【石川】歴史ある「和倉温泉」1泊2日旅!冬こそ味わいたい海鮮料理を食べ尽くす

更新日:2021年2月26日

日本には様々な温泉地や泉質がありますが、冬におすすめしたいのが高い保温・保湿効果のある温泉。そこで今回は、お湯に塩分が含まれていることから、抜群の保温・保湿効果がある石川県にある「和倉(わくら)温泉」をご紹介します。 和倉温泉は海に面していることから、温泉はもちろん旬の海の幸を思う存分堪能できる魅力的な温泉地です。温泉とグルメ、そして文化遺産にも触れられるなど、和倉温泉を1泊2日で満喫できるプランとなっています。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

  • 1泊2日で温泉旅行に出かけたい
  • ユネスコ無形文化遺産を見たい
  • 海鮮料理が好き

旅のしおり

【Day1】

〈10:30〉和倉温泉バス停に到着
和倉温泉1泊2日観光のスタートです。

〈11:00〉和倉温泉総湯で立ち寄り入浴
源泉100%の湯を楽しみます。

〈13:00〉蛇之目寿司でランチ
海鮮「能登づくし」を堪能します。

〈15:00〉和倉温泉お祭り会館を見学
ユネスコ無形文化遺産を見学します。

〈16:30〉ホテルにチェックイン
和倉温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

〈10:30〉湯元の広場散策
飲泉したり温泉卵を作ったりして過ごします。

〈11:00〉味な宿 宝仙閣で立ち寄り入浴
和倉随一の湯量を誇る温泉に浸かります。

〈13:00〉旬彩旬魚 あぐらでランチ
七尾湾でとれた海鮮をいただきます。

〈15:00〉和倉温泉街散策とお土産購入
温泉街を歩きながら、お土産を購入します。

〈17:00〉和倉温泉バス停を出発
帰路に着きます。

 

和倉温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】和倉温泉バス停に到着

<10:30>
和倉温泉バス停に着いたら、和倉温泉1泊2日旅のスタートです。

<参考>
【東京より】→(北陸新幹線「かがやき」または「はくたか」)金沢駅→(特急「能登かがり火」)和倉温泉駅(約3時間45分)→バスで和倉温泉(約12分)
【大阪より】→(特急「サンダーバード」)金沢駅→(特急「能登かがり火」)和倉温泉駅(約3時間35分)→バスで和倉温泉(約12分)
【金沢駅より】→(特急「能登かがり火」)和倉温泉駅(最速57分)→バスで和倉温泉(約12分)

和倉温泉はJR和倉温泉駅より2キロほど離れた所に位置するので、JR和倉温泉駅に着いたらバスを利用し「和倉温泉」バス停留所まで行くと良いでしょう。

徒歩だと約30分~40分の道のりです。

和倉温泉バス停留所には休憩スペースもあります。

<施設詳細>
・住所:石川県七尾市和倉町ワ
・電話番号:0767-85-2130
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約10分

【Day1】源泉100%「和倉温泉総湯」で温泉に浸かる

〈11:00〉
和倉温泉総湯(わくらおんせんそうゆ)で源泉100%の湯を楽しみます。

提供:和倉温泉総湯

総湯は開湯が1641年と歴史ある湯で、開湯当時から湯治の湯としても知られています。

現在の建物は2011年にリニューアルされました。

提供:和倉温泉総湯

総湯のお湯はほんのり塩分が含まれる和倉温泉らしいお湯で、傷の癒し効果や美肌効果、高い保温効果があると言われています。

提供:和倉温泉総湯

お湯の成分が塩化物泉のため、石鹸で体を洗う際は一度蛇口のお湯で成分を落とさないと泡立ちがよくありません。

ただし、湯から上がる際は体に付着した温泉成分を洗い流さないのがよいとされています。

<施設詳細>
・住所:石川県七尾市和倉町ワ 部6-2
・電話番号:0767-62-2221
・営業時間:7:00~21:00
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5分

