出典:PIXTA

【秋田】「乳頭温泉郷」2泊3日の旅!自然に囲まれた温泉入り比べと地鶏せいろを満喫

更新日:2021年3月29日

ブナの原生林が広がる「十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園」の中にあり、山深い乳頭山麓にひっそりと点在する7つの秘湯で形成される秋田県の「乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)」。十種類以上の源泉を有する秘湯の代名詞と言われ、世界の温泉ファンから羨望のまなざしを浴びています。今回は、秘湯と自然豊かな秋田の郷土料理を味わう2泊3日の旅プランをご紹介します。温泉の癒しと地元グルメを堪能する乳頭温泉郷へ出かけてみませんか?

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

  • 2泊3日で温泉旅行に出かけたい
  • 自然に囲まれた温泉地でのんびりしたい
  • グルメの美味しい場所に旅したい

旅のしおり

【Day1】

〈12:00〉JR田沢湖駅に到着
〈12:30〉そば五郎でランチ
〈14:00〉バスで乳頭温泉へ
〈15:00〉蟹場温泉で立ち寄り入浴
〈17:30〉ホテルにチェックイン

【Day2】

〈10:00〉妙乃湯で温泉を堪能
〈12:00〉休暇村乳頭温泉郷でランチと入浴
〈15:00〉乳頭温泉周辺を散策
〈16:30〉ホテルにチェックイン

【Day3】

〈9:30〉大釜温泉で立ち寄り入浴
〈11:30〉バスでJR田沢湖駅へ
〈13:00〉お食事処みちのくでランチ
〈15:00〉駅周辺でお土産購入
〈17:00〉JR田沢湖駅を出発

乳頭温泉2泊3日の旅スタート

【Day1】JR田沢湖駅に到着

〈12:00〉
秋田県を代表する湖の1つ田沢湖の最寄り駅で、秋田での起点となるのがJR田沢湖(たざわこ)駅。

JR田沢湖駅に着いたら乳頭温泉2泊3日の旅スタートです。

<参考>
【東京・大阪より】→秋田新幹線(上野駅発)で約2時間40分
【仙台より】→秋田新幹線(仙台駅発)で約1時間10分

この駅には下り最終と上り始発の1往復を除く全ての新幹線こまちが停車します。田沢湖、乳頭温泉などに行くための重要な旅の起点駅です。

駅舎は、プリツカー賞などをはじめとする、数々の建築分野の国際的賞を受賞している、坂 茂(ばん しげる)氏の設計です。

ガラスと木を組み合わせたモダンなデザインが評価され、東北の駅百選に選定されています。

駅構内には切符売り場、観光情報センター、そしてお手洗い(観光センター横)もありますので、駅を出発する前に利用するとよいでしょう。

また、駅構内の一角には展示室も設けられています。

乳頭温泉に向かう前に、歴史について触れてから出発するのもおすすめです。

駅を出たら、まずはランチへ向かいます。

<施設詳細>
・住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字男坂68
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約1分

【Day1】自家製の十割蕎麦が自慢の「そば五郎」でランチ

〈12:30〉
まずは、JR田沢湖駅前にある「そば五郎」でランチをとります。

そば五郎は、秋田県の特産品を取扱う物産館「田沢湖市(たざわこいち)」の館内で営業しています。

地元の方をはじめ、多くの観光客が賑わう物産館です。

そんな物産館の一角にあるそば五郎でいただくのは、「地鶏せいろ」(1,000円)。

「そば五郎」の自家製麵は、田沢湖地蕎麦を五割、つなぎの微粒子蕎麦粉を五割加えて打ちあげた十割蕎麦(じゅうわりそば)。添加物や化学調味料を使用していないこだわりのつゆと共に、醸しだされる地蕎麦の風味は絶品です。

また、毎月22~24日の三日間限定で「二郎系ラーメン五郎」(700円~)が提供されています。タイミングが良ければこだわりの「二郎系ラーメン五郎」を楽しむこともできます。

開催日にはお客さんの7~8割が、この「二郎系ラーメン五郎」をお目当てに来店するとか。

大盛のもやしとにんにくの入ったコクのある豚骨風味の美味しいラーメンは3種の盛り具合を選べますが、一番少ない並盛りでもボリューム満点です。

店内は、和の温かくやさしい雰囲気が溢れています。

スタッフも気さくな方が多いので、地元の方ならではの観光情報などを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

<店舗詳細>
・住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字水尻59-40
・電話番号:0187-43-3511
・営業時間:11:00~17:30(お盆と年末年始は短縮)
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約1分

