400年の歴史を誇る伊香保温泉 歌人に愛された石段街の歴史を学ぶ

更新日:2020年11月13日

伊香保温泉は、草津温泉と並ぶ群馬県の代表的な温泉です。伊香保温泉は歴史的にもゆかりのある温泉で、万葉集にも記されていますし、戦国時代の武田信玄にもゆかりがあるなど歴史深い土地でもあります。そんな伊香保温泉の歴史を紐解き、新たな伊香保温泉を発見しましょう。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

400年の歴史を持つ伊香保温泉とはどんな場所?

伊香保温泉は群馬県渋川市伊香保にある温泉で、400年の歴史を持つ草津温泉と並び、群馬県を代表する温泉です。

多くの文人・文化人に愛された由緒ある街

伊香保温泉は、多くの文人や文化人が訪れた温泉としても有名です。明治から昭和にかけて夏目漱石、土屋文明、与謝野晶子らが訪れています。

中でも、映画や小説にも登場する徳富蘆花と竹久夢二は特に伊香保を愛した人物として有名です。

徳富蘆花は伊香保を舞台にした「不如帰(ほととぎす)」を執筆し、文中には「湯よし、宿よし、眺望よし。私はすっかり伊香保に惚れた」と書かれています。また、心臓発作で倒れた際にも伊香保温泉で療養しており、文中にあるようにすっかり伊香保に惚れた様子がうかがえます。

万葉集にも記された悠久の歴史を持つ温泉地

伊香保温泉は、万葉集にも記されている悠久の歴史をもつ温泉地です。

万葉集は1200年余り前に作られた日本最古の和歌集で、全20巻からなり、さまざまな身分の人たちが詠んだ歌が4,500首以上収められており、伊香保に関する歌は9首詠まれています。

なお、万葉の時代には、伊香保は榛名湖一帯を指しています。

伊香保温泉は戦の療養所?武田軍によってできたと噂の名物「石段」

伊香保温泉は戦国時代の武田信玄の「隠し湯」として有名ですが、温泉を野戦病院として利用する方法を息子の武田勝頼にも受け継ぎました。

大正3年(1575年)5月、長篠の戦いで、徳川・織田連合軍に武田軍が敗北を喫したとき、配下の真田幸村に命じて、伊香保温泉を湯治場として整備させましたが、それが現在の石段街の始まりだとされています。

伊香保温泉といえば石段

伊香保温泉といえば石段が有名で、石段を挟んでお土産物屋や饅頭屋などが並んでいて、情緒たっぷりの佇まいになっています。

この石段には戦国時代の歴史的意味が潜んでいて、長篠の戦いの翌年である天正4年(1576年)に完成しています。

石段のきっかけは「長篠の戦い」との噂も

長篠の戦いで破れた武田軍は、多くの負傷者の治療のために石段を築き、石垣を配して石段沿いに湯治場として温泉街を整備しました。

武田軍は最奥部にある源泉井戸から、傾斜を利用して土中に埋めた木製の湯桶から温泉街へとお湯を運びました。

2010年に「365段」へと増設

伊香保温泉の石段は400年以上の歴史がありますが、現在の石段は昭和55年から5年をかけて大改修したもので、御影石が敷かれています。

その後2010年には365段に増設されましたが、広場や温泉水が流れる「湯滝」などもその時に設けられたことで、一層親しみやすいものとなりました。

この石段には365日、にぎわってほしいという願いが込められています。

古くから親しまれてきた伊香保温泉の「黄金の湯」「白銀の湯」

伊香保温泉には、黄金の湯(こがねのゆ)と、白銀の湯(しろがねのゆ)の2種類の源泉を持っていることが特徴です。

黄金の湯に入れる旅館と白銀の湯に入れる旅館がありますから、入浴を考えている方は事前に調べておいたほうがいいかもしれません。

「黄金の湯」 は湯治場として古くから親しまれていた

黄金の湯は古くから伊香保に湧く温泉で、伊香保温泉が湧出した当時からの温泉です。

湯の中に含まれている鉄分が酸化して茶褐色になっています。黄金の湯は肌に優しく、身体を芯から温めて血行を良くする作用があるため、女性の方に優しい「子宝の湯」といわれています。

「白銀の湯」 は保湿成分が豊富!疲労回復にも効果的

白銀の湯は、近年になって湧出が確認され、色が無色透明だったため白銀の湯と名付けられました。保湿成分が豊富にあって刺激が少ないため、小さなお子さんやご高齢の方に向いています。

また白銀の湯は、病後の回復期・健康増進・疲労回復の作用があります。