散策の合間に手湯や足湯でひと休み「湯めぐり広場」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

kero(@amagaeru.san)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ERi(@flow_eri)がシェアした投稿

JR鳴子温泉駅からすぐの「湯めぐり広場」は、「早稲田桟敷湯」と同じ源泉を利用した無料の手湯がある回廊状の広場です。入り口では2体の大きなこけしが出迎えてくれます。

令和2年(2020年)より、「下地獄(しもじごく)足湯」も再開。湯の花の浮かぶ源泉に手や足をつけ、温泉街の散策で疲れた体を温め、ひと休みするのにぴったりです。(足湯の横にある温泉たまごが自分で作れる「温泉たまご工房」は、現在休業中です。)

<施設詳細>
・施設名:湯めぐり広場
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉字湯元108
・電話番号:0229-83-4751(鳴子まちづくり(株))
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:無料

鳴子温泉 日帰り温泉マップ

1.大江戸温泉物語 ますや
2.鳴子観光ホテル
3.鳴子温泉 ホテル亀屋
4.滝の湯
5.早稲田桟敷湯
6.大江戸温泉物語 幸雲閣
7.湯めぐり広場

鳴子温泉へ出かけて多彩な泉質の湯をめぐりませんか?

出典:PIXTA

豊かな自然に溢れた鳴子温泉は、国民保養温泉地にも指定されており、国内でも有数の多彩な泉質を持つ温泉地です。

山々の四季の彩りを眺めながら、さまざまな泉質の温泉を湯めぐりし、それぞれの効能を堪能する旅はいかがですか。