【Day1】バスで乳頭温泉へ

〈14:00〉
田沢湖地蕎麦の風味を堪能したあとは、駅に戻ります。

JR田沢湖駅前バス停からバスに乗り込み、乳頭温泉郷へ向かいましょう。

目的地の妙乃湯(たえのゆ)へはJR田沢湖駅から37番目、終点の2つ手前の停留所妙乃湯温泉前で下車します。所要時間は約50分程(料金840円)です。

通常、この路線は始発~最終まで11便が運行しています。しかし、時期によっては減便していることもありますので、前もって時刻表を確認し乗り遅れには注意しましょう。

積雪の時期は、乳頭温泉までの道のり全て銀世界に包まれています。


↓バスで約50分

【Day1】美肌の湯として知られる「蟹場温泉」で立ち寄り入浴

〈15:00〉
乳頭温泉郷へ到着したら、長いバス旅の疲れを癒すために「蟹場(がにば)温泉」(入浴料:600円)へ向かいましょう。

提供:乳頭温泉組合

豊かな自然に囲まれた温泉で、自然を眺めながらのんびり温泉が楽しめます。

無色透明の肌触りがよいお湯が特徴です。

周辺の沢に多くの沢ガニが生息することから「蟹場」と名付けられたと言われています。

提供:乳頭温泉組合

夜になると生い茂る木々のなかに施設の明かりが漏れ、「ただいま」と声を出したくなるような温かな雰囲気の宿泊施設です。

館内に設けられた男湯と女湯の内風呂には、貴重な秋田杉がふんだんに使用されています。杉の香りを楽しみながら、蟹場硫黄と名付けられた単純硫黄泉を堪能してください。

提供:乳頭温泉組合

館内の男湯と女湯の岩風呂には「ヒバの寝湯」が用意されいます。女性専用露天風呂「ひなざくら」(19:30~20:30は男性専用)などと併せて館内では7つの湯舟を利用できます。

秋田杉を使用した内風呂、「ヒバの寝湯」、女性専用露天風呂「ひなざくら」の湯舟では、蟹場硫黄の単純硫黄泉を源泉かけ流しで楽しめます。

そして、蟹場温泉の最大の魅力といってもよいのは「唐子の湯」。

提供:乳頭温泉組合

森林の中で、ふんだんに湧きでる重曹炭酸水素泉に体を任せると、体の疲れが温泉に溶けだしているような感覚に捕らわれます。

この神秘的な雰囲気の中にある露天風呂を目的に、蟹場温泉を訪れる方も少なくありません。

唐子の湯は混浴露天風呂ですが、19:30~20:30は女性専用になります。

<施設詳細>
・住所:秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林
・電話番号:0187-46-2021
・営業時間:9:00~16:30
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約15分~20分

【Day1】ホテルにチェックイン

〈17:30〉
乳頭温泉街にあるホテルにチェックインします。

【Day2】ホテルを出発

ホテルを出発し立ち寄り入浴に向かいます。


↓徒歩約15分~20分

【Day2】2つのお湯が楽しめる「妙乃湯」で立ち寄り入浴

〈10:00〉
2日目は、2つのお湯が楽しめる「妙乃湯(たえのゆ)」(入浴料:800円)で温泉に浸かりましょう。

提供:乳頭温泉組合

生い茂る木々と穏やかな流れの川沿いに建ち、モダンでノスタルジックな雰囲気が漂う妙乃湯。

鳥のさえずりが聞こえてくる、自然に囲まれた温泉施設です。

妙乃湯は、マグネシウム・カルシウム硫酸塩泉で酸性のさっぱりした肌触りの「金の湯」と、単純泉で中性のとろっと肌ざわりの「銀の湯」の2本の自家源泉を持っています。

金の湯の酸性泉には殺菌効果と体内に溜まった老廃物や毒素を排出する効果があります。

また、硫酸塩泉には肌をしっとりさせる効果やクレンジング効果があり、妙乃湯は「美肌の湯」とも呼ばれます。

2本の源泉から湧き出る温泉は貸切風呂を含め8つの湯船で楽しむことができます。特に、滝のように流れ落ちる渓流と緑豊かな森林を望みながらお湯を楽しめる混浴露天風呂が人気です。

提供:乳頭温泉組合

露天風呂は、川沿いにあり、川の流れる音を聴きながらゆっくりと浸かれます。

提供:乳頭温泉組合

妙乃湯のサービスは心と体を癒してもらい、また頑張れるようにそっと背中を押すような温かいおもてなしを目標にしています。

モダンな空間のなかで提供される細やかなサービスで、心と体を存分に癒すことができる温泉として高く評価されています。

<施設詳細>
・住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
・電話番号:0187-46-2740
・営業時間:10:30〜14:50 (14:00受付終了) (定休日:火曜日)
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約10分~15分