【Day1】蛇之目寿司で新鮮なネタ寿司「能登づくし」を食す

〈13:00〉
和倉温泉の中心あたりに位置する「蛇之目(じゃのめ)寿司」。近くには源泉が湧き出る湯元の広場などの名所があります。

ランチは、蛇之目寿司のおすすめ「能登(のと)づくし」(1,600円)をいただきます。

能登づくしは、能登でとれた新鮮なネタを中心に本格的な寿司が手軽に食べられるランチメニューです。

マグロやアジ、甘エビなど人気のあるネタを中心とした握り寿司10貫がセットです。

中でも七尾湾辺りでしかとれない、独特のコリコリ感がある赤西貝という珍しいネタも食べられるお得なセットになっています。

座席ははカウンターやテーブルのほか、堀りごたつとなっている小上がり席もあり、清潔感のある店内です。

<店舗詳細>
・住所:石川県七尾市和倉町20番地7
・電話番号:0767-62-2411
・営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約5分

【Day1】「和倉温泉お祭り会館」でユネスコ無形文化遺産を見学

〈15:00〉
ランチの後は、和倉温泉お祭り会館で祭りに使われる山車やキリコを見学します。

和倉温泉のある七尾市や能登地方(のとちほう)で昔からお祭りの際に使われる、巨大な山車(だし:※「でか山」と呼ばれることもあります)やキリコが間近で見れる貴重な会館です。

中でも、ユネスコ無形文化遺産に登録されている七尾・青柏(せいはく)祭の曳山(ひきやま)行事で使用する山車は一見の価値ありです。

高さ12メートル、車輪の大きさ2メートル超、そして重量は20トンを超える、日本一の大きさを誇る山車と言われています。

車輪の大きさだけでも人の背丈を余裕で上回る迫力ある山車です。

<施設詳細>
・住所:石川県七尾市和倉町2-13-1
・電話番号:0767-62-4332
・営業時間:9:00~17:00
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約10分~15分

【Day1】ホテルにチェックイン

〈16:30〉

和倉温泉街にある宿泊施設にチェックインし、1日目の終了です。

和倉温泉は海に面しているので、体力に余裕がある方は海の方へ散歩に出かけるのも良いでしょう。

【Day2】

ホテルをチェックアウトし、源泉が湧き出る湯元の広場へ向かいます。


↓徒歩約10分

【Day2】源泉が吹き出す「湯元の広場」を散策

<10:30>
湯元の広場(ゆもとのひろば)は源泉が吹き出ている観光名所です。

源泉を飲んだり、周辺の店舗や温泉施設で販売されている卵から温泉卵を作ったりできます。

温泉卵用の卵は総湯では3個で120円程、徒歩1分の所にある和倉ショッピングセンターでは4個100円程です。

卵をざるに入れ、10分~15分ほど置いておけば温泉卵のできあがりです。

源泉を飲む場所もありますが、やや熱めなので飲む際はやけどにご注意ください。

<施設詳細>
・住所:石川県七尾市和倉町
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約1分

【Day2】和倉随一の湯量を誇る「味な宿 宝仙閣」で立ち寄り入浴

〈11:00〉
湯元を訪れた後は「味な宿 宝仙閣(ほうせんかく)」で温泉を満喫します。

宝仙閣は和倉温泉随一の湯量を誇る温泉で、濃い泉質が特徴。NIKKEIが選ぶ日本の新・100名湯にも選ばれました。

浴場には大浴場と露天風呂があり、和倉温泉らしい少し塩分の混じったしょっぱい泉質のお湯です。

塩分が混じることで湯上りも保温効果が持続しやすく、湯冷めしにくいです。

本館の他にも200mほどの所に別館があり、別館にも趣の違う温泉があります。

本館で温泉に浸かった後、体が冷えないうちに別館に移動して再び温泉を楽しむのもよいでしょう。

<施設詳細>
・住所:石川県七尾市和倉町 部 19-2
・電話番号:0767-62-1225
・営業時間:大浴場24時間(途中清掃時間あり)
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約5分

【Day2】旬彩旬魚 あぐらで鮮度バツグン「海鮮丼」を堪能

〈13:00〉
旬彩旬魚 あぐらで「海鮮丼」(1,600円)のランチタイムです。

提供:旬彩旬魚 あぐら

あぐらでは和倉温泉のある七尾湾でとれた魚を中心に、鮮度バツグンの海鮮が楽しめます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fumihito Nakamura(@fumihiton)がシェアした投稿

