出典:PIXTA

<2021年版>箱根湯本温泉ランチ決定版10選!蕎麦からカレーまで

更新日:2021年6月7日

箱根の玄関口である神奈川県の「箱根湯本(はこねゆもと)温泉」は箱根で最も古い歴史のある温泉地。20もある箱根温泉郷で一番大きい温泉街とも言われ、全国的にも有名です。

四季折々楽しめる名所が充実している箱根には、温泉とともに訪れたい魅力的なグルメが多数あります。

今回は、ランチにぜひ立ち寄りたい、おすすめのグルメスポットを10軒ご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

自然薯と卵だけの蕎麦「はつ花そば本店」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

w@ka(@waka.e)がシェアした投稿

「はつ花そば本店」は箱根湯本駅から徒歩5分、早川に架かる湯本橋のたもとにあります。

「はつ花そば」の蕎麦は水を一切使っておらず、つなぎは自然薯(じねんじょ)と卵だけのため強いコシがあり、時間が経っても伸びにくい特長もあります。

人気は、天ぷらそばに自然薯が付いた定食(1,300円)。サクサクの天ぷらと、とろとろの自然薯の異なる食感が楽しめます。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本635
・電話番号:0460-85-8287
・営業時間:10:00~7:00
・定休日:水曜日(祝日の場合は前日か翌日)

汲み湯葉のとろける美味しさ「湯葉丼直吉」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_oishimono_nikki_がシェアした投稿

箱根大平台の名水「姫の水」で作る箱根の味、汲み上げ(くみあげ)湯葉。一人前ずつ土鍋で提供される看板メニューの「湯葉丼」(1,100円)は、湯葉を特製カツオ出汁で煮込み、ふんわりと玉子でとじた丼。

連日行列ができる人気の「湯葉丼直吉」は、お腹にやさしく懐かしい味のとろける汲み湯葉が堪能できる店です。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本696
・電話番号:0460-85-5148
・営業時間:11:00~19:00(L.O.18:00)
・定休日:火曜日

歯応えのある手打ちの麺ラーメン「日清亭本店」

提供:日清亭本店

地元の方にも人気の高い、大正元年創業のラーメン店。「ラーメン」(600円)などお手頃価格で美味しい中華が味わえます。

中国伝来の本格手打ち麺は完成まで実に三時間を要するこだわりの麺で歯応え抜群。店頭では手打ち麺の実演が見られます。あっさりスープなのでさらっと一杯たいらげられます。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本703
・電話番号:0460-85-5244
・営業時間:(月〜金曜日)11:00~15:00(L.O.)、17:00~20:00(L.O.)、(土・日・祝日)11:00~21:00(L.O.)
・定休日:なし

蕎麦も良いが、カラッと揚がった天婦羅丼がいち押し「山そば」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

凛太郎/ Rintaro 33(@rintan_1125)がシェアした投稿

箱根湯本駅からすぐの老舗蕎麦屋。地元の自然薯をつなぎに使い、箱根の名水で打った「山そば」の蕎麦は、風味が良くコシの強さもひときわ。

蕎麦も美味しいですが、いち押しは魚沼産(うおぬまさん)の白米にカラッと揚がった大きな天婦羅(てんぷら)がのった天丼。代々継ぎ足した甘辛い秘伝のつゆがたまらない一品です。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本704
・電話番号:0460-85-7889
・営業時間:11:00~19:00
・定休日:木曜日

出汁のコクと味噌が生み出す豊かな味わい「知客茶家」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

k(@dojidane)がシェアした投稿

昭和初期の別荘を利用した趣のある佇まいの、豆腐・湯葉と山芋料理の専門店「知客茶家(しかぢゃや)」。

山芋のとろろをたっぷりかけた「早雲(そううん)豆腐」が名物です。 豆腐に染み込んだ昆布出汁のコクと、とろろに使用している味噌が生み出す風味豊かな味わいを堪能することができます。「早雲豆腐」が付いた「山芋点心」は1,930円。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本640
・電話番号:0460-85-5751
・営業時間:11:00~14:15(L.O.)、16:30~18:45(L.O.) ※毎週水曜日はランチのみ営業
・定休日:木曜日(祝日の場合営業)、水曜日の夜

