【和歌山】冬の「南紀白浜温泉」 さっと行ける日帰り旅!壮大な自然と海鮮御膳を堪能

更新日:2021年1月29日

冬になると、どことなく温泉が恋しくなることはありませんか?日本には数多く温泉地があるので、少し足を伸ばせば様々な温泉を楽しむことができます。 そこで今回は、約1,400年前から温泉地として知られるようになった歴史ある和歌山県の「南紀白浜(なんきしらはま)温泉」日帰り旅プランをご紹介します。 1日でも十分に温泉やグルメを満喫できるプランとなってます。この記事を参考に、ぜひ南紀白浜温泉を楽しまれて見てください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・日帰りで温泉旅行に出かけたい
・有名観光地はしっかり見ておきたい
・新鮮な魚料理を食べたい

旅のしおり

〈10:30〉白浜バスセンターに到着
日帰り旅のスタートです。

〈11:00〉崎の湯で入浴
壮大な景色を目の前に温泉を楽しみます。

〈13:00〉円座でランチ
円座で「円座御膳」を堪能します。

〈15:00〉千畳敷を散策
波の浸食によりできた芸術スポットを散策します。

〈16:30〉南紀白浜散策とお土産購入
町を散策しながら、お土産を購入します。

〈18:00〉南紀白浜温泉を出発
帰路に着きます。


南紀白浜温泉日帰り観光スタート

〈10:30〉白浜バスセンターに到着

南紀白浜温泉の日帰り観光がスタートです!

<参考>
【鉄道】大阪市内より特急くろしおを利用して約2時間30分
【自動車】大阪市内より阪和自動車道経由で約2時間30分

白浜バスセンターからは白浜を周遊するバスが出ているので、目的地に向けてバスに乗り込みます。

<施設詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町890-48
・電話番号:0739-42-3378
・観光マップ:A地点


↓バス約15分

〈11:00〉崎の湯で入浴

南紀白浜に複数ある立ち寄り湯の中でも人気の「崎の湯(さきのゆ)」(入浴料:500円)にて温泉に浸ります。人気の秘訣は、まるで海に浸かっているかのような感覚を味わえる絶景の露天風呂。

塩分を含んだやや熱めのお湯なので、身体の芯までぽかぽかと温めてくれます。露天風呂に吹く海風も心地よく感じます。

提供:白浜町観光課

奈良・飛鳥時代から、崎の湯がある場所には湯場(ゆば)がありました。都の貴族がこぞって訪れたといいます。

磯の香りを感じ、潮騒に耳を傾けながら浸かる温泉は、まさに自然に包まれる感覚です。古くから愛される白浜の温泉と自然を肌で感じてみてください。

売店ではタオル(200円)が販売されており、手ぶらで立ち寄ることができます。崎の湯のオリジナルプリント入りなので、旅の思い出にもなります。

<施設詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668
・電話番号:0739-42-3016
・営業時間:7:00~22:00
・観光マップ:A地点


↓バス約10分

〈13:00〉円座でランチ

いけすを囲んだモダンな和食レストラン「円座(わろうだ)」でランチをいただきます。

また店内奥には、清潔感があり洗練された雰囲気の「すし 八咫(やた)」が併設されており、太平洋を望みながらお食事を楽しみます。

どちらも白浜沖でとれた四季折々の新鮮な海の幸をいただくことができるので、日帰り旅のお食事にぴったりです。

提供:円座

店舗中央のいけすでは、活きの良い魚を間近でみることもできます。

提供:円座

多様なメニューの中でも、ランチ限定の「円座(わろうだ)御前」(1,650円)がおすすめです。

提供:円座

円座御膳はお造り三種に揚物、蒸物やあら汁などが付いたメニューで、白浜の新鮮な海の幸を一度にいただくことができます。

透き通るようなお刺身は、身が引き締まり脂がのってうなるほどの美味しさ。お出汁のきいた温かいあら汁で心も体もほっこりします。

<店舗詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町白浜1821
・電話番号:0739-33-9090
・営業時間:月〜日・祝日 昼食11:30〜14:30 (ラストオーダー14:00)
夕食17:30〜21:30(ラストオーダー21:00)


↓バス約10分

〈15:00〉千畳敷を散策

すし八咫からバスを利用して10分ほどで到着する白浜の絶景スポット「千畳敷(せんじょうじき)」で雄大な自然を感じましょう。

白浜にある三段壁(さんだんべき)、円月島(えんげつとう)とともに国の名勝に指定されている人気観光地です。

はじめて訪れた時には、その不思議な光景に驚くことでしょう。

波によって浸食された柔らかい砂岩がなんとも言えない複雑な地形を作り出しています。同じ形の岩はなく、それぞれの場所で違った表情を見せてくれます。

目の前に広がる大海原は、日常のストレスを忘れさせてくれ、癒しのひと時を与えてくれます。日中の来訪でも十分楽しめますが、天気がいい日はぜひ夕暮れ時に訪れてみてください。

水平線に沈んでいく夕陽と千畳敷のコラボレーションは圧巻ですよ。

<スポット詳細>
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町千畳
・電話番号:0739-43-5511(白浜観光協会)


↓バス約15分

〈16:30〉南紀白浜散策とお土産購入

南紀白浜温泉の風情を味わいながら、ご自身や家族、友人へのお土産を選びましょう。

南紀白浜温泉には、店舗が一角に集まった温泉街はありませんが、バスを利用することで様々なお店にアクセスできます。たくさんの種類のお土産をみたいという方は白浜駅近くの「とれとれ市場」に行くのも良いでしょう。

おすすめお土産①:紀州銘菓 福菱の「かげろう」

白浜定番のお土産と言えば「かげろう」(8個入り865円、10個入り1,080円)です。

口に入れるとたちまち消えていく儚さを、浜辺にただよう陽炎(かげろう)になぞらえて命名されました。

甘さを抑えた上品な味わいのバタークリームが、ふわふわとした不思議な触感の生地にサンドされています。

口の中に入れると生地がふわりとほどけだし、軽やかな甘さが口いっぱいに広がります。ひとつ、またひとつと続けて食べたくなるような美味しさ。

自分用にはもちろん、お土産として渡しても喜ばれること間違いなしです。

おすすめお土産②:丸新本家の「金山寺味噌」

二つ目のおすすめは、金山寺味噌(きんざんじみそ)です。和歌山ではお馴染みのおかず味噌で、ご飯のおかずやお酒のお供として親しまれています。

自然発酵させた米や大豆、大麦やなすが原料として使われており、栄養もたっぷり。

まずは、あつあつのご飯にのせて食べてみてください。程よい甘さと味噌の塩加減が白いご飯によく合います。思わずおかわりしてしまうほどです。

丸山本家の金山寺味噌には、梅やにんにく、ゆず風味があるのでお好みに合わせて選べます。

<店舗詳細>
福菱本店
・住所:和歌山県牟婁郡白浜町1279-3
・電話番号:0739-42-3129
・営業時間:8:00〜18:00 年中無休(臨時休業あり)

丸新本家 とれとれ市場店
・住所:和歌山県牟婁郡白浜町堅田2521
・電話番号:0739-42-1051
・営業時間:8:30〜18:30 不定休


↓徒歩約15分

〈18:00〉南紀白浜温泉を出発

南紀白浜温泉日帰り観光もここで終わりです。

お土産をつまみながら撮影した写真を見返し、思い出に浸りつつ帰路につきます。

観光マップ


A:白浜バスセンター
B:崎の湯
C:すし 八咫
D:千畳敷
E:白浜バスセンター

南紀白浜温泉へ出かけて新鮮な魚と温泉を堪能しよう!

日帰りで南紀白浜温泉を満喫するための旅プランをご紹介しました。

温泉に浸かり、新鮮な海の幸に舌鼓を打ち、絶景に心奪われる1日を過ごすことができます。

1日でも大満足ですが、白浜には紹介しきれなかったおすすめのスポットがまだまだたくさんあります。

溢れんばかりの魅力を肌で感じるべく、この機会にぜひ南紀白浜に出かけてみてはいかがでしょうか。

<関連記事>
・【2020年版】南紀白浜温泉グルメ決定版10選!幻の高級魚など海の幸が満載
・万葉集に登場する日本三古泉のひとつ!南紀白浜温泉の歴史とあゆみに迫る