提供:旬彩旬魚 あぐら

和倉温泉付近は海の幸・山の幸のみならず、ご飯もおいしいと評判です。

美味しい料理を「気軽にあぐらをかいて座るように味わってもらおう」というコンセプトから店名が付けられています。

その名の通り、明るく、落ち着いた雰囲気の店内でゆっくりとした時間を過ごすことができます。

提供:旬彩旬魚 あぐら

<店舗詳細>
・住所:石川県七尾市和倉町11-7
・電話番号:0767-62-1002
・営業時間:11:30~14:00、17:00~0:00
・観光マップ:Day2 C地点


↓徒歩約5分~10分

【Day2】和倉温泉街散策とお土産購入

〈15:00〉
温泉街を歩きながら、お土産を購入します。

七尾湾の穏やかな波の音と潮の香りを感じながらゆっくりと散策してみてください。

時間に余裕があれば、ぜひ海辺を訪れてみましょう。よく晴れた日は美しい景色を見ることができますよ。

おすすめお土産①:みそまんじゅう本舗 竹内の「みそまんじゅう」

みそまんじゅう本舗 竹内の「みそまんじゅう」(5個入り 750円、10個入り 1,500円)は生地に味噌を練り込み、特製の白あんを包んだ饅頭です。

味噌っぽさはあまり感じられず、味噌のコクと塩分が皮に良いアクセントを付けています。

白あんには北海道産白いんげん豆を100%使用し、熟練の職人が日々の気候や気温に合わせて丁寧に炊き上げているこだわりのあんです。

おすすめお土産②:ル ミュゼ ドゥ アッシュの「糀らんぐどしゃ」

ル ミュゼ ドゥ アッシュは洋菓子の世界大会で数々の優勝経験を持つパティシェ「辻口博啓氏」と加賀屋がプロデュースするお店。

そんなル ミュゼ ドゥ アッシュの「糀らんぐどしゃ」(10枚入り 1,080円)もお土産品としておすすめです。

提供:ル ミュゼ ドゥ アッシュ

米糀からつくる糀甘酒とミネラル豊富な能登の天然塩を使った口どけのよい、上品で深いコクのあるお菓子です。

糀甘酒を使っていますが、ノンアルコールで子供から大人まで食べられます。

提供:ル ミュゼ ドゥ アッシュ

<店舗詳細>
みそまんじゅう本舗 竹内
・住所:石川県七尾市祖浜町3-27-15
・電話番号:0767-62-0035
・営業時間:8:30~17:30
・観光マップ:Day2 D地点

ル ミュゼ ドゥ アッシュ(LE MUSEE DE H)
・住所:石川県七尾市和倉町65-1
・電話番号:0767-62-4002
・営業時間:9:00~18:00
・観光マップ:Day2 E地点


↓徒歩約15分

【Day2】和倉温泉バス停を出発

〈17:00〉
和倉温泉1泊2日観光もここで終わりです。

帰路に着きます。

観光マップ

【Day1】


A:和倉温泉 バス停
B:和倉温泉 総湯
C:蛇之目寿司
D:和倉温泉お祭り会館

【Day2】


A:湯元の広場
B:和倉温泉 味な宿 宝仙閣
C:旬彩旬魚 あぐら
D:竹内のみそまんじゅう和倉店
E:ル ミュゼ ドゥ アッシュ

絶景を拝みながらの温泉と新鮮な海鮮グルメを求めて和倉温泉へ旅に出よう!

今回は、石川県にある和倉温泉の1泊2日の旅プランをご紹介しました。

和倉温泉は海に面していることから、お湯に塩分が混じる少ししょっぱい珍しい温泉地で、塩分が混じることで保湿効果や湯治効果が高まるとされています。

また海と山に面していることから、海の幸・山の幸が豊かな場所でもあるので、ぜひ足を運び独特な温泉と新鮮で美味しいグルメを味わってみてください。