提供:草津熱帯圏

カピバラと触れ合える「草津熱帯圏」の楽しみ方

更新日:2021年5月7日

草津温泉といえば、ヤマトタケルノミコトや源頼朝が発見したという伝説も残る、歴史ある温泉です。かの豊臣秀吉にも愛されたその泉質はあらゆる病に効能があるといわれ、温泉好きもそうでない人も一度は訪れてみたい名湯です。今回は、草津温泉エリアにあり子どもも大人も楽しめる動植物の楽園「草津熱帯圏」をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

草津熱帯圏の基本情報

提供:草津熱帯圏

まずは草津熱帯圏のスポット情報をチェックしておきましょう。

草津熱帯圏へのアクセス・営業時間など

草津熱帯圏は、草津温泉の名物として知られる湯畑から徒歩約10分、草津温泉バスターミナルから徒歩12分と、温泉旅行の合間に楽しむのにぴったりの施設です。温泉街の中にあり、日帰り温泉やおみやげ店めぐりのついでに気軽に立ち寄ることができます。100台駐車可能な無料駐車場も備え、マイカーやレンタカーでのアクセスも便利です。

住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津286
電話番号 0279-88-3271
営業時間  8:30~17:30(チケットは17:00)
定休日  なし
<料金>
大人 1,100円/高校生 800円/小人(4才以上)700円
URL http://nettaiken.com/

草津熱帯圏の魅力

施設内は熱帯ドームを中心に、屋外展示、昆虫館の3ゾーンに分かれています。高さ15メートルのドームの中にはカピバラや巨大なワニ、ナマケモノ、エリマキキツネザル、ヘビなどが暮らし、まるで小さなジャングルのよう。屋外の猿山ではニホンザルのユーモラスな姿を見ることができます。毎年夏期に開催される昆虫展や、動物とのふれあいやエサやり、ヘビとの記念撮影も人気です。

草津熱帯圏の見どころ

草津熱帯圏は、日本一標高の高い場所にある動物園としても知られています。お出かけ前に見どころをチェックしておきましょう。

迫力満点の熱帯ドーム

提供:草津熱帯圏

一番の見どころは、温泉の熱を利用して亜熱帯の環境を再現した熱帯ドームです。内部にはジャングルのように巨大な植物が生い茂り、カピバラやアリクイといった哺乳類をはじめ、爬虫類や鳥類などが多数飼育されています。階層に分かれた構造で、動物たちをさまざまなアングルで観察しながら、トロピカルな気分で癒やしのひとときを楽しめます。

珍しい生き物がたくさん

提供:草津熱帯圏

草津熱帯圏のアイドルといえば、ずんぐりとした体とつぶらな瞳がキュートなカピバラですが、それだけではありません。マダガスカル島に分布するブラウンキツネザルや、トゲトゲのハリネズミ、鳥類ではフクロウや色鮮やかなルリコンゴウインコなどが出迎えてくれます。巨大なワニやリクガメは迫力があり、じっと目をこらせば地面の色と同化しているカエルも。大きな動物はいませんが、個性豊かな生き物たちがのびのびと暮らしています。

提供:草津熱帯圏

生き物たちと触れ合える

提供:草津熱帯圏

癒し系のカピバラをはじめ、生き物と触れ合えるのも魅力のひとつです。ただし生き物に触るときやエサをやるときは必ず係員さんの指示に従い、ルールを守って楽しみましょう。勝手にエサをやるなどの行為はマナー違反のため注意してください。また、実施される日時はあらかじめ決まっているため、あらかじめ確認しておくと確実です。

草津熱帯圏で生き物たちと触れ合おう

アットホームな草津熱帯圏では、生き物たちを間近で見ることができます。必見のポイントをピックアップしました。

大人気の温泉に浸かるカピバラ

提供:草津熱帯圏

草津といえば、やっぱり温泉。カピバラたちも温泉が大好きです。草津熱帯圏に行ったら、温泉に浸かってしっとりしているカピバラファミリーの姿を楽しみましょう。カピバラ温泉はゆず湯になることもあり、風物詩としても有名です。

温泉に浸かってまったりする子もいれば、元気に遊び回っている子もいて、見ているだけで癒やされますよ。朝早めに行くとお湯がきれいなのでよく見えます。

温泉でまったりするサル

提供:草津熱帯圏

屋外のサル山で暮らすニホンザルたちのためには、ぜいたくな露天風呂が用意されています。冬になれば、降りしきる雪の中で温泉に浸かりまったり過ごす姿が見られるかと思いきや、温泉に浸かるより湯気にあたってあたたまる方が好きだとか。微笑ましいですね。

寒さが厳しくなると数匹のサル同士で体を寄せ合い、ひとかたまりのサル団子になっている姿を見ることができます。

こそばゆいドクターフィッシュ(ガラルファ)体験

ドクター(ビューティー)フィッシュとは、人間の古い皮膚の角質を食べる性質を持つ、ガラルファという魚のことです。ガラルファの水槽に手や足を入れるとわらわらと寄ってきて、皮膚をツンツンとつつくようについばみ始めます。ムズムズとこそばゆい不思議な感覚に、思わず声が出てしまうことも。たくさんの魚が一斉に寄ってくるので、くすぐったがりやの人は心してチャレンジしましょう。

巨大ヘビと記念撮影

提供:草津熱帯圏

ヘビといえば、神様として崇められることもある神秘的な存在です。草津熱帯圏では、日常生活ではお目にかかることのない巨大なヘビを首に巻き付けて記念撮影ができます。ヘビの体は意外にもサラサラとしていて、独特の気持ちよさがあり、写真としてのインパクトもばつぐん。一生の記念になること間違いありません。撮影できるヘビの種類は日によって異なりますので、その日の出会いを楽しみましょう。

貴重な生き物たちに会いに草津熱帯圏へ行こう

提供:草津熱帯圏

温泉の熱を使って亜熱帯の生き物をたくさん飼育している草津熱帯圏は、温泉地ならではのお出かけスポットです。エリマキトカゲや白蛇テキサスラットスネークをはじめ、貴重な動物も少なくありません。草津温泉に行ったら、ぜひ草津熱帯圏に足を伸ばしてかわいい動物たちに会いにいきましょう。