• グルメ
  • 宮城県
  • 東北
  • 鳴子温泉

【2021年版】鳴子温泉グルメ決定版10選!地鶏南蛮そばにわらび餅も

更新日:2020年2月19日

宮城県の「鳴子(なるこ)温泉」は、日本の温泉に存在する11種類の泉質のうち9種類もある日本を代表する温泉地です。今回はそんな鳴子温泉を訪れた際に、ぜひ足を運んでほしいグルメのお店をご紹介します。ぜひ鳴子温泉で美味しい料理をいただき、心も体も満たされてください!

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

【ランチ】地元でとれた山菜たっぷりの蕎麦が美味しい「ゑがほ食堂」

「ゑがほ(えがお)食堂」は鳴子温泉駅近くにある美味しい蕎麦が食べられる名店です。

中でも人気は「山菜きのこそば」(1,080円)。

のど越しのよい蕎麦に、採れたてのなめこや舞茸などのキノコ類や山菜がたっぷり乗っています。

とろみが効いていて、特に寒い季節に味わってもらいたい逸品です。

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉湯元2-4
・電話番号:0229-83-3074
・営業時間:9:00~16:00、17:00~19:30

【ランチ】温泉街に佇むレトロな喫茶店「コーヒーハウス純」

「コーヒーハウス純」は、レトロな雰囲気の純喫茶です。

ミートソースやオムライス、ハンバーグといった洋風メニューが揃っていて、ランチメニューは1,000円前後で数種類用意されています。

おすすめは「ふわふわ卵のオムライス」(800円)。

ふわとろの卵とソース、チキンライスが絶妙なハーモニーを生み、思わず笑顔になれる逸品です。

他にもマスター自慢のトマトソースがかかる「ポークビカタ」(1,050円)もおすすめです。

また、コーヒーハウス純ではコーヒーの種類を多く取り扱っており、サイフォンで淹れた本格コーヒーが楽しめます。

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉湯元107
・電話番号:+0229-82-2316
・営業時間:9:00~18:30

【ランチ】美しい庭を眺めながら食事ができる「たかはし亭」

「たかはし亭」は、手入れの行き届いた美しい庭を眺めながら食事がとれるお店です。

おすすめは、山形牛を使った上品な「極旨牛丼」(1,800円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tabetaiwaがシェアした投稿

極旨牛丼は上質な山形牛が使用されていて、柔らかさと噛むほどに染み出てくる深い旨味が絶品です。豆腐の塩漬け、野菜のピクルスも付いています。

他にも、温泉卵入りのカレーやかた焼きそばのカレーがけなど、カレーを使ったメニューも人気です。

たかはし亭の建屋は古民家風で、店内には甲冑や鳴子特産のこけしが飾ってある、店主こだわりの趣のあるお店です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yocchin(@yocchin2)がシェアした投稿

<店舗詳細>
・住所: 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷121-1
・電話番号:0229-81-1510
・営業時間:10:00~15:00

【ランチ】鳴子温泉駅すぐそばのアットホームなお店「ふじや食堂」

「ふじや食堂」は鳴子温泉近くにあるアクセスしやすいお店です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

競高野(@k_takano_)がシェアした投稿

立地と手頃な価格帯による気軽さがウリの食堂です。

そばやうどんなどの麺類や親子丼など定番のメニューを中心に種類が豊富で、郷土料理である「おくずがけ」も食べられるお店です。

おくずがけはとろみのある醤油味の汁に、郷土野菜や油揚げなどを入れて煮込んだ料理です。精進料理としても食べられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

xunyuzhi(@xunyuzhi)がシェアした投稿

甘さ控えめな素朴な味のつゆが、どこか懐かしさを感じさせ、ほっとさせてくれます。

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉湯元110-2
・電話番号:0229-83-2232
・営業時間:10:00~20:00

【ディナー】コスパ抜群!みずみずしいお蕎麦が堪能できる「そば処 小花」

「そば処 小花」は鳴子温泉近くにある本格的なそばが味わえるお蕎麦屋さんです。

中でもおすすめなのが「地鶏南蛮そば」(800円)。

みずみずしい蕎麦と風味のある鴨南蛮が合わさり、思わず箸が進みます。

特に寒い冬は体の芯から温めてくれるのでおすすめです。

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉湯元87
・電話番号:0229-83-2126
・営業時間:11:00~22:00