ボリューム満点。ザ・街の洋食屋さん「スコット」

提供:スコット

60年以上の歴史ある洋食店で味わえるのは、シチュー・ポークソテー・コロッケなど、どれもボリュームたっぷりのメニュー。

厚みが5cmもある「カニクリームコロッケ」(1個350円)は、蟹味噌や蟹身がゴロゴロと入っていてやみつきになること間違いなし。大人がゆったり食事を楽しめる洋食店です(10歳未満は入店不可)。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本694-20
・電話番号:0460-85-7744
・営業時間:11:00~14:30(L.O.)
・定休日:不定休

相模湾のとれたて鯵・穴子の寿司「はこね 中村家」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sshusayoがシェアした投稿

箱根湯本駅近くにある昭和24年創業の寿司屋。相模湾のとれたて鯵(あじ)ととろける穴子の名物握り「鯵・穴子寿司」(2,000円)が味わえます。

10月から5月限定の、穴子を中心に13種のネタの入った温かいちらし鮨のような「蒸し寿司」(2,200円)も有名。気軽に入りやすいので女性の客も多いお店です。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本691
・電話番号:0460-85-7351
・営業時間:11:30~17:00
・定休日:水・木曜日

間違いなし。冨士屋ホテルのランチビュッフェ「姫沙羅」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

mikaduki33yuuji(@mikaduki33yuuji)がシェアした投稿

湯本富士屋ホテルのメインレストラン、日本料理「姫沙羅(ひめしゃら)」。

ランチタイムはバイキングメニューから料理を注文すると、シェフによる作り立てが次々と運ばれてくる方式です。

デザートも好みを選べ、コーヒーやオレンジジュースなどのソフトドリンクも含まれて大人3,200円、小学生1,600円、3歳以上800円。味はどれもハズレなしと好評です。富士屋ホテル名物、トマトの酸味と野菜のコクや甘みを感じるカレーも食べ放題です。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本256-1
・電話番号:0460-85-6111
・営業時間:7:00~9:00、11:30~13:30、18:00または20:00(L.O 20:30)
・定休日:なし

素材本来の味で勝負。行列のできるカレー屋さん「かれー心」

提供:かれー心

「かれー心」は、化学調味料を一切使用しないこだわりの店。

「心(こころ)カレー」(1,200円)は鉄鍋でグツグツと煮込まれていてアツアツ。寸胴で5時間以上煮込んだビーフブイヨンには17種類のスパイスが混ぜられています。カレールーは、フルーツや野菜の甘さでさほど辛くは感じませんが、ブイヨンのスパイスが絶妙に効いています。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本475-8
・電話番号:0460-85-8556
・営業時間:11:00~14:30(L.O.14:00)、17:00~20:15(L.O.19:30)
・定休日:月曜日(祝日は営業)

鯛ごはんと京懐石が評判「瓔珞」

 

鯛ごはんと京懐石の店「瓔珞(ようらく)」。

看板商品の鯛ごはんは箱根山の天然水を用いた昆布だしで炊いたご飯と、赤穂の天然塩で焼いた鯛の身をほぐしたもの。

メディアなどで何度も紹介され今では箱根名物と評されています。窓からは国指定重要文化財の千歳橋と早川の渓流、歴史ある塔之澤(とうのさわ)温泉と四季折々の自然が楽しめます。ランチは2,980円~。

<店舗詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤84
・電話番号:0460-85-8878
・営業時間:11:30〜14:30(L.O.)、(金・土・日曜日)17:30〜18:30(L.O.) ※夜は予約のみ
・定休日:水曜日

箱根湯本温泉でしか味わえない絶品ランチを食べに行こう!

出典:PIXTA

一年を通じて楽しめる観光スポットも充実していて、何度訪れても楽しめる箱根。美しい景色と共に箱根の大自然が生んだグルメを味わえば、箱根の虜になり、またすぐに再訪したくなること必至です。