秋田県の自然をふんだんに使った温かな空間が広がるお部屋

提供:奥山旅館(玄関前の飲泉場)

◇らく湯旅:奥山旅館をご紹介いただいた大滝さんから、大変なご苦労をされて歴史ある旅館を再建されたと伺いました。

◆奥山さん:奥山旅館の創業は1912年(明治45年/大正元年)で、私で5代目当主となります。現在の宿は2016年に火事で全焼したものを、2019年に再建したものです。

実は宿が全焼した時には正直に言って廃業するつもりでした。しかし、地域の皆様や再建を望むお客様のお声に励ましていただき、また生まれ育った故郷である泥湯温泉の歴史と文化を継承するためにも、宿を再建することを決意いたしました。

おかげさまでリニューアル後には、地域の皆様をはじめリピーターのお客様にご愛顧賜り、昨年のコロナ禍で休館した後でも、何とか宿を継承することができています。

◇らく湯旅:再建される際にこだわったところがありましたら、お教えいただけますでしょうか。

◆奥山さん:宿の再建にあたっては、この地の歴史と大自然の景観と融合することにこだわり、コンクリート造ではなく木造建築が良いと考えました。

そこで同じ秋田県内の日本秘湯を守る会会員である鶴の湯温泉さんに、県内の古民家専門の建築家をご紹介いただき「秋田県の古材を使用して古民家風の宿を建築して欲しい」と相談し、設計していただきました。

提供:奥山旅館

◇らく湯旅:歴史ある秘湯の趣を損なわないように徹底してこだわったのですね。懐かしい雰囲気、温かみのある空間で自然と心が穏やかになりそうですね。

◇らく湯旅:お宿の規模はどのくらいなのでしょうか?

◆奥山さん:宿には9つのお部屋をご用意しています。1部屋の定員は2名様なので、全部で18名様がご滞在いただけます。

提供:奥山旅館

また、常にお客様と会話をするということを徹底しており、お客様のお声に耳を傾けてサービスに反映するよう心がけています。

地産地消の新鮮な食材を使用し、秋田を心ゆくまで堪能できるお食事

◇らく湯旅:お食事にもこだわりがあるとお伺いしました。

◆奥山さん:地域の皆さまとお客様の励ましとお力添えで再建できたということもあり、ご滞在いただくお客様に優れた地産の特産品を知っていただきたいと思い、地元のものをご提供することにこだわっています。

湯沢は酒どころでもあるので、食前酒として地元のお酒をお出ししてお食事を楽しんでいただいています。

また、豊かな土地・湯沢の地産地消の食材を使用して、手作りで手間をかけてお料理することにこだわっています。

食材としては例えば、知る人ぞ知る秋田の高級和牛「三梨(みつなし)牛」や「皆瀬(みなせ)牛」があります。ブランド牛として出荷数自体が少ないため県外に出ることが少ない幻の牛肉とも言われており、大変ご好評いただいています。

そのほかにも、旬の食材を山菜採りの名人に依頼して、春の山菜、夏のじゅんさいや夏野菜、秋のきのこ、冬はひろっこと呼ばれるあさつきの新芽などを収穫し、お料理にふんだんに取り入れ提供しています。お米も地元の「あきたこまち」を使用しています。

提供:奥山旅館(皆瀬牛リブロースステーキ)

提供:奥山旅館(山菜の揚げ物)

提供:奥山旅館(湯沢特産のひろっこの酢の物)

提供:奥山旅館(三関セリと岩手鴨のすき焼き)

提供:奥山旅館(りんごグラタン)

提供:奥山旅館(ご飯:秋田小町)

お酒も、湯沢市にある蔵元の両関(両関酒造)、爛漫(秋田銘醸)、福小町(木村酒造)を飲み比べできる「湯沢セット」、少し地域を広げて秋田県内の蔵元さんのお酒を飲み比べできる「県内セット」をご用意しております。

提供:奥山旅館(飲み比べセット)

◇らく湯旅:見事なまでに地産地消ですね。すべて産直の食材ですとご苦労もあるのではないでしょうか。

◆奥山さん:収穫にバラ付きがある旬の山の幸などは、鮮度を落とさないように食材を上手く保存する方法も研究する必要がありますね。

提供:奥山旅館

◇らく湯旅:大変なご苦労の中、手間暇をかけて作り出されるお料理一品一品を、ゆっくりと味わってみたいものです。

大自然の中に佇む奥山旅館周辺は散策スポットも数多い

◇らく湯旅:奥山旅館、泥湯温泉周辺のロケーションについて教えていただけますでしょうか?

◆奥山さん:泥湯温泉は周辺を山に囲まれていて、山奥の小さな盆地にあります。ちょうどすり鉢の底に宿があるようなイメージです。

泥湯温泉までの途中には蒸気が吹き出て、周囲を硫黄臭が漂っていて日本とは思えない異空間の雰囲気に触れていただけます。

提供:奥山旅館(川原毛地獄)

泥湯温泉から車で5分(歩いて30分程度)のところには、日本三大霊地の「川原毛(かわらげ)地獄」があります。川原毛地獄には霊場としての往来のほか、観光地としても訪れる方も多くいらっしゃいます。

川原毛地獄からさらに15分ほど歩くと「川原毛大滝湯」があります。ここは滝そのものが温泉という珍しい湯の滝です。

滝の上流で湧く天然の温泉が20mの高さから流れ落ちてきて、滝つぼや渓流が天然の露天風呂になっています。無料で楽しんでいただけるスポットです。

提供:奥山旅館(川原毛大滝湯)

◇らく湯旅:まさしく大自然の中に佇む秘湯といった趣きのあるロケーションですね。