【ディナー】スタミナ満点ラージャー麺が人気「よし乃や食堂」

「よし乃や食堂」は、ニンニクや香辛料たっぷりの「ラージャー麺」をいただける中華店です。

食べ応えのあるボリューム満点の一杯を楽しめます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tetsuya sasaki(@tetsuya700)がシェアした投稿

辛い物が苦手という方には、五目そばやチャーシュー麺もおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちば ともかず(@chibatomokazu)がシェアした投稿

中華店らしく、ラーメンやチャーハンなどのご飯もの、野菜炒めなど一品メニューも豊富に用意されています。

また鳴子温泉周辺で昔から伝わる、保存食の豆腐を凍らせて熟成した「凍(し)みっぱなし」をご飯の上に乗せた「凍みっぱなし丼」も提供されています。

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷47-2
・電話番号:0772-27-0125
・営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00

【ディナー】鳴子温泉で洋食ランチを楽しむならココ!「銀の匙」

「銀の匙(ぎんのさじ)」は、マスターが一人で切り盛りしている洋食レストランです。

昔ながらのハンバーグやビーフシチュー、メンチカツなどの洋食メニューをいただけます。

どれも手の込んだメニューで見た目も美しいです。

中でもおすすめは、ライスと味噌汁が付いた「カニクリームコロッケ定食」(900円)で、さくさくしたフライと中から溢れ出るカニの旨味を楽しめます。

アルコールメニューも用意されていて、鳴子のお米と水を使い丁寧に醸造された地酒「友酔(ゆうすい)」がおすすめです。

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷63-1
・電話番号:0229-83-2895
・営業時間:11:30~15:00、17:30~21:00

【スイーツ&食べ歩き】地元の食材で作るジェラートが美味しい「なるこりん 鳴子店」

「なるこりん鳴子店」は、地元の旬の野菜や果物を使ったジェラートが楽しめるお店です。

日本ジェラート協会主催のジェラートマエストロコンテストで優勝した実績を持ち、ハイレベルなジェラートを提供しています。

おすすめは、山形のサクランボ「佐藤錦(さとうにしき)」を使ったサクランボジェラートです。

甘さを抑え、佐藤錦を引き立てた豊かな風味が味わえます。

旬の食材を使っているので一部メニューは季節に応じて入れ替わります。見かけたときがチャンスです!

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉要害38
・電話番号:0229-84-6688
・営業時間:10:00~18:00

【スイーツ&食べ歩き】出来立てほやほやの栗団子を堪能できる「餅処 深瀬」

「餅処 深瀬」は鳴子温泉名物の栗団子が堪能できるお店です。

栗だんごは栗をまるごと1個使った甘露煮の入ったみたらし団子です。

提供:餅処 深瀬

鳴子で人気のスイーツで、店内のイートインスペースで食べられるほか、テイクアウトすることもできます。

テイクアウト用には2個入りと5個入りがあります。

たっぷり入ったみたらしがこぼれやすいので、傾けないように注意して持ち帰りましょう。

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉湯元24-2
・電話番号:0229-83-2146
・営業時間:8:00~18:00

【スイーツ&食べ歩き】喫茶店風な雰囲気が心地よい「おかしときっさ たまごや」

「おかしときっさ たまごや」は、和と洋のスイーツが揃うお菓子屋さんです。

玉子屋本店の中に喫茶店スペースが設けられています。

シュークリームやタルトなど、優しい甘さのスイーツが味わえ、中でも人気のスイーツが「パリブレスト・シュークリーム」(238円)です。

そしてお土産として人気があるのが本物のわらび粉を使った「わらび餅」です(2個入り 184円、9個入り 918円)。

わらびの根からとった、本物のわらび粉が使用されていて、鳴子温泉の定番のお土産になっています。

<店舗詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉湯元102-1
・電話番号:0229-83-3021
・営業時間:9:00~16:00

鳴子温泉でグルメを堪能する旅へ出かけよう!


今回は、鳴子温泉に訪れた際におすすめのグルメスポットを10か所ご紹介しました。

身体温まるお蕎麦から、心をほっこりさせてくれる甘いスイーツまで、地元の食材をふんだんにつかったグルメが沢山あります。

自分にぴったりのグルメと泉質を探しに、鳴子温泉へ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。