【教えて!温泉ソムリエ】糖尿病に効用のある温泉ベスト5

更新日:2022年5月17日

この記事を書いた人

ともきち

温泉が好きで、年に数回は友人や家族と国内旅行を計画し、色々な温泉地へ出かけています。温泉の中でも、濁り湯の露天風呂が特に好みです。旅先では、有名観光地や絶景スポットをひと通りまわり、地元の名物料理やお菓子の食べ歩きも欠かしません。旅好きならではの視点で、温泉地の情報や温泉にまつわる知識など、魅力あふれる記事をお届けします。

厚生労働省の発表によると、40歳以上の日本人では10人に1人は罹っているという「糖尿病」。今回は、環境省の「温泉療養のイ・ロ・ハ」で糖尿病への効能があるとされる温泉の中から、温泉ソムリエがおすすめする温泉ベスト5をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

 

【監修】温泉ソムリエ:sdpさん
・温泉ソムリエ 2020年11月取得
・高齢者入浴アドバイザー 2021年1月取得
元バスガイド。各地の温泉地を巡り温泉好きに。温泉巡りの趣味が高じて資格取得。
各地の温泉や自宅で楽しめる入浴法等をSNSで発信中。
SNS:Instagram

温泉ソムリエとは?

温泉ソムリエ協会が運営している民間資格のこと。「温泉の知識」と「正しい入浴法」を身につけることができます。

医療従事者をはじめ、年齢や職業問わず取得者が増えている人気の資格の一つです。

糖尿病にはどんな症状があるの?

出典:PIXTA

糖尿病は、血糖値を一定に保つ働きをする”インスリン”というホルモンが、うまく機能しなくなる病気です。

近年、患者が増加し続けている糖尿病。その糖尿病患者の半数ほどが65歳以上の高齢者といわれています。

注意しなければいけないのは、糖尿病の初期には自覚症状がほぼ現れないということ。

ただ、高い血糖値が続くと次のような症状が出てきます。

・のどや口の中が渇きやすく、水分を多く取るようになる
・尿の回数や量が増える
・空腹感が強くなり、食べてもすぐにお腹が空く
・体重が急に減り、疲れやすくなる

など

さらに、糖尿病が進行してしまうと、次のような症状が現れます。

・目がかすんで、ものが見えにくくなる(失明する場合も)
・手がしびれたり、皮膚がかゆくなったりする
・ちょっとした傷が化膿しやすくなる

など

早めに糖尿病を見つけるためには定期的な採血検査がおすすめです。上の症状に当てはまるなど、気になる方は一度検査を受けてみると良いかもしれません。

参考:福岡医師会|糖尿病は万病のもと 適正な食事、運動が大切
参考:鳥居泌尿器科・内科|糖尿病について

糖尿病は万病の元。高齢者は特に注意!

出典:PIXTA

糖尿病が恐ろしいのは、さまざまな合併症を引き起こすこと。

網膜症や腎症、動脈硬化症、脳梗塞、心筋梗塞などを併発する可能性があります。

特に高齢者が糖尿病にかかると、糖尿病ではない同じ年齢の方と比べ、動脈硬化症の危険性は3倍にも膨らみます。

また、認知症や骨折、筋力、筋肉量の低下、心身の虚弱化などの老年症候群も糖尿病と深く関係しているといわれています。

参考:福岡医師会|糖尿病は万病のもと 適正な食事、運動が大切

温泉で糖尿病を改善できる⁈

出典:PIXTA

糖尿病の改善には、食事療法や運動療法などで生活習慣を見直すのが良いのですが、温泉の浴用や飲料でも糖尿病に薬効があります。

入浴すると基礎代謝が増え、血液循環が活発になりホルモン分泌が高まり、インスリンも十分に作用するようになります。

環境省の「温泉療養イ・ロ・ハ」によると、全ての泉質のうち、「酸性泉」において泉別適応症に糖尿病が指定されています。

ただ、酸性泉は肌の弱い方は皮膚がただれてしまうこともあるほど体への刺激が強く、湯あたりもしやすいです。

長湯は控え、石鹸で体を洗うこともやめておきましょう。湯上がり後は、しっかりとシャワーで洗い流すこともお忘れなく。