【宮城】「鳴子温泉」ぶらり日帰り旅!温泉と名物 山菜なめこそばを堪能

更新日:2020年2月19日

「あまり長居はできないけれど、少しでも癒しの時間が欲しい!」そう思われる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、宮城県の「鳴子(なるこ)温泉」ぶらり日帰り旅のプランをご紹介します。 鳴子温泉は日本にある11種類の泉質のうち、9種類を有していることから、名高い温泉地となっています。
ぜひこのプランを参考に鳴子温泉へと足を運ばれてみてください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

  • 日帰りで温泉旅行に出かけたい
  • 名物こけしの製造の様子を見たい
  • 地元グルメを堪能したい

旅のしおり

〈10:30〉鳴子温泉駅に到着
〈11:00〉東多賀の湯で立ち寄り湯
〈13:00〉ゑがほ食堂でランチ
〈15:00〉岡崎斉の店でこけし製造見学
〈16:00〉鳴子温泉街を散策
〈17:30〉鳴子温泉駅を出発

鳴子温泉日帰り旅のスタート

〈10:30〉鳴子温泉駅に到着

鳴子温泉駅に着いたら、鳴子温泉日帰り旅のスタートです。

<参考>
【東京駅より】→(東北新幹線・約120分)仙台→(東北新幹線・約15分)古川→(奥羽東線快速・約40分)鳴子温泉

この鳴子温泉駅を出るとすぐに鳴子温泉街が始まります。

駅に着くと、どこからともなくほのかな硫黄のにおいが漂い、「温泉地に来た!」と気分も高まります。

駅前には、休憩ができるちょっとしたベンチも用意されているので、事前に旅程を確認してから出発するのもよいでしょう。

可愛らしい案内板もありますので、ぜひチェックしてみてください。

まずは立ち寄り入浴に向かいます。

<施設詳細>
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉河原湯
・電話番号:050-2016-1600
・観光マップ:A地点


↓徒歩約15分