【Day2】「休暇村乳頭温泉郷」でランチと入浴

〈12:00〉
妙乃湯で温泉を満喫した後は、「休暇村乳頭温泉郷」へ移動しランチをいただきましょう。

提供:休暇村乳頭温泉郷

休暇村乳頭温泉郷を囲うブナ林は、初夏には芽吹いた力強い新緑、秋には燃えるような紅葉、冬は銀世界と四季折々の姿を見せてくれます。

提供:休暇村乳頭温泉郷

休暇村乳頭温泉郷のおすすめランチは、秋田名物の「きりたんぽ鍋定食」(1,850円)です。

提供:休暇村乳頭温泉郷

きりたんぽは、うるち米のご飯をつぶし、杉の棒に巻き付けて焼いたたんぽ餅のこと。秋田の郷土料理の一つです。

休暇村乳頭温泉郷のきりたんぽは、あっさりとした甘味が特徴の「あきたこまち」で作られています。

きりたんぽ鍋には、棒から外して食べやすく切ったものを使います。

出汁は比内地鶏(ひないじどり)から取ったもので、鶏の旨味にきりたんぽの甘味が溶け、絶妙なスープとなっています。鍋の温かさと相まって、ほっと落ち着けるようなお味です。

きりたんぽと四季折々の山の幸を口の中に入れると、秋田の自然の豊かさが優しく広がります。休暇村乳頭温泉郷を訪れたら、ぜひ食べていただきたい絶品メニューです。

きりたんぽ鍋でお腹を満たした後は、休暇村乳頭温泉郷でも温泉に浸かり、蟹場温泉と入り比べをお楽しみください。

提供:休暇村乳頭温泉郷

休暇村乳頭温泉郷(入浴料:600円)では2つの源泉からナトリウム炭酸水素塩泉と単純硫黄泉が湧きでており、二種類の湯質を大浴場・小浴場・露天風呂が楽しめます。

全ての浴室に男湯と女湯が用意されていて、大浴場ではナトリウム炭酸水素塩泉、小浴槽と露天風呂では単純硫黄泉を楽しむことができます。

提供:休暇村乳頭温泉郷

大浴場に注がれるナトリウム炭酸水素塩泉は、柔らかな湯ざわりで程良いツルツル感が特長です。重曹成分を含む美肌の湯で、ほんのり褐色に濁っており、微かに油臭と呼ばれる香りがします。

小浴場、露天風呂に注がれるお湯は単純硫黄泉。弱酸性でさらさらとした湯ざわりで、湯の華や弱酸性の効果でこちらも美肌や美白の湯と言われています。

なお、施設内には、売店や喫茶、休憩スペースもあります。

提供:乳頭温泉郷

入浴後は自然豊かな景色を見ながら、のんびりとした時間を過ごすのもおすすめです。

<施設詳細>
・住所:秋田県仙北市田沢湖駒ケ岳2-1
・電話番号:0187-46-2244
・営業時間:11:00~17:00
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約10分~15分

【Day2】乳頭温泉周辺を散策

〈15:00〉
休暇村乳頭温泉郷でランチと温泉を満喫した後は、乳頭温泉周辺をのんびり散策してみましょう。

あたり一面見渡す限りの山々と穏やかな川の流れが風情を感じさせます。

身体が冷えない程度に、ゆっくりと自然を感じましょう。

提供:仙北市観光課

新緑の季節などは、湿原やブナ林の回廊を巡ってみるのもおすすめです。

提供:仙北市観光課

乳頭温泉周辺を流れる小川には、岩魚や沢蟹なども生息していたり、都会では珍しい野鳥などに出合えることもあります。

提供:仙北市観光課

日常の喧騒を忘れて、大自然の恵みを満喫してください。


↓徒歩約10分~15分

【Day2】ホテルにチェックイン

〈16:30〉
乳頭温泉にあるホテルにチェックインし2日目の終了です。

【Day3】ホテルを出発

ホテルをチェックアウトし、乳頭温泉最終日のスタートです。


↓徒歩約15分

【Day3】源泉かけ流しのお湯が楽しめる「大釜温泉」で立ち寄り入浴

〈9:30〉
3日目は「大釜(おおがま)温泉」(入浴料:600円)の源泉かけ流しのお湯を楽しみましょう。

大釜温泉は、木造校舎のイメージを残す、風情ある建物の温泉です。

校舎建て替えで取り壊されることになった秋田県由利本荘市の子吉小学校の廃材を譲り受け、再建されました。

木造校舎の小学校の雰囲気と温泉施設の雰囲気が入り混じった不思議な空間ですが、どこか懐かしいほっとする雰囲気が漂っています。

提供:乳頭温泉組合

施設内は明るく、木のぬくもりを感じられます。

そんな大釜温泉は、白濁色の源泉かけ流しのお湯で、乳頭温泉郷7つの湯のうちの一つとなっています。

提供:乳頭温泉組合

露天風呂では、熱々のお湯に浸かりながらゆっくりとした時間を過ごせます。

提供:乳頭温泉組合

4月1日~10月末日までの夏季限定ですが、大釜温泉では足湯を無料で提供しています。タイミングが合えば、足湯で歩き疲れた足をリフレッシュしましょう。

<施設詳細>
・住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達国有林
・電話番号:0187-46-2438
・営業時間:9:00~16:30
・観光マップ:Day3 A地点


