出典:PIXTA

箱根湯本温泉のお出かけ前に。気候と服装をチェック!

更新日:2021年5月31日

旅行には、できる限り荷物を少なくして身軽に出かけたいと思うものの、いつも頭を悩ませてしまうのが服装の選び方。今回は、神奈川県の「箱根湯本(はこねゆもと)温泉」の季節ごとの気温や気候をもとに、目安となる服装などをご紹介いたします。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

箱根湯本温泉とは?

箱根温泉とは

出典:PIXTA

国内屈指の名湯として知られる箱根温泉郷。都心からアクセスする際の玄関口に位置する「箱根湯本温泉」は、温泉郷の中でも源泉数が最も多く、奈良時代に開湯して以来、箱根温泉の中心的存在です。

箱根湯本駅周辺には、土産物屋や温泉宿が軒を連ねる温泉街があり、国内外から多くの観光客が訪れ、連日賑わいをみせています。

年間を通してどんな気候?

出典:PIXTA

箱根湯本温泉のある箱根町の気候区分は「暖かい湿潤大陸性気候」に分類され、気温の年較差が大きいため四季の変化がはっきりとみられます。

外輪山の麓にある、標高約108mの箱根湯本の気温は、年間を通して東京とほぼ同じです。一方、同じ箱根町内でも、標高640mにある仙石原(せんごくはら)は箱根湯本と比べ常に3~4度気温が低くなります。

旅行の際には、箱根湯本から仙石原や芦ノ湖(あしのこ)まで足を伸ばすことを考えて、寒さ対策のためのプラス1枚を用意しましょう。

また、箱根町は年間を通して降雨量が多く、最も雨が多い9月は280mmほど降ります。旅には、折り畳み傘を持参するのがよいでしょう。

箱根湯本温泉の春(3月〜5月)の気候と服装

気温

(3月) 箱根町平均気温:6.5℃、東京都平均気温:8.5℃
(4月) 箱根町平均気温:11.2℃、東京都平均気温:13.4℃
(5月) 箱根町平均気温:15.7℃、東京都平均気温:18.2℃

※標高差の大きい箱根町の中で、箱根湯本は一番標高が低いエリアです。そのため箱根町の平均気温に対して、箱根湯本の気温はおよそ1〜2度高いと考えるのが妥当です。

服装

箱根湯本の3月は、東京より少し寒いぐらいの気温です。日中は箱根湯本・仙石原ともに20度前後まで上がる日もあるので、脱ぎ着しやすい服装が良いでしょう。

3月下旬になると箱根湯本で桜が開花し始めます。

4、5月は、箱根湯本・仙石原ともに最高気温が20℃を超える日が増えます。ただし、日中は暖かくても、仙石原など標高の高い地域では朝晩に冷え込む日があるのでジャケットなどを携帯することをおすすめします。

3月:ダウンジャケットや厚手のコート。マフラーや手袋が必要な日もあります。
4月:長袖のシャツやカーディガンにコートやジャケットが必要です。
5月:長袖のシャツやカーディガン。薄手のコートやジャケットを重ね着しておくと良いでしょう。

おすすめ観光スポット

桜の名所 早雲寺

 

この投稿をInstagramで見る

 

中嶋康友(@sikakugokaku)がシェアした投稿

箱根湯本のお花見スポットでおすすめは、「早雲寺(そううんじ)」。

毎年3月末頃から、鮮やかな桃色の紅シダレザクラが咲き、続いて薄桃色のソメイヨシノ、白いオオシマザクラ、そして、4月中旬頃には薄緑がかった花の色が珍しいギョイコウがほころび始めます。

鎌倉時代に造られた鐘、江戸時代に再建された本堂など、歴史あふれる早雲寺。境内を散策して、その歴史と花見の両方を楽しみましょう。

<スポット詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本405
・電話番号:0460-85-5133

箱根湯本温泉の夏(6月〜8月)の気候と服装

気温

(6月) 箱根町平均気温:19.2℃、東京都平均気温:21.5℃
(7月) 箱根町平均気温:23.2℃、東京都平均気温:25.3℃
(8月) 箱根町平均気温:24.0℃、東京都平均気温:26.5℃

※標高差の大きい箱根町の中で、箱根湯本は一番標高が低いエリアです。そのため箱根町の平均気温に対して、箱根湯本の気温はおよそ1〜2度高いと考えるのが妥当です。

服装

梅雨に入る6月には、アジサイが彩ります。雨が降ると寒く感じられることもあるので少し厚めの上着を用意しておくと便利です。

梅雨が明けると、箱根湯本は暑い夏を迎え、仙石原でも日中は半袖などで過ごせるようになりますが、急な天候の変化もあるので、やはり標高の高い地域に行く時は薄手のカーディガンなどを用意する方が安心です。

6月:半袖や長袖のシャツ、薄手のジャケットがあると良いでしょう。
7月・8月:半袖かノースリーブの通気性の良い服。日射病対策で帽子や日傘もあると安心です。雨や朝晩の冷えに備えて薄手のジャケットやカーディガンがあると良いでしょう。

