【長野】信州にある「渋温泉」の1泊2日旅!温泉街の散策と外湯体験を満喫

更新日:2021年9月20日

長野県、信州にある「渋(しぶ)温泉」は、古くから湯治場・宿場として栄えた場所。大きな開発が行われなかったため、今でも情緒を残す温泉街を歩きながら、歴史を感じる外湯をめぐる体験ができます。今回は、そんな趣あふれる渋温泉へ1泊2日で出かける旅をご提案します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日で温泉旅行に出かけたい
・有名観光地は見ておきたい
・外湯を体験したい

旅のしおり

【Day1】

〈12:00〉渋温泉入り口バス停に到着
〈12:30〉やりやで蕎麦に舌鼓
〈14:30〉地獄谷野猿公苑を散策
〈16:30〉つばたや旅館で立ち寄り入浴
〈18:30〉宿にチェックイン

【Day2】

〈10:00〉横湯山温泉寺に参拝
〈10:30〉外湯:共同浴場めぐり
〈11:30〉酒蔵美術館で、日本画を鑑賞
〈12:30〉渋温泉食堂 gonkiでランチ
〈14:30〉外湯:共同浴場めぐりの続き
〈16:30〉渋温泉街でお土産購入
〈17:30〉渋温泉入り口バス停を出発

 

渋温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】「渋温泉入り口」バス停に到着

〈12:00〉
「渋温泉入り口」バス停に到着。さぁ渋温泉1泊2日の観光が始まります。

<参考:電車・バス>
【東京より】→JR北陸新幹線で「長野駅」まで約85分
【新大阪より】→JR東海道新幹線に乗り「名古屋駅」でJR中央本線特急に乗り換え「長野駅」まで約3時間42分
【金沢より】→JR北陸新幹線で「長野駅」まで約1時間30分
【長野駅】→ 長野電鉄湯田中行き特急で約50分、「湯田中駅」下車。湯田中駅から上林行きのバスに約7分乗り、「渋温泉入り口」にて下車。または、タクシーで5分。

横湯(よこゆ)川に沿って走るバスを「渋温泉入り口」バス停で降ります。川沿いの道と1本入った道一帯に渋温泉街の情緒あふれる建物が立ち並びます。

<施設詳細>
・スポット名:渋温泉入り口
・住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約1分

【Day1】「やり屋」で関東風の手打ち蕎麦に舌鼓

〈12:30〉

渋温泉での1食目は、関東風の手打ち蕎麦を。蕎麦屋「やり屋」は、畳敷きの小上がりがあり、ダルマや招き猫、絵の飾り付けが賑やかでアットホームなお店です。

ランチは、平打ちの蕎麦「ざる蕎麦」(650円)でさっぱりと。歯応えがしっかりとした蕎麦です。野沢菜のしゃきしゃき感がたまりません。

お腹に余裕があれば、ぜひ「信州サーモン」(1,500円)も。長野産の養殖サーモンは、脂が乗っていて、まろやかな味わいです。

<店舗詳細>
・店舗名:やり屋
・住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2165-2
・電話番号:0269-33-2619
・営業時間:11:00~16:00、18:00~22:00
・定休日:不定休
・観光マップ:Day1 B地点


↓車で8分(徒歩で約43分)

【Day1】「地獄谷野猿公苑」でスノーモンキーに出合う

〈14:30〉

提供:地獄谷野猿公苑

昼食後は、温泉街から足を伸ばして「地獄谷野猿公苑」へ。険しく切り立った崖に囲まれ、噴泉が絶えず噴煙を上げている地獄谷にあります。

柵のない同じ空間から、より自然に近い状態で暮らすスノーモンキーと呼ばれるサルを観察することができます。

提供:地獄谷野猿公苑

標高850mにある地獄谷の冬は厳しく、1mを越える雪に覆われ、最低気温が-10度を下回る日もあります。そんな寒い冬には、温泉に浸かりほっこりする愛らしいニホンザルが見られます。

<施設詳細>
・施設名:地獄谷野猿公苑
・住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845
・電話番号:0269-33-4379
・営業時間:夏季(4〜10月ごろ)8:30〜17:00、冬季(11〜3月ごろ)9:00〜16:00 ※営業時間は概ねの目安。野猿公苑のニホンザルは野生動物のため、天候、季節、ニホンザルの行動などにより予告なく変動することがある。
・定休日:なし
・料金:大人800円、小人(小学生〜高校生)400円
・観光マップ:Day1 C地点

再び、渋温泉街へ戻りましょう。


↓車で8分(徒歩で約43分)

【Day1】松代藩の御用達。夏目漱石も宿泊した「つばたや旅館」で立ち寄り入浴

〈16:30〉

渋温泉の旅館はすべて源泉かけ流し。今回の旅では、創業300年余の松代藩の御用達の宿「つばたや旅館」で立ち寄り湯を楽しみましょう。

明治初期の木造建築を残す「つばたや旅館」は、家庭的なおもてなしが受けられる旅館。伯爵の身分の方々や幕末の松代藩主・佐久間象山(さくましょうざん)、夏目漱石などの文豪も宿泊しました。

提供:つばたや旅館

「つばたや旅館」でぜひ浸かりたいのは、宮大工が釘を一切使わず木組みで作った家族風呂(追加料金なし)。ここでしかできない貴重な体験ができます。

源泉は、単純泉や弱アルカリ含む食塩泉、ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩温泉などで、神経痛、リューマチなどの効能があります。

<施設詳細>
・施設名:つばたや旅館
・住所:長野県下高井郡山ノ内町渋温泉
・電話番号:0269‐33-2165
・営業時間:9:00~20:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人500円
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約5〜10分

【Day1】宿泊施設にチェックイン

〈18:30〉
渋温泉街周辺の宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

宿泊施設をチェックアウトします。


↓徒歩約5〜10分