↓徒歩約5分

【Day3】バスでJR田沢湖駅へ

〈11:30〉
入浴を終えたら「妙乃湯温泉前」よりバスに乗りJR田沢湖駅へ向かいます。

大釜温泉からバス停までは、徒歩で3分ほどの距離です。

11:55に「妙乃湯温泉前」発のバスに乗ると、JR田沢湖駅前には12:43頃に着きます。


↓バスで約50分

【Day3】「お食事処 みちのく」でランチ

〈13:00〉
バスでJR田沢湖駅に着いたら、駅前にある「お食事処 みちのく」でランチをいただきます。

おすすめは玉川ダムをカレーで表現した「玉川ダムカレー」(880円)です。

ライスに刺さったウインナーを抜くとカレーが流れ込み、まるでダムが放水をしているかのような様子が楽しめるメニューです。

辛すぎない風味のある美味しいカレールーと、カリカリな衣の唐揚げが相性抜群です。

味はもちろん、目で見ても楽しめる料理となっています。

アットホームな店内では、気さくなスタッフの笑い声や話し声が響きます。

座敷席もあるので、ゆっくりと足を伸ばしくつろぐことができます。

<店舗詳細>
・住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字源左ヱ門野100-5
・電話番号:0187-43-1510
・営業時間:11:00~19:30(定休日:木曜日)
・観光マップ:Day3 B地点


↓徒歩約10分

【Day3】JR田沢湖駅周辺でお土産購入

〈15:00〉
JR田沢湖駅周辺を歩きながらお土産を購入します。

神秘的な雰囲気がただよう田沢湖。

田沢湖には遊覧船もあるので、湖上から秋田の大自然を眺めることができます。

提供:羽後交通

遊覧船の運行期間は例年4月頃から11月上旬頃までとなっています。タイミングが合えばぜひ湖上からの景色を堪能してみてください。

おすすめお土産①:福寿菓子舗の「さなづら」

乳頭温泉郷でおすすめのお土産1つ目は福寿菓子舗の「さなづら」(10枚入1,080円)。

提供:福寿菓子舗

さなづらは、山ブドウの果汁を寒天で固めゼリー状にしたお菓子で、見た目が鮮やかな秋田の銘菓です。

JR田沢湖駅で購入することが可能です。

また「さなづら日記」(8個入り1,730円)もおすすめです。

提供:福寿菓子舗

口にすると芳醇な香りとワインのような深い味わいが優しく広がり、どこか懐かしさを感じる逸品です。

おすすめお土産②:欧風レストランKAEDEの「田沢湖熟成生ハム」

おすすめのお土産2つ目は、欧風レストランKAEDEの「田沢湖熟成生ハム」(30g×3パックセット 1,980円)。

スペインの長期熟成型生ハム「ハモン・セラーノ」の製法を参考に、海外からの生ハム輸入が解禁された2,000年より以前から、日本の気候に合わせ手作りされています。

秋田県産の三元豚をミネラル豊かな海水塩に漬け込み、自然環境で1年以上熟成させているそうです。塩以外の添加物を一切使用せず、豊かな風味を作り出しているのが特長です。

生ハムを口にすると柔らかな薫りと共に、しっかりとしたハムの味が溶けながら広がります。

<施設詳細>
欧風レストランKAEDE
・住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字造道29-12
・電話番号:0187-43-3768
・営業時間:11:30~21:00(定休日:火曜日)
・観光マップ:Day3 C地点


↓徒歩約10分

【Day3】JR田沢湖駅を出発

〈17:00〉
JR田沢湖駅を出発し乳頭温泉の旅も終わりです。

帰路に着きます。

観光マップ

【Day1】

A:JR田沢湖駅
B:そば五郎 田沢湖駅前店
C:乳頭温泉郷 妙乃湯

【Day2】

A:乳頭温泉郷 蟹場温泉
B:休暇村 乳頭温泉郷

【Day3】


A:乳頭温泉郷 大釜温泉
B:お食事処みちのく
C:欧風食堂KAEDE

乳頭温泉で温泉入り比べと名物きりたんぽを堪能する旅に出かけよう!

提供:仙台市観光課

今回は、秋田県の秘湯「乳頭温泉郷」を2泊3日で楽しむプランをご紹介しました。

七湯で形成される乳頭温泉郷は、「秋田の最も有名な秘湯」と言えるでしょう。

四季折々の姿をみせる大自然の中で人気の秘湯や郷土料理を楽しめる、乳頭温泉郷に足を運ばれてみてはいかがでしょうか?