足湯に浸かって、今の7つの苦しみから離れる「ななくり」

提供:別所温泉観光協会

足湯「ななくり」は、国の重要無形民俗文化財で天下の奇祭といわれる雨乞いのお祭り「岳の幟(たけののぼり)」の500年記念祭として2004年に設置されました。

名前の由来は、地名の「七久里」と今の7つの苦しみから離れる「七苦離」の意味を込めたもの。8名が一緒に足湯を楽しめる、安楽寺の八角三重塔をモチーフとした総檜(ひのき)造りです。

​​

提供:別所温泉観光協会

別所温泉には他にも「大湯薬師の湯」という足湯があります。

<施設詳細>
・施設名:足湯ななくり
・住所:長野県上田市別所温泉1720 – 2
・営業時間:(3月〜10月)6:00~21:00、(11月〜2月)9:00~18:00
・定休日:なし
・入浴料:無料

<施設詳細>
・施設名:大湯薬師の湯(別所温泉薬師の湯)
・住所:長野県上田市別所温泉
・営業時間:6:00~21:00
・定休日:なし ※12月〜3月は休み
・入浴料:無料

上田市街地を眺望できる露天風呂「相染閣 あいそめの湯」

提供:別所温泉観光協会

別所温泉駅から徒歩1分の公共温泉施設「相染閣 あいそめの湯」。硫黄の香りがする内風呂浴室は、窓が大きく開放感満点です。

提供:別所温泉観光協会

陶器の壺湯もある露天風呂では、上田市街地を眺めながら入浴ができます。浴室出入り口には蛇口から源泉が出る飲泉所や掛け湯槽があり、別料金で岩盤浴も楽しむことも。

上田電鉄の往復電車賃と入浴料がセットになったお得なチケットもあります。

<施設詳細>
・施設名:相染閣 あいそめの湯
・住所:長野県上田市別所温泉58
・電話番号:0268‐38‐2100
・営業時間:10:00~22:00(最終受付21:20)
・定休日:第2・第4月曜日(祝日の場合は翌日が休館日)
・日帰り温泉の利用料:大人500円、小中学生250円、未就学児童無料

全館畳敷きの老舗旅館で癒される「旅館中松屋」

提供:別所温泉観光協会

「旅館中松屋」は、江戸時代中期の享保(きょうほ)年間創業の歴史ある老舗旅館。ロビーから廊下、エレベータの中まで全て畳敷きの高級感のある造りが魅力です。

提供:別所温泉観光協会

周囲の山々や塩田平(しおだだいら)のパノラマ広がる絶景の大浴場は、湯温は低めでさらっとした肌あたり。湯あがり処には数種類のお茶と水のサービスもあります。

別途料金で家族風呂の利用も可能です。

<施設詳細>
・施設名:旅館中松屋
・住所:長野県上田市大字別所温泉1627
・電話番号:0268-38-3123
・営業時間:11:30〜15:00(最終受付14:30)
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:大人1,000円、小人(3歳~小学生)700円、(15:00~20:00)大人1,100円