おすすめ観光スポット

箱根神社

提供:箱根神社

2,000年以上の歴史を誇る「箱根神社」。奈良時代より関東の総鎮守大権現と崇敬された神社で、源頼朝や徳川家康など歴代の武将が参拝したことでも知られています。

現在でも家内安全・交通安全・心願成就・良縁などにご利益があるとされ、毎年多くの参拝者が訪れています。

神社の境内は大きな木々に囲まれているため夏でも涼しく感じられ、また、箱根神社のある芦ノ湖畔は心地良い風が吹きます。

<スポット詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
・電話番号:0460-83-7123

箱根湯本温泉の秋(9月〜11月)の気候と服装

気温

(9月) 箱根町平均気温:21.0℃、東京都平均気温:23.2℃
(10月) 箱根町平均気温:15.9℃、東京都平均気温:17.7℃
(11月) 箱根町平均気温:10.6℃、東京都平均気温:12.1℃

※標高差の大きい箱根町の中で、箱根湯本は一番標高が低いエリアです。そのため箱根町の平均気温に対して、箱根湯本の気温はおよそ1〜2度高いと考えるのが妥当です。

服装

9月中旬までは、日中は残暑も厳しく夏と同様の服装で出かけられますが、下旬になると標高の高い地域から一気に秋めいてきます。朝晩だけでなく日中も涼しく感じる日が増えるので、上着の上から羽織れる大判のストールなどがあると重宝します。

紅葉・ススキの見頃となる11月も下旬になると、夜はさらに冷え込み仙石原では氷点下を記録する日も出てきます。出かける際はコート・ブーツなど防寒対策をしましょう。また、秋の箱根は雨の日が多いので、雨具を必ず用意してください。

9月:昼間は半袖で十分。薄手のジャケットがあると良いでしょう。
10月:長袖のシャツやカーディガン。薄手のコートやジャケットを重ね着しておくと良いでしょう。
11月:セーターやカーディガン、コートやジャケットなどを重ね着。夜の外出には暖かいインナーなど、さらなる防寒対策も必要なことがあります。

おすすめ観光スポット

紅葉の名所 函嶺洞門のトンネル周辺の紅葉

出典:PIXTA

箱根湯本の紅葉スポットの中でおすすめなのは、「函嶺洞門(かんれいどうもん)」です。

箱根町にある塔ノ沢(とうのさわ)温泉付近の国道1号線に、落石防止のため造られたトンネル状の洞門で、毎年正月に実施される箱根駅伝のコースとして一躍有名なりました。

2014年に老朽化のために通行止めになりましたが、洞門に覆いかぶさるような見事な紅葉を見ようと、洞門の両側、函嶺洞門バイパスの入口脇の駐車場に多くの観光客が集まります。

<スポット詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本

箱根湯本温泉の冬(12月〜2月)の気候と服装

気温

(12月)箱根町平均気温:5.5℃、東京都平均気温:6.7℃
(1月) 箱根町平均気温:2.9℃、東京都平均気温:4.0℃
(2月) 箱根町平均気温:3.3℃、東京都平均気温:5.0℃

※標高差の大きい箱根町の中で、箱根湯本は一番標高が低いエリアです。そのため箱根町の平均気温に対して、箱根湯本の気温はおよそ1〜2度高いと考えるのが妥当です。

服装

冬の箱根湯本は、東京と同じ程度のジャケットやコートの外出着でよいですが、仙石原の平均気温は、最低気温がマイナス5℃以下になる日も多く、積雪もあるのでダウンコートにブーツ、マフラーなどしっかりした防寒対策が必須です。

冬は晴れの日が多く、芦ノ湖では雪化粧をした富士山の姿がはっきりと浮かび上がります。

12月:ジャケットやコート。マフラーや手袋が必要な日もあります。
1月・2月:ダウンジャケットや厚手のコートに加えてマフラー、手袋も必要。インナーにも暖かいものが必要です。

おすすめ観光スポット

芦ノ湖

出典:PIXTA

箱根観光の主要観光地「芦ノ湖(あしのこ)」は、1,300年ほど前に神山(かみやま)が水蒸気爆発をした際、崩れた土砂が川をせき止めてできた湖です。

芦ノ湖畔には、箱根関所跡や箱根神社、旧街道など訪れるべき観光スポットが数多く点在しています。

冬に訪れると、広大な湖と雪に覆われた富士山の絶景が見られます。

<スポット詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町

気温と服装を確認したら、早速箱根湯本温泉へ出かけよう!

出典:PIXTA

都心から約1時間半で行ける人気の観光地「箱根湯本温泉」。箱根湯本駅周辺には、足湯や日帰り温泉、神社仏閣などの観光スポットからグルメスポットまで充実しています。

今回の記事を参考に、気候にあった服装を準備して箱根湯本を堪能してください。

※参考:CLIMATE-DATA.ORG (すべての四季の気温)