目次

豊後牛のボリュームステーキ「グリルみつば」

提供:グリルみつば

鉄板料理がカジュアルに味わえる老舗洋食レストラン「グリルみつば」。

創業当時から変わらぬ味のとんかつや、大分のブランド牛である豊後牛のステーキ・ハンバーグなどメニューはどれもボリューム満点です。

「豊後牛のステーキ」(4,800円〜)はシェフが鉄板の温度や焼加減を見極め、絶妙のタイミングで提供してくれる逸品。赤身の旨みと脂身のとろける甘さが一気に口の中に広がる至福の味です。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市北浜1-4-31
・電話番号:0977-23-2887
・営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30)、18:00~21:00(L.O.20:00)
・定休日:火曜日

味も値段も規格外!行列のできる寿司屋「亀正 くるくる鮨」

 

「亀正(かめしょう)くるくる寿司」は、地元でも人気の行列のできる寿司屋です。

厳選された新鮮なネタは分厚くてひと口では食べきれないほどの大きさ(2貫120円〜)。その味は一流寿司店にも引けを取らないと評判です。

大分のブランド魚、関アジ・関サバも共に2貫380円とリーズナブル。舌の上でとろける美味しさです。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市鶴見大字34
・電話番号:0977-66-5225
・営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
・定休日:水曜日 ※火曜日も休みの日あり

たっぷりしらすのりゅうきゅう丼「竹のレストランちくし」

 

この投稿をInstagramで見る

ゆ う せ い(@yuuuusei98)がシェアした投稿

「竹のレストランちくし」は、別府湾の絶景を眺めながら大分県の郷土料理を味わえる店です。

人気の「りゅうきゅう丼(釜揚げしらすのせ)」(1,410円)は、醤油漬けのブリと釜揚げしらすがたっぷり乗ったご飯に、生わさびをとかしたかぼす醤油をかけたもの。

最後までさっぱりと堪能できます。りゅうきゅう丼とは大分県の郷土料理で、由来は刺身を醤油やみりんゴマなどに漬け込んで、保存期間を伸ばす目的で作られた漁師飯です。

店は朝8時からオープンしているので、朝食に利用するのもおすすめです。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市新港町6-46 交通センタービル1F
・電話番号:0977-24-1811
・営業時間:7:00~18:00(L.O.)
・定休日:なし

豪快スペアリブの中華そば「六盛」

 

「六盛(ろくせい)」は、「中華そば」(並750円)が評判の店。

凝縮された旨味と上品な香りの黄金色のスープが極細麺としっかり絡み、奥深い味わい。

特にいち押しの「中華スペアリブ」(1,020円)は、豪快にのった肉厚のスペアリブがとろけるように柔らかく美味。出汁に炙ったスペアリブの肉汁・脂が溶け込み、またひと味違ったコクと風味が味わえます。

六盛は別府のご当地グルメ「別府冷麺」でも有名です。

<店舗詳細>
・住所: 大分県別府市松原町7-17
・電話番号:0977-22-0445
・営業時間:11:30~14:00、18:00~20:00
・定休日:水曜日

温泉の蒸気で生かされる素材の味「ひょうたん温泉 地獄蒸しキッチン」

提供:ひょうたん温泉 地獄蒸しキッチン

「ひょうたん温泉 地獄蒸しキッチン」では、野菜、魚、肉など大分産のバラエティ豊かな具材(700円〜)を購入して、温泉の蒸気を利用した地獄釜で自分で調理して味わうことができます。

提供:ひょうたん温泉 地獄蒸しキッチン

おすすめは、さまざまな素材が一度に味わえる「ファミリーせいろ」(2名用、3,000円)。蒸し立て熱々の具材は、どれも素材本来の旨味がぎゅっと凝縮され絶品です。

日帰り温泉もあり、多彩な温泉でゆったり身体を癒す楽しみもあります。

<店舗詳細>
・店舗名:ひょうたん温泉 地獄蒸しキッチン
・住所:大分県別府市鉄輪159-2
・電話番号:0977‐66‐0527
・営業時間:9:00〜翌日1:00
・定休日:なし