰り温泉の利用料:夜プラン8,000円 ※2名様からの受付、利用日の前日までに要予約

※2023年3月時点、昼プランの提供は休止中です。

【飯坂温泉】一番古い歴史を持つ共同浴場「鯖湖湯」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukie💙温泉録(@y_500_22)がシェアした投稿

奥州三名湯の一つ「飯坂温泉」は、2世紀頃に日本武尊が東征の折に立ち寄ったといわれる古湯です。

摺上(すりかみ)川を中心に、9つの共同浴場と大小さまざまな旅館、4つの足湯と湯めぐりが楽しめます。

飯坂温泉の「鯖湖湯(さばこゆ)」は、飯坂温泉で一番古い共同浴場。

明治時代の共同湯を再現した浴場にはレトロな雰囲気が漂い、ヒバの香りに包まれながら御影石の湯船に浸かりゆったりと過ごせます。

泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛や筋肉痛、冷え性、疲労回復などへ効能があります。

<施設詳細>
・施設名:鯖湖湯
・住所:福島県福島市飯坂町湯沢32
・電話番号:024-542-5223
・営業時間:6:00~22:00(最終受付21:40)
・定休日:月曜日(祝日の場合は通常営業)
・日帰り温泉の利用料:大人200円、小人(1〜11歳)100円