提供:和銅鉱泉 ゆの宿 和どう

【埼玉】秩父温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年8月27日

埼玉県の「秩父(ちちぶ)温泉」は、都心からのアクセスが良い観光スポットとして注目を集める場所。美味しいグルメを堪能したり、川下りなどのアクティビティを楽しんだり…さまざまな楽しみ方ができる秩父温泉です。今回は、日帰りで利用できるおすすめの温泉を7つ厳選してご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

西武秩父駅併設の便利な立地「祭の湯」

提供:西武秩父駅前温泉 祭の湯

「西武秩父駅前温泉 祭の湯(まつりのゆ)」は、西武秩父駅に併設された温浴施設。帰りの電車ギリギリまでお湯に浸かり、お土産選びや秩父のグルメまで楽しめます。

提供:西武秩父駅前温泉 祭の湯

「西武秩父駅前温泉 祭の湯」のお風呂は、祭の櫓(やぐら)をイメージした屋根の下にある岩風呂をはじめ、高濃度人工炭酸泉やシルク湯、岩盤浴など、男湯は9つ、女湯は10つと充実。

天気の良い日は、秩父の名峰「武甲山(ぶこうざん)」が眺められます。

源泉は、含よう素ナトリウム塩化物冷鉱泉で、切り傷、末梢循環障害、冷え症、皮膚乾燥症などの効能があります。岩盤浴を利用できるセット料金もあります。

<施設詳細>
・施設名:祭の湯
・住所:埼玉県秩父市野坂町1-16-15
・電話番号:0494‐22-7111
・営業時間:平日10:00~22:00、土・日・祝日10:00~22:00(最終受付21:30)
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人990円、小人610円、(土・日・祝・特定日)大人1,100円、小人730円

全長15mの満願滝を眼下に望む絶景「満願の湯」

提供:満願の湯

「満願の湯」は、奥長瀞(おくながとろ)の清らかな渓流と、全長15mの満願(まんがん)滝を眼下に望む日帰り温泉施設です。

提供:満願の湯

総石造りの露天風呂「黄金の湯」では、四季折々の自然を眺めながら源泉100%かけ流しの温泉に浸かれます。

お湯は、水素イオン濃度9.3phという全国有数の極めて高いアルカリ性で、湯ざわりのまろやかさが特徴。単純硫黄泉で、神経痛・慢性皮膚病・健康増進・糖尿病・美肌などの効能があります。

内湯のジェットバスにも浸かって日頃の疲れをしっかりとりましょう。

<施設詳細>
・施設名:満願の湯
・住所:埼玉県秩父郡皆野町大字下日野沢4000
・電話番号:0494‐62‐3026
・営業時間:10:00~21:00(最終入館20:30)
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:平日:大人(中学生以上)850円、小人(3歳~小学生)500円※17:00~大人(中学生以上)650円、小人(3歳~小学生)350円
土・日・祝日:大人(中学生以上)1,000円、小人(3歳~小学生)600円

温泉からリラクゼーションまで堪能できる総合温泉施設「星音の湯」

 

「星音(せいね)の湯」は、露天風呂、足湯、岩盤浴、エステと、温泉からリラクゼーションまで堪能できる総合温泉施設です。近くに同系列の宿泊施設「星音の宿 ばいえる」があります。泉質の良さは秩父一と地元の方から評判が高い、とろとろ・ぬるぬるの湯です。

「星音の湯」では、「星」と「月」のお風呂(露天風呂と内風呂)を週ごとに男女入れ替えます。「星」には、まるで森に包まれた心地よさが自慢のヒノキ風呂「星の森」があり、「月」には、岩の露天風呂「月の石」があります。

源泉は、ナトリウム炭酸水素塩温泉で、運動麻痺、関節のこわばり、慢性消化器病、病後回復期、やけどなどの効能です。別途料金で、貸切露天風呂の利用ができ、食事処もあります。

<施設詳細>
・施設名:星音の湯
・住所:埼玉県秩父市下吉田468
・電話番号:0494‐77‐1188
・営業時間:日〜木曜日10:00~22:00(最終入館21:30)、金・土・祝日10:00~23:00(最終入館22:30)
・定休日:なし ※2021年9月9日は臨時休業
・日帰り温泉の利用料:平日:大人(中学生以上)930円、小人(3歳~小学生)730円※17:00~23:00大人(中学生以上)930円、小人(3歳~小学生)730円
土・日・祝・特定日:大人(中学生以上)1,030円、小人(3歳~小学生)830円※17:00~23:00大人(中学生以上)730円、小人(3歳~小学生)630円