自宅で実践!垢すりのやり方の手順をチェック

出典:PIXTA

自宅でできる垢すりのやり方を3つのステップで説明します。

ステップ1:垢すりタオル又はミトンを用意

まずは垢すりの道具であるタオル又はミトンを用意します。垢すり用のタオルやミトンは表面がザラザラしていて垢を落としやすいようになっています。背中が洗いやすい少し長めのタオルタイプが汎用性が高くおすすめですが、素材やサイズもさまざまなので肌質や使いたい箇所に合わせて選びましょう。

ステップ2:38~40℃のお湯に15分程度浸かる

38~40℃の熱すぎないお湯を貯めた湯船に15分ほど浸かり、身体を温めて肌を柔らかくします。こうすると肌の表面に身体の古い角質が浮いてくるので垢すりがしやすくなります。ほどよく汗をかく程度を目安にするとよいでしょう。

ステップ3:力を入れずに優しく垢を落とそう

垢すり用ミトンやタオルで身体をこすっていきます。肌はデリケートなのでゴシゴシとこすり過ぎないように、力を入れず優しく肌をなでるように行うのが正しいやり方です。肘、膝、くるぶし、足の裏などは、古い角質が溜まっている可能性が高いので念入りにこすりましょう。

参考:温泉部|【肌に悪い?】あかすりとは?効果ややり方から韓国式との違いまで

やり方は簡単!垢すりを取り入れて健康的な身体作りを心がけよう

出典:写真AC

垢すりはやり方が簡単で誰にでもできる美容法です。この記事で紹介したやり方を参考にしてさっそく生活に取り入れてみましょう。日本でも江戸時代初期から親しまれてきた垢すり。美容だけでなく健康的な身体作りに期待できるそうなので、ぜひ自宅で